カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

提携カードが数多く出回っている!量販店との提携を進めるのはそれぞれにメリットがあるから

プロパーカードと提携カード

現在発行されているクレジットカードですが、大きく2種類に分類できます。
それはプロパーカードと提携カードです。
プロパーカードとは、クレジットカード会社が直接発行しているカードです。
そのカード会社のベーシックカードとも言えます。

そしてもう一つの提携カードは、カード会社以外のところのクレジットカードをさします。ビックカメラSuicaカードやヤマダLABI ANAマイルカードのような電気量販店のクレジットカードが含まれます。
一見するとビックカメラとヤマダ電機の発行しているクレジットカードのような感じがします。

しかし実際の発行管理はカード会社が行っているのです。
このように自分のところでクレジットカードを発行することはできなくても、カード会社と提携することで実質上自社カードを展開できるようになります。

提携カードの方式は3つ

提携カードとして発行されているクレジットカードは、多種多様です。しかしその発行形態を見てみると以下の3つのうちのいずれかになります。

まずオーソドックスな形態として、カード会社と提携して企業の自社カードを発行してもらう方式です。量販店は大手カード会社の中から1社を選択して、自社の名称の入ったクレジットカードの発行をお願いする方式になります。

2つ目の方式は、複数のカード会社と提携するものです。先ほども特定の1社だけでなく、複数に自社のカードを発行してもらうのです。
量販店の中でも規模の大きなところは、この方式での提携カードの発行を行っているケースもままあります。それぞれのカード会社で、異なる特色を持たせることでより多くの会員獲得を目指します。

最後の方式は、カード会社と一緒になって自社クレジットカード発行専門の会社を作ってしまうスタイルです。量販店の中でも業界トップを争うような大きな企業の中には、この方式でクレジットカードを発行している場合もあります。
カード会社と共同で自社カード発行する専門の会社を設立してしまって、カード業務の一切をそこに委託する方式です。最後のカード会社を作ってしまう方式は、現在の量販店カードの中ではレアケースといっていいです。

量販店とカード会社が連携するのはウィンウィンの関係にあるから

現在量販店とカード会社が提携してクレジットカードを発行するケースはかなり増えています。量販店とクレジットカード会社の関係が密になっているのは、両者にとってメリットがあるからです。
ウィンウィンの関係を築けるので、比較的スムーズに提携カードが作られます。

まず量販店にとってのメリットは、なんといっても顧客の囲い込みにあります。プロパーカード同様、提携カードでもカードショッピングをするとその代金に応じてキャッシュバックポイントのついてくるものが多いです。
しかもほかの店舗でもカードショッピングできるのですが、自社でショッピングをしてもらうとより良いポイント還元率になるように設定されています。中にはその量販店で買い物をすれば、10%のポイント還元率をつけてくるところもあるほどです。

そうなると消費者からしてみれば、提携カードの量販店で何かあったら買い物しようということになります。固定客を確保でき、安定した収益をあげられる可能性が高まるわけです。
また自分のところのクレジットカードの会員になってもらうにあたって、申込書を提出してもらいます。

この個人情報は、たとえばダイレクトメールの送付やキャンペーンの実施情報を伝えるのに役立ちます。ピンポイントで購買ターゲットに販促ができるわけです。

さらに提携カードを発行している量販店を見てみると、発行インセンティブを手に入れているところが多いです。これは提携カードを発行するたびに、カード会社からインセンティブのもらえる方式をさします。つまりたくさん提携カードを発行すればするほど、インセンティブが手に入るので利益も上昇する仕組みになっています。

クレジットカード会社としても、量販店と提携カードを発行するのにはメリットがあります。本来であれば、カード会社の会員数を増やすためには自分たちで営業をかけて、新規顧客を獲得する必要があります。

しかし量販店と提携カードを作ってしまえば、この新規会員獲得のための営業は提携先の量販店が担当してくれます。このため、コストをかけることなく新規顧客を獲得できます。収益効率をアップさせることが可能です。

提携カードでは、いろいろな会員向けの特典を用意しています。この特典はカード会社で用意することはあまり多くなく、そのほとんどは提携先の量販店が企画・実践します。カード会社としてみれば、今までの労力を激減できるメリットもあるわけです。

このように量販店が提携カードを作るのには、両者にメリットがあります。しかしもう一点、消費者にも提携カードの会員となることにはメリットが期待できます。それは特典の二重取りの出来るカードが多い点です。

プロパーカードであれば、クレジットカード会社の特典だけになります。しかし提携カードであれば、提携先の用意した特典の恩恵にも恵まれます。このため、1枚で2度おいしいカードが多いのです。しかも新規入会すると量販店の商品券がもらえるとか、無条件でボーナスポイントが付与されるなどの魅力的な特典も多いです。

このように、量販店の提携カードはクレジットカードにかかわるすべての人にとってメリットがあります。このため、当面その形は若干変わってくるかもしれませんが提携カードの発行は続くとみられています。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド