カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

カード現金化の代償は?よく知って二次被害を防げ!

一人に一枚以上はクレジットカードを所有する時代になりました。

便利な機能があるのと同時に、悪徳業者の誘いに乗ってしまい、クレジットカード会社との規約を超えて違法行為に発展することがあります。

最近よく目にするのが、違法業者によるクレジットカードの現金化です。「換金率98%」「最短振込み5分」など、換金目的でカードを利用するよう働きかけてきます。

実際これは違法行為とみなされ、結果として自己破産したくてもできないという状況にもなりかねません。どういうことでしょうか?

今回は「クレジットカード現金化とは?」「クレジットカード現金化が規約違反に当たるとは?」「利用者に及ぼす害は?」「うっかり利用してしまったら?」などについてご説明したいと思います。
 

クレジットカード現金化とは?

まだ支払いを完了していない商品を換金目的で転売し、現金を手にすることです。商品の種類としては電化製品、車、バイク、新幹線のチケット、金券などの商品など様々です。
こんな例もあります。

クレジットカードのショッピング枠が50万円だとします。
現金化業者が指定する「50万円の商品」をクレジットカードで購入し、商品が届いた後、その業者にすぐに送り返し、転売します。現金化業者はこの「商品」の手数料5万円を差し引いて買い取り、利用者は45万円の現金を手に入れます。

後に利用者にはクレジットカード会社から商品代50万円の請求書が届くことになります。この時点で現金化業者は5万円を手にし、利用者には50万円の借金が残ります。

考えても見てください。45万円の現金を手にするために50万円の借金をかかえることになるのです。莫大な高金利で借りていることになるのです。
 

クレジットカード現金化が規約違反に当たる理由

クレジットカードで商品を買う場合、支払いが終了するまで、商品の所有権はクレジットカード会社にあります。

もし利用者が返済できなくなった時にカード会社は支払いの完了していない商品を利用者から引き上げて売却し、売却代金をローン滞納分に当てることができます。つまりクレジットカード現金化とはクレジットカード会社に所有権がある商品を勝手に第三者に売り飛ばすという背信行為なのです。

これは横領罪または詐欺罪に問われることにもなりかねません。発覚すると一括返済が求められたり、クレジットカードの使用停止や強制解約または退会になったりもします。代償が大きいと思いませんか。
 

利用者に及ぼす害

 

 
・法外な年利になること
・多くのトラブルに巻き込まれること
・自己破産ができなくなる可能性があること

 
一つ目に金利について考えて見ましょう。先ほどの例で45万円を手に入れた場合、一ヶ月で50万円の請求が届くので、利息は約11.1%になります。年利に換算すると約133%になります(消費者金融の一般的な金利は最大18%程度)。

現金化を利用するということは、すでに普通の銀行や消費者金融から借入ができない苦しい状態ですから、当然そのあとの支払いでも、一括払いや3回払いなどで精算するのは無理なので、50万円を金利手数料15%程度のリボ払いでコツコツ返済していくしかありません。こうなると生活がますます苦しくなっていくのは明らかです。

二つ目に悪徳業者に引っかかると次のようなトラブルに巻き込まれることもあります。例えば、「現金が入金されない」「キャンセルを申し出たら多額のキャンセル料を請求された」「個人情報を闇金に売られた」「現金化業者が実は闇金だった」などです。一部の業者は「公安委員会の許可を受けています」という文句で合法性を主張しますが、クレジット現金化自体が法的に認められているわけではないのです。そうなると二次被害、三次被害と闇のアリ地獄に落ち込む危険性が高くなっていくでしょう。

三つめに自己破産ができなくなる可能性が出てきます。もともとクレジットカード現金化をしようという人はどこの金融機関でも融資ができなくなるほど借金がかさんでいるので自己破産しか道は残されていないかのようなものですが、その最後の手段に頼ろうとしても、自己破産が認められなくなるのです。

クレジットカードの現金化を利用したという履歴は、破産法252条1項2号の「廉価処分」(信用取引によって商品を購入し著しく不利益な条件で処分)に該当するとされ、免責不許可事由つまり借金を免れられないのです。また免責許可が出ても、破産管財人が選出されたりして、手続きが長期に渡ることにもなります。

一生借金から逃れることができなくなる可能性は絶対に避けたいですね。
 

うっかり利用してしまったら?

現金が振り込まれる前に、業者に商品購入中止を申し出、商品を返送します。業者が応じない場合は、警察か消費者庁に連絡を入れるか、弁護士や司法書士事務所に相談しましょう。またクレジットカード会社に購入取消を伝えます。

現金がいったん振り込まれた後であれば状況は厳しくなるのでのできるだけ早くカード会社に支払うようにします。

便利な社会は、時に人を短絡的にならせ、ずる賢い人や怠惰な人を増やすこともあります。安易な借り入れを避け、クレジットカード現金化は絶対しないことです。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短5分でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド