カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

全体の15%に達している?広まるクレジットカード決済について

クレジットカードの決済比率は増加傾向にある

皆さんの中でクレジットカードを持っているという人も多いでしょう。
社会人になると1枚はクレジットカードを持つのがもはや常識になりつつありますが、そのことはデータでも反映されています。
2015年の日本クレジット協会の発表によると、3月末の段階でクレジットカードの発行枚数の総数は、2億5890万枚となります。日本人1人当たり平均2枚程度のカードを持っている計算となります。

クレジットカードの発行枚数についてですが、先に紹介した数字は前年同月比で3.1%の減少になります。しかしクレジットカードを使ったショッピングについては、増加傾向で推移しています。

2015年のクレジットカード信用供与額を見てみると、49兆8341億円となります。ちなみにこれは前年と比較して、7.7%の増加になります。2013~14年にかけても10.7%の増加をしていて、順調にカードショッピングが国民に広く普及していることがうかがえます。

内閣府では、「国民経済計算」と呼ばれるデータを発表しています。2015年の1年間の国民消費支出ですが、285兆548億円と出ています。先ほどもクレジットカードの利用総額を単純に当てはめてみると、決済比率は約17%ということになります。
近い将来、クレジットカード決済は国民消費支出の1/5を超える公算も大です。

利用できる範囲が拡大しているクレジットカード

クレジットカードによる決済は年々その割合が増加しています。なぜ利用頻度がアップしているかですが、大きいのはクレジットカードの利用できるフィールドが広がっていることにあるでしょう。

たとえば、賃貸を借りている人が家賃支払いをする場合、これまでは口座振替や振り込みを利用することが多かったでしょう。

この家賃支払いに関して、クレジットカードによる支払いを認めるところも出てきています。そのほかにも、税金や年金、公共料金、医療費などもクレジット対応しているところも増えつつあります。

家賃や税金、公共料金などの支払いは、毎月確実に発生するものです。これらの支払いをした場合でもほとんどのクレジットカードで、キャッシュバックポイントが付いてきます。
毎月確実にポイントを貯められますし、いちいち料金支払いのために銀行やコンビニに行く必要もなくなるので利用者が増えているのです。

またオンラインショッピングの普及についても、クレジットカードの利用頻度を増やす大きな原動力になっていると推測できます。

インターネットが普及し、24時間好きな時にいつでもショッピングできる利便性の高さで平日日中を中心として仕事をしていて、なかなか買い物できないサラリーマンなどを中心として人気があります。

オンラインショッピングをする時にクレジットカードを利用すれば、手数料などの余計なコストを負担することなく買い物を楽しめます。

クレジットカードの国民消費支出に占める決済の割合ですが、今後も順調に増加することが見込まれています。
その理由の一つとして、日本を訪れる外国人旅行者の増加が関係しています。現在日本では観光立国を目指して、海外から広く観光客を受け入れる態勢を整えています。

ビザ発給条件を緩和するとか、税制の優遇措置、円安傾向といったプラスの条件が重なって、アジア各国を中心として観光客の姿をしばしばみられるようになりました。

日本人と違って、海外の場合普段ショッピングをする際にクレジットカードを利用するのが一般的です。
海外の観光客を受け入れるために、クレジットの決済環境をさらに整備する動きも見られます。

たとえば小売店を見てみると、クレジットカードの加盟店は年々順調に増加しているといわれています。

特に2020年には東京オリンピックの開催されることがすでに決まっていて、期間中は多くの外国人観光客が訪れるとみられていますのでクレジット決済はますます普及することが期待されています。

クレジット決済を広げるための今後の課題

クレジットカードを使ったショッピングは、一昔前と比較するとかなり拡大しています。
しかしその一方で、いまだ日本人の間には現金主義というものがあって、現金で買い物するのが当たり前という意識も少なからずあるようです。

またクレジットカードを持っていても普段使っていない人も多いですが、その理由の中で大きいのがセキュリティ面の不安があります。

オンラインショッピングでカードを利用する場合、自分のカード情報が漏えいして、ほかの誰かに不正に利用されてしまうのではないか、ほかの誰かが自分のカードを偽造して使ってしまうのではないかなどの不安を訴える人もいます。

確かにフィッシングやスキミングといった、カードにまつわる犯罪の手口もあるにはあります。

このような犯罪から未然に守るための対策が、クレジット業界では求められます。2015年には流通業者やネット事業者、決済端末メーカーなどとともに経済産業省の後押しも受けて「クレジット取引セキュリティ対策協議会」なるものを発足させています。

この協議会には、さらに3つのワーキンググループを設置しています。「カード番号等の情報保護」と「クレジットカードおよび決済端末のIC化による偽造防止」「ネット上のなりすまし等、不正使用対策」の3つです。

この3つのワーキンググループがそれぞれ機能することで、総合的にクレジットカードのセキュリティ能力を高めていこうとする試みがなされています。

クレジットカードは、こんな分野で使えるようになっている。

クレジットカードには、もっと利用の可能性があります。
使いすぎを防ぐための「現金主義」を採っていらっしゃるかたもいるでしょう。そのこと自体は決して悪いことではありません。クレジットカードを使うことによる消費増大効果は、確かにポイントをもらったからといって釣り合うものではありません。
ですが、「現金主義」だからといって、生きていくために必要なインフラについてまで、現金払いするのはまったく意味がありません。

若い頃からクレジットカードを持たず、40代・50代まで来てしまうと、クレジットカードの審査に通らず困ることもあります。人生設計を作るうえで、必ずクレジットカードは持っておきましょう。そして、利用実績を保っておくため、かならず利用しましょう。

そして、クレジットカードの使い道は数多くあります。
月々の支払が5万程度の方は、まだまだ利用不足です。銀行引き落としも便利ですが、引き落としがクレジットカードより優れているのは、銀行ローン優待程度と思われます。

・光熱費

電気・都市ガス・新聞・NHKなど、多くの光熱費はカード支払いが可能です。
水道料金は自治体次第であり、カード支払い不可の自治体もまだまだありますが、多くの水道局でカード支払いを採用しています。東京、横浜、川崎、京都、神戸、尼崎、札幌、福岡、長崎などです。

・通信費

携帯電話料金もカード支払いが可能です。もちろん、固定電話代、インターネットサービスプロバイダでも使えます。通信のインフラを支える料金は、ほぼカード支払いが可能です。
Wowowなどの、有料チャンネル料金も支払えます。

支払方法とは別の話ですが、携帯電話の端末代金を分割して支払う場合、カード払いでなくても、これを滞納しますと、クレジットカードの引落事故と同じ結果が生じます。携帯電話での事故で、クレジットカードが作れなくなるおそれがあります。料金はきちんと支払いましょう

・税金

所得税をはじめとする国税が、2017年からクレジットカードで支払えるようになりました。
消費税、法人税、相続税などにもクレジットカードが使えます。

注意点として、通常の支払と異なり、手数料が掛かります。納付代金に応じて、8~10%程度手数料が掛かる点はデメリットでしょう。この手数料分は、ポイント還元の高いカードでもカバーできません。

地方税も、自治体次第ですがクレジットカードでの納税が可能です。

・交通系電子マネーのチャージ

クレジットカードの日常利用で、もっともお勧めしたいのがこの使い方です。
電車を利用する際、「Suica」「PASMO」等の交通系電子マネーを使うのはごく普通のことですが、現金でチャージするのはもったいないことです。

オートチャージ」を利用すれば、電子マネーの残高が減ってきた際に、自動的にクレジットカードの引落しによりチャージがなされます。日常生活にかかわるこの部分にカードが使えて、ポイントも溜まるのですから、ぜひ「オートチャージ」を利用しましょう。

問題は、鉄道会社によっては「オートチャージ」の仕組みがない場合があることです。
こんなときは、JR東日本の発行する「View Suicaカード」を持ちましょう。全国の鉄道や、コンビニ等で使えます。
モバイルSuica」を利用して、スマートフォンで「Suica」を使えば、クレジットカードから簡単な操作でチャージができます。オートチャージにはかなわないものの、かなり便利に使えます。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短5分でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド