カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

銀行の持株会社に・イオンクレジットサービス誕生により期待できる3つのシナジー効果は?

2013年からイオンフィナンシャルサービスとして生まれ変わったイオンクレジットサービス
イオンクレジットサービスは、1981年に設立されました。

まずはジャスコカードといってハウスカードの発行サービスから手がけました。その後クレジットカードやデビットカード、電子マネーなどいろいろなサービスを展開することで、キャッシュレスで手軽にショップングできるように発展してきました。

イオンクレジットサービスの発展によって、今ではイオンの店舗における会計の50%はキャッシュレスによる決済になっているといいます。

その結果、レジの回収の必要がなくなりコスト削減に貢献しているといいます。プラスして、キャッシュレスによるショッピングは会計の際に小銭の取り出しに手間取ることがなくなります。レジの時間が短縮されたことで、買い物客がストレスを感じることなくショッピングできるといえます。

イオンクレジットサービスは、海外に早い段階から力を入れています。1987年の香港をはじめとして、アジア各国でサービスを展開しています。

結果香港やタイ、マレーシアでは現地の証券取引所に株式を上場していますし、海外だけでもイオンクレジットの会員数は1000万人に達しています。イオンクレジットの現状は、国内外で会員数は3100万人・電子マネーWAONの発行枚数は3100万枚に達しています。

そのほかにもイオン銀行がイオングループとして立ち上げられています。従来の金融機関は平日の午後3時までしかサービス対応していないところが多く、なかなかサラリーマンがサービス利用できないところがありました。

しかしイオン銀行は土日合わせて夜9時まで営業しています。このため仕事をしている人は帰りに、主婦の方も土日の買い物のついでに立ち寄って金融サービスが受けられるようにしています。

このイオンクレジットサービスとイオン銀行者商品面での提携を進めて、より効率的なサービスが提供できるような環境を整えています。
イオンカードセレクトは、クレジット機能のほかにも電子マネーのWAONとキャッシュ機能も一体化されています。
そのほかにもイオンセレクトクラブといって、イオン銀行の住宅ローンを利用している人を対象にイオンの買い物が常に5%引きになるサービスなども手掛けています。

このような中で、今回のグループ再編が行われました。具体的な変更内容は、まずイオンクレジットサービスは会社分割をして、クレジットカード事業をイオン銀行に移管しました。そしてイオンフィナンシャルサービスという銀行持株会社に移行します。

このイオンフィナンシャルグループの元に、金融各社を新規に設置します。その一環として、社名は一緒の新イオンクレジットサービス株式会社を作りました。

グループ再編による3つのシナジー効果とは?

旧イオンクレジットサービスとイオン銀行のようなリテールバンク業界は、年々競争が激化しています。異業種からの新規参入が活発になっていることと技術革新がどんどん進められていることが背景にあります。

このような環境の中で、顧客に対して安定して質の高いサービスを提供するためには、経営統合をする必要があると経営陣は判断しました。

今回の経営統合によって、イオンクレジットサービスの持つプロセッシングと営業能力・イオン銀行の持つ商品開発力と資金調達能力を融合させられます。

そのほかにも新イオンクレジットサービス株式会社の誕生で、3つのシナジー効果が期待できます。

まずは既に展開しているアジアマーケットの底上げです。
日本では珍しいことではないですが、アジア諸国を見てみるとノンバンクがクレジットカードを発行することはあまり多くありません。このため、クレジットサービスを展開するためのライセンスの取得が大変だといわれています。

旧イオンクレジットサービスは香港やタイ、マレーシアでクレジットサービスを行っているとすでに紹介しました。しかし香港とタイでは6年・マレーシアに至っては9年間もライセンスの取得にかかったといわれています。

しかし今回経営統合によって、持株会社という形で事業展開が可能になります。このため、今までよりもスピーディにライセンス取得ができ、いち早く営業活動をはじめられる態勢が整えられるでしょう。

2つ目のメリットとして、利便性向上の効果が挙げられます。これからはイオンカードの発行主体はイオン銀行が請け負うことになります。

となると、イオンカードを使ったキャッシングサービスも利用しやすくなります。今後会員に対して定期預金や資産運用などの特典を展開していく予定だといいます。イオンカードの会員の7割ほどは主婦といわれているので、矢っ寝具サービスの利便性向上のアップは大きな魅力となりえます。

最後のシナジー効果として、生産性の向上です。旧イオンクレジットサービスとイオン銀行は金融業界で活動をしてきたので、事業を見るとダブりも見られました。しかし今回の経営統合によって、この無駄なダブりを解消できます。

新イオンクレジットサービス株式会社が立ち上がってから半年の間に、事務部門から営業部門に120名を移して営業力を強化し、インストアブランチ20店舗を資金出店できたなどシナジー効果は早くも表れています。

新イオンクレジットサービス株式会社が立ち上がったことで、経営の効率化が大きく期待できます。2016年度までに国内外のクレジットカード会員総数を4500万人、経常利益1000億円規模を目指しているといいます。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短5分でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド