カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

150億円の支払いが・クレディセゾンのシステム開発が遅れている原因はどこにある?

システム開発の遅延で150億円の代償を

2016年春、クレディセゾンに関する重大な事件が発生しました。

2016年3月28日、セゾン情報システムズはクレディセゾンとその子会社であるキュービタスに対して条件付き和解を行う方針であると発表したのです。

セゾン情報システムはクレディセゾンとキュービタスから大型システム開発案件を受注していたのですが、そのシステム開発が遅延したことに対する損害賠償です。

その和解の内容ですが、セゾン情報システムズはクレディセゾンに対して83億9700万円・キュービタスには65応7800万円を支払うという和解案です。

両社に支払う和解金は実に149億7500万円に達します。
ちなみにこの合計金額ですが、今回の開発業務に関してクレディセゾンとキュービタス両方から受領した額と一緒です。

つまりセゾン情報システムズとしては、今回の受注に関して全額返金する形になります。

これを条件に、クレディセゾンとキュービタスの起こしている損害賠償請求をすべて放棄する形になります。

企業間交渉によって和解案はまとめられていますので、この形で決着する可能性は極めて高いでしょう。
ちなみに今後ソフトウェア紛争解決センターというソフトウェアに関する裁判外紛争解決のための第三者機関で中立評価手続きを実施します。

その中で、和解内容が合理的であると判断されると、セゾン情報システムズから2社に対して和解金が支払われます。
すでに和解金の一部は仮払金として支払われていますので、セゾン情報システムズが負担するのは78億300万円となります。
この和解金の負担によって、2016年3月期決算では65億8100万円の特別損失を計上する見込みです。

セゾン情報システムズにとって、この和解金は決して小さなものではありません。大型システム開発受託事業を今後縮小し、財務基盤立て直しのために716名いる全従業員のうち、50名の希望退職者を募るリストラ案が出てきています。
2016年3月期の連結業績予想ですが、当初20億8000万円の黒字とされていましたが65億6000万円の赤字転落になると下方修正しています。

システム開発遅延が起きたのはなぜ?

今回のクレディセゾンの開発システムがうまく機能しなかったのは、共同基幹システムの問題にありました。2008年頃よりクレディセゾンとキュービタスは共同で、システム開発に着手していました。これはセゾンとUCの両カードブランドの顧客情報を一元管理するためのシステムでした。

セゾンとUCブランドの共同基幹システム本体があって、周辺システム並びに帳票・外部インターフェイスシステムをつなげる今回のプロジェクトでした。

共同基幹システム本体と周辺システムに関しては、日本IBMに発注しました。こちらの両システムは、すでに開発は完了しています。ところが残りの帳票・外部インターフェイスシステムをセゾン情報システムズに発注したのですが、開発が遅延してしまったのです。
このため、そのほかシステム全体を稼働できない状態に陥っています。

なぜシステム開発の遅延が起きているかですが、今後システムは予定よりも遅れが出るものの使用する予定になっています。このため、詳しい情報はなかなか出てきません。しかしセゾン情報システムズのリリースしている文書によると、品質改善及び機能向上への取り組みの結果、開発遅延が生じたといいます。

今回のシステム開発ですが、セゾンとUCという異なるブランドを組み合わせる開発事業でした。複数のブランドを組み合わせるのは難易度が高く、品質問題が生じやすかったのではないかといわれています。

ブランド統合することの難しさ

このような異なるクレジットカードのブランドを統合する際には、種々の問題が起きるといわれています。クレディセゾンに限った話ではなく、たとえば業界最大手の三菱UFJニコスもなかなかブランド統合が進みませんでした。

MUFGやニコスカード、DCカードと異なるブランドを別々に管理する状況が長らく続いていました。やっと2016年になってシステム統合を進め、ブランド統一に着手している状況です。

ブランド統合すると、それまで使っていたブランドが使用できなくなります。さらに異なる会員規約のルールの中で運営されていたものを統一するため、規約内容の見直し・変更もしていく必要があります。

そのようなこともあって、なかなかスムーズに特定のブランドに統一できない状況が起こりえます。

現在クレジットカード業界には、いろいろな企業が進出して激しい競争を繰り広げています。もしかすると今後業界再編が進み、合併やブランドの統一といったことも起きるかもしれません。そのような時にいかにスムーズにシステム・ブランド統合を進めていくか、クレジットカード業界の新たな課題になるかもしれません。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド