カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

りそな銀行プレミアムカードローンは低金利で大きな金額の借り入れができるカードローンです!銀行系カードローンであるため総量規制は適用されません

りそな銀行の人気のカードローン「プレミアムカードローン」をご紹介します

現在りそな銀行ではカードローンを2種類提供しています。「プレミアムカードローン」は低金利で大きな金額の借り入れが可能なカードローンであり、「クイックカードローン」は少額の借り入れを気軽に申し込むことができるカードローンとなっています。

特に「プレミアムカードローン」は低金利で利用することができる注目のカードローンなのですが、その一方で申し込み条件が厳しかったり、また審査に時間がかかったりするといったデメリットなどもあります。

今回はりそな銀行が提供するプレミアムカードローンについて、他社のカードローンと比較をしながらメリットやデメリットを確認してみましたので、カードローン選びのための参考としてみてください。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」の特徴について

りそな銀行が提供する2種類のカードローンの中でも、低金利で大きな金額の借り入れができることがプレミアムカードローンの特徴となっています。

貸金業者を対象とする総量規制は、銀行系カードローンであることにより適用されません。

年収の3分の1を超える借り入れも可能です。
プレミアムカードローンの主な特徴は以下のとおりです。

  • 利用限度額は50万円から800万円までです。
  • 金利条件は3.5%から12.475%(年利)です。
  • 申し込み資格として年収400万円以上が必要になります。(ただし限度額50万円までは年収の制限はありません。)
  • パート、アルバイト、学生、主婦、個人事業主などの人は申し込むことはできません

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」のメリットについて

りそな銀行のプレミアムカードローンには、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

低金利で利用することができます

りそな銀行プレミアムカードローンでは年率3.5~12.475%の金利条件が設定されています。
一般的な消費者金融系カードローンでは上限金利は18%程度、また一般的な銀行系カードローンでは上限金利は15%程度に設定されていますので、りそな銀行のプレミアムカードローンは低金利のカードローンだといえます。

 

総量規制は適用されません

りそな銀行のプレミアムカードローンは銀行が提供するカードローンであるため、借り入れができる最大限度額を年収の3分の1までに制限する総量規制は適用されません

大きな金額の借り入れが認められるのですが、ただしその分だけ審査は厳しく行われることになります。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」のデメリットについて

次はりそな銀行プレミアムカードローンのデメリットについても確認してみましょう。

 

申し込みのための条件が厳しく設定されています

りそな銀行プレミアムカードローンでは申し込み条件がかなり厳しく設定されています

基本的には年収400万円以上の正社員などであることが必要であり、パート、アルバイト、学生、主婦、個人事業主などの場合には申し込むことができません。

また申し込みのためにはりそな銀行の営業エリアに在住していることも必要になります。

 

金利は変動制となっています

りそな銀行プレミアムカードローンには、変動金利が適用されます
経済状況などにより適用される金利が変動することになりますので、後々金利が変更されて不利になってしまうリスクがあるのです。

 

りそな銀行口座が必要になります

りそな銀行プレミアムカードローンを利用するためには、りそな銀行の普通預金口座を持っていることが必要になります。

 

審査にはある程度の時間がかかります

りそな銀行プレミアムカードローンでは、審査のためにおよそ10日程度が必要になります。

またりそな銀行の普通預金を新規に開設する人の場合には、口座開設のための時間も必要になります。
即日融資を希望する人の場合には、他社のカードローンへの申し込みを検討してみてください。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」にはどんな人が向いているのでしょうか

十分な年収が期待できる正社員などの人で、りそな銀行の口座をすでに持っているという人には、りそな銀行のプレミアムカードローンがおすすめです。

変動金利ですが3.5~12.475%という低金利は魅力的だといえますし、さらに大きな金額の借り入れができるためおまとめローンとして活用することも可能です。

ただし審査にはある程度の時間がかかってしまうため、すぐにお金が必要な人などには不向きだといえるでしょう。
パート、アルバイト、学生、主婦、個人事業主などの場合には残念ながら利用することはできません。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」の金利について

りそな銀行プレミアムカードローンの金利について、さらに詳しく確認してみましょう。りそな銀行と他社のカードローンの金利条件を比較してみました。

幅をもたせて表示されているのが金利条件、またカッコ内に表示されているのは延滞損害金の金利になります。(金利は全て年率になります。)

  • りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475% (14.0%)
  • りそなクイックカードローン 一律12.475% (14.0% )
  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース) 2.49~7.99% (20.0%)
  • みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% (19.9%)
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6~14.6% (14.6%)
  • オリックスVIPローンカード 3.0~16.8% (19.9%)
  • プロミスカードローン 4.5~17.8% (20.0%)
  • アコムカードローン 4.7~18.0% (20.0%)
  • 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8% (20.0%)

 

金利はかなり低めに設定されています

年率3.5~12.475%の金利条件がりそな銀行プレミアムカードローンには設定されていますので、銀行系カードローンとしてもかなりの低金利であるといえるでしょう。
ちなみに一般的な消費者金融系カードローンの上限金利は18%程度、また一般的な銀行系カードローンの上限金利は15%程度です。

 

変動制の金利が適用されます

りそな銀行プレミアムカードローンには変動金利が適用されますので、経済状況の大きな変動があった場合には金利が変更される可能性があります。

金利の見直しは原則として年に2回、1月と7月に行われます。

固定金利制と変動金利制を比較するとそれぞれにメリットとデメリットがあるのですが、金利そのものについては変動金利制の方が低めに設定されることが一般的です。
ただし後々金利が変更されて不利になってしまうリスクなどもあります。

 

適用される金利は利用限度額により異なります

りそな銀行プレミアムカードローンでは、利用限度額に応じて適用される金利が決定されます
また利用限度額については審査の結果に基づいて決められることになります。実際に適用される利率は次のとおりです。

  • 利用限度額800万円型:3.5
  • 利用限度額700万円型:4.0
  • 利用限度額600万円型:4.5
  • 利用限度額500万円型:4.9
  • 利用限度額400万円型:5.5
  • 利用限度額300万円型:7.0%
  • 利用限度額200万円型:9.0%
  • 利用限度額150万円型:11.5%
  • 利用限度額100万円型:11.5
  • 利用限度額50万円型:12.475%

(上記は平成24年5月15日時点における金利条件です。)

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」の利用限度額について

りそな銀行を含めた主なカードローンの利用限度額を比較してみると、以下のとおりとなります。

  • りそなプレミアムカードローン:50~800万円
  • りそなクイックカードローン:30~100万円
  • みずほ銀行カードローン:10~1,000万円
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング:10~1,000万円
  • 三井住友銀行カードローン:10~800万円
  • オリックスVIPローンカード:30~800万円
  • アコムカードローン:1~500万円
  • モビットカードローン:1~800万円

りそな銀行のプレミアムカードローンの利用限度額は50万円から800万円までとなっていますので、他社と比較すると大きな金額の借り入れができる有利なカードローンだといえるでしょう。

また利用限度額は10種類のコース(800万円型・700万円型・600万円型・500万円型・400万円型・300万円型・200万円型・150万円型・100万円型・50万円型)に分かれていますので、利用目的などに応じたプランを選んで申し込むことができます。

(ただし実際に利用できるのは審査により認められたプランになります。)りそな銀行のプレミアムカードローンは総量規制の対象外であるため、年収の3分の1を超える借り入れも認められることになります。

ただし実際に借り入れを認められるためには厳しい審査に通過することが必要になりますし、さらに「年収400万円以上の正社員」の申し込み条件を満たすことが必要です。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」の申し込み方法と審査時間について

次はりそな銀行プレミアムカードローンの申し込み方法と審査時間について、それぞれ詳しく確認してみましょう。

 

申し込みの方法について

りそな銀行プレミアムカードローンにはインターネットから申し込んでください。

具体的にはパソコン・スマートフォン・携帯電話などから申し込むことになります。りそな銀行窓口や電話や郵送などによる申し込みはできません。

またりそな銀行プレミアムカードローンに申し込むためにはりそな銀行の普通預金口座が必要になりますので、持っていない人はりそな銀行の店舗などに出向いて口座開設の手続きを行ってください。

 

審査などに必要な時間について

審査結果は最短で申し込みの当日中に判明しますが、その後の契約手続きなどのためにはある程度の時間が必要になります。

収入を証明できる書類や身分が証明できる書類などを、記入した契約書類に同封して返送してください。郵送のための時間がかかるため、実際に借り入れが利用できるのは早くても10日後になります。

またりそな銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には、さらに口座開設のための手続きや時間などが必要になります。

口座開設のためにはおよそ1週間程度が必要になりますので、それからプレミアムカードローンに申し込んだ場合には借り入れが利用できるまでには2週間以上の期間が必要になります。

また口座開設とプレミアムカードローンに同時に申し込むこともできるのですが、その場合でも実際に借り入れが利用できるのは早くても10日後になってしまいます。

 

おためし審査などのサービスは行っていません

りそな銀行プレミアムカードローンでは、基本的な情報を入力するだけで融資の可否を判定することができる「お試し審査」などのサービスは行っていません

りそな銀行プレミアムカードローンを利用するためには、申込者が申し込みのための条件を満たしていることが必要になります。

りそな銀行プレミアムカードローンの基本的な申し込み条件は、以下のとおりです。

  • 申し込み資格として年収400万円以上が必要です。
  • ただし借り入れ限度額50万円までは年収の制限はありません。
  • パート、アルバイト、学生、主婦、個人事業主などの人は申し込むことができません

 

借り入れ方法について

りそな銀行プレミアムカードローンの借り入れ方法は、ATMでキャッシュカードを利用する方法になります。
利用できるのはりそな銀行ATMと提携金融機関のATMなのですが、一部のATMでは利用手数料が必要になりますので注意をしてください。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」はおまとめローンにも最適です

りそな銀行のプレミアムカードローンは、おまとめローンとしても最適な以下のような機能を兼ね備えています。

  • 利用限度額は50万円から800万円までです。
  • 3.5%から12.475%の低金利で利用することができます。
  • 総量規制が適用されないため大きな金額の借り入れが可能になります。

りそな銀行のプレミアムカードローンは優れた利用条件の便利なカードローンなのですが、その分だけ審査は厳しく行われるようです。

申し込みのための条件をクリアしている人にとっては、申し込んでみるだけの価値が十分にあるといえるでしょう。

ただし他社借り入れ件数が3件以上になると審査に通過することが難しくなりますので、申し込みの前にできるだけ返済を行って他社借り入れの件数を減らしておくことをおすすめします。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」では無利息期間サービスは行っていません

りそな銀行のプレミアムカードローンでは、無利息期間サービスの提供は行っていません

短期間で確実に返済ができるのであれば、無利息期間サービスを提供している他社のカードローンへの申し込みを検討してみましょう。

ちなみに他社が提供している無利息期間サービスについては、以下のとおりとなります。

  • 新生銀行カードローンレイク→(初回のみ)契約日の翌日から30日間または(初回のみ、5万円まで)契約日の翌日から180日間
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング→初回のみ初回借入日から30日間
  • プロミスカードローン→初回のみ初回借入日の翌日から30日間
  • ノーローンカードローン→借入日の翌日から7日間
  • アコムカードローン初回のみ契約日の翌日から30日間

無利息期間サービスについては、初回のみ(カードローンに初めて申し込む利用者のみ)となっていることがほとんどであるため、申し込みの際には注意が必要です。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」の返済方法について

りそな銀行プレミアムカードローンの毎月の返済方法は、自動引き落としのみとなります。

また引き落とし口座として利用できるのはりそな銀行口座に限られますので、その他の銀行口座などを引き落とし口座として利用することはできません。

毎月5日が引き落とし日となっていますが、こちらはあらかじめ決められた引き落とし日になりますので、これ以外の任意の引き落とし日を指定することはできません。

またインターネットを利用した返済についても今のところ未対応です。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」の月々の返済額について

りそな銀行プレミアムカードローンの月々の返済額は、借り入れ残高に応じて決定されることになります。具体的な月々の返済額は以下のとおりです。

  • 借入残高50万円以下の場合→1万円
  • 借入残高50万円超~100万円以下の場合→2万円
  • 借入残高100万円超~200万円以下の場合→3万円
  • 借入残高200万円超~300万円以下の場合→4万円
  • 借入残高200万円超~400万円以下の場合→5万円
  • 借入残高300万円超~500万円以下の場合→6万円
  • 借入残高400万円超~600万円以下の場合→7万円
  • 借入残高500万円超~700万円以下の場合→8万円
  • 借入残高600万円超~800万円以下の場合→9万円

りそな銀行プレミアムカードローンでは、ATMを利用して繰り上げ返済を行うことができます。

また全額を一括返済することもできますが、その場合には店頭窓口に申し出ることが必要になります。

さらにりそな銀行プレミアムカードローンでは、自動引き落としの際に残高が不足している場合に自動的に不足分の融資が受けられる自動融資機能を利用することができます。

公共料金やクレジットカードなどの引き落としの際に、残高不足で引き落とし不能になってしまうことを未然に防ぐことができますので、便利で役立つ機能だといえるでしょう。

ただし口座の残高などをしっかりと把握していないと気付かないうちに借入金額が増えてしまうことになりますので、利用状況を常に確認しながら利用することをおすすめします。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」の返済方式について

りそな銀行プレミアムカードローンでは月々の返済方式として、残高スライド元利定額リボルビング方式を採用しています。これは現在カードローン各社が採用している返済方式であり、返済額が借入残高に応じて決められることが大きな特徴となっています。

ちなみに現在カードローン各社が採用している返済方法については、以下のとおりとなります。

  • りそなプレミアムカードローン→残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン→残高スライドリボルビング方式
  • 三井住友銀行カードローン→残高スライド元利定額方式
  • みずほ銀行カードローン→残高スライド方式
  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン→残高スライドリボルビング方式
  • 楽天銀行スーパーローン→残高スライドリボルビング返済方式(元利込定額返済方式)
  • アコムカードローン→定率リボルビング方式
  • プロミスカードローン→残高スライド元利定額返済方式
  • モビットカードローン→借入後残高スライド元利定額返済方式
  • アイフルカードローン→残高スライド元利定額リボルビング方式
  • オリックスVIPローンカード→新残高スライドリボルビング返済方式(元利込定額リボルビング返済方式)

りそな銀行プレミアムカードローンの返済方式である残高スライド元利定額リボルビング方式には、メリットとデメリットがあります。

返済を続けていくことにより返済の負担が少しずつ軽くなり、返済期間の後半になると月々の返済額が少なくなることがメリットになります。

一方で返済の初期においては返済の負担が大きく、また支払期間が長期化して返済総額が大きくなりやすいことがデメリットになります。

残高スライド元利定額リボルビング方式は利用しやすい返済方法なのですが、その一方で借り入れ元本がなかなか減らないため、だらだらと返済が続いてなかなか完済にならないという欠点があります。

借り入れ元本を減らすためには、繰上げ返済を積極的に活用しましょう。

特に返済の初期において繰り上げ返済を利用することが効果的なのですが、返済の後半以降に行ってもかまいません。
前倒し返済を積極的に行うことが、返済総額を減らすための重要なポイントになります。

 

りそな銀行「プレミアムカードローン」で利用できるATMや店舗について

りそな銀行のプレミアムカードローンでは、様々な提携ATMを利用することができます。

借り入れの際にはATMを利用することになるのですが、このときにはりそな銀行のATMはもちろんですが、さらにゆうちょ銀行や提携する地方銀行や信託銀行などのATM、また提携する日本全国のコンビニATMなどを利用することができるのです。

りそな銀行プレミアムカードローンで利用できるATMについては、以下のとおりとなります。

  • りそな銀行のATM
  • ゆうちょ銀行のATM
  • 提携金融機関(MICS加入金融機関)のATM
  • セブン銀行のATM
  • ローソンのATM
  • イーネットのATM(ファミリーマートなど)
  • バンクタイムのATM(サークルKサンクスなど)

さらにりそな銀行には現在377の有人店舗がありますが、プレミアムカードローンへの申し込みは基本的にインターネットから行うことになりますので、原則として有人店舗を利用する必要はありません

(ただしりそな銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には、口座開設の手続きのため有人店舗に足を運ぶことが必要になります。)

また消費者金融系カードローンで幅広く利用されている無人契約機は、りそな銀行プレミアムカードローンでは利用することはできません。

基本的な申し込みや契約などはインターネット上で行ってください。

またわからないことなどがある場合には、コールセンターに電話をしてオペレーターに質問をしてみてください。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短5分でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド