カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

日本人向けの融資システム?ソーシャルレンディングのメリットとリスクを理解しよう

ネットでお金の貸し借りの出来るサービス

最近メディアなどでも取り上げられるようになった新しい融資システムの形態として、ソーシャルレンディングがあります。

ソーシャルレンディングとは、お金を借り入れたい人と出資したい人をインターネットの場に集めます。
そしてネットを通じて両者を結び付けることで、資金の貸し借りをスムーズに行うビジネスモデルです。

ソーシャルレンディングは2005年にイギリスで運用開始されたのがルーツといわれています。
その後アメリカやドイツ、中国、韓国、オーストラリアといった感じでどんどん世界中で利用されるようになっています。

日本でもソーシャルレンディングを運用しているところも現れていて、今後さらに拡大するのではないかとみられます。

オンライン上でお金を集める方式として、ほかにクラウドファンディングがあります。
クラウドファンディングという名称は知っている人も多いでしょうが、ソーシャルレンディングとの違いはどこにあるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、クラウドファンディングの一形態がソーシャルレンディングになります。クラウドファンディングにはその中でもいろいろな方式があります。

投資する側は対価を求めない気湯方もあれば、投資をすることで商品やサービスを受け取る購入型、また投資をすることで株式を受け取る株式型などがあります。

そのクラウドファンディングの中の一つに、投資側は対価として分配金などを受け取る融資型というスタイルがあります。
ソーシャルレンディングはこの最後に紹介した融資型のクラウドファンディングに似ています。

お金を融資して、利息込みで回収するスタイルをとっているからです。ソーシャルレンディングはクラウドファンディングの一種という理解でいいでしょう。

投資家と借り手側の両方から見たソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングが注目されているのは、投資家と借り手がウィンウィンの関係を構築しやすいところにあります。まず投資家側のメリットですが、少額で高利回りの可能性の高い点が挙げられるでしょう。

ソーシャルレンディングは広く浅く資金を集めるスタイルをとっているので、1万円程度からでも投資に参加することができます。これなら一般庶民でも気軽に参加できるでしょう。

その割には、高利回りの案件が多いのもメリットの一つです。
案件によって違いがありますが、5~6%といったところが相場でしょうか?中には10%の利回りも期待できるような案件が出ていることもあるほどです。

運用期間も様々で、長期運用できるものもあれば1か月くらいで終了するような短期案件も見られます。自分の運用スタイルに合わせた投資をすることも可能なわけです。

では借りる側のメリットは何かですが、銀行や消費者金融などで借り入れするのと比較すると低金利での借り入れが可能な点は大きいでしょう。
ソーシャルレンディングはネット上で取引が完結するスタイルをとっています。
このため必要最小限の人数で回していくことができますし、店舗運営する必要もないです。その分コストが安くなって、低金利による融資が可能になります。

また融資までの手続きがスピーディなところも、借り手側としては魅力的ではないでしょうか?例えば銀行に経営者が融資を受けようと思った場合、普通に1~2か月かかってしまいます。それまでに資金ショートする恐れがあると、つなぎ融資を強いられることもあります。

しかしソーシャルレンディングで融資を受ける場合には、申し込んでから数日で融資実行されることもしばしばです。
ですから経営者の中には長期的な資金は銀行融資を引き続き利用するけれども、短期的な資金調達であればソーシャルレンディングを利用するといったような使い分けをしているところも増えてきています。
融資の選択肢の幅が広がったのも、借り手側としては大きなメリットといえます。

ソーシャルレンディングは日本人向き?

ソーシャルレンディングは少額投資も可能で、5%前後の高利回りが十分期待できます。
ローリスク・ミドルリターンの金融商品といえます。このような特性が、日本人の気質にあっているといえます。

外国と違って、日本人は個人で投資をするのは一般的ではありませんでした。長らく続く低金利で預金をしているだけでは資産が増えないので、今では個人投資家も増えてきています。しかし長らく貯蓄を重視する気質がありました。

このため、投資をするといっても「失敗して資産を減らしたらどうしよう…」というリスクを気にする人が多かったです。ソーシャルレンディングの場合、一般の投資と比較すればリスクは低いです。
しかも少額融資もできるので、もし失敗したとしても大きな損失を計上することもないです。このようなこともあって、近い将来ソーシャルレンディングは日本人の間でも定着する可能性は高いと期待されています。

リスクはあるの?

今までソーシャルレンディングのメリットを紹介しましたが、資産運用の一形態なのでリスクも伴うことは頭に入れておきましょう。
投資家にとって大きいのは、融資した先が倒産して資金を回収できなくなるおそれです。しかしこのデフォルトリスクですが、限定的といわれています。日本の事業者で貸出先の倒産は、1%を切っているといわれています。

というのもソーシャルレンディングでは、融資を希望するところには審査をしているからです。そして信用力の高いところに厳選してお金を貸し出しています。そのほかにも担保として不動産をとることでリスクマネージメントしているところも見られます。
ですから債権回収できなくなるという事態はゼロではないですが、株式などのほかの投資と比較するとリスクはかなり低いといえます。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短5分でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.7%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド