カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

今や手の届かない存在ではない!ゴールドカードの年会費がリーズナブルになっている

ゴールドカードの低価格化が進んでいる

少し前であればゴールドカードといわれるとステータスカードといわれ、高収入を得ている一部の人が持つカードというイメージがありました。
しかし最近では、結構誰もが持てるようなクレジットカードになりつつあります。

一般的なそれまでのゴールドカードといわれると、年会費1万円は少なくともかかるものが大半でした。カードによっては、年会費だけでも3万円近くするような種類も見られます。
一般の人がカードを所有するだけでこれだけのコストを負担するのは、なかなかできないことでしょう。

しかし最近のゴールドカードを見てみると、年会費の低価格化が進んでいます。年会費5000円程度のカードはざらにありますし、年会費2000円というゴールドカードも出てきています。
また年間一定の額以上のショッピングをするなどの条件をクリアできれば、ゴールドカードでも年会費無料になるようなものもあります。
これなら一般カードを持っているのと、コストはほとんど一緒になります。

ゴールドカードはステータスカードといわれていて、収入や職業など入会するためには厳しい条件をクリアする必要がありました。
一般的なゴールドカードの場合、30歳以上の仕事をしている人で年収400万円以上というのが条件です。
少なくても正社員の仕事をしていないと、この条件をクリアするのはなかなか難しいでしょう。

しかしゴールドカードの年会費が低価格化したことで、入会するためのハードルも低くなっています。低価格の年会費のゴールドカードの場合、年収が200~300万円程度でも作れるようなものも見受けられます。
より広くゴールドカードを使ってショッピングができるようになりつつあります。

このような低価格のゴールドカードの登場したのは、比較的新しいです。2008年に三菱UFJニコスが発行したゴールドカードにルーツを見出せます。

三菱UFJニコスという国内でも最大手のクレジットカード会社の発行している、しかもMUFGカードという主力のブランドで低年会費クレジットカードを発行したのです。MUFGカード・ゴールドは、年会費2000円で入会することが可能です。

MUFGカード・ゴールドですが、当時テレビコマーシャルなどでもしきりと宣伝していたので印象の残っている人も多いかもしれません。

このMUFGカード・ゴールドが火付け役になって、多くのカード会社で格安のゴールドカードを発行するようになりました。

クレジットカード会社の新たな収益源に

なぜゴールドカードが低価格化しているかですが、新規顧客の開拓にあるといっていいでしょう。それまでゴールドカードは審査条件を厳しくするとか、年会費を多く設定することでそのステータスを保ってきました。
しかしそうもいっていられなくなってきたのは、カード業界を取り巻く環境の厳しさに関係しています。

クレジットカード会社は、貸金業法の縛りの中で営業しています。
このたびこの貸金業法が改正されました。その中でも大きかったのが、総量規制と利息制限法に則った金利設定です。総量規制とは、その人の年収の1/3を超えて貸付を行ってはならないというルールです。多重債務など過度な借金を作らないようにするための処置です。

利息制限法に則った利率設定ですが、いうなればグレーゾーン金利の撤廃のことです。これまで貸金業界では、利息制限法を超え出資法以内という厳密にいうと違法だけれども罰則規定のないグレーゾーン金利に設定することで多くの利息を受け取ってきました。しかし利息制限法の上限に出資法も引き下げられることになりました。

これまで出資法の上限金利は29.2%となっていました。それが利息制限法の上限である18%にまで引き下げられてしまいました。

クレジットカードはショッピング利用のほかにも、キャッシング機能も付いています。金利の上限が11ポイント以上もダウンしてしまって、融資できる金額も制限ができました。その結果、どのカード会社もキャッシングによる収益を軒並みダウンさせています。

カード会社としてみれば、キャッシング収益に代わる収益源を見つけ出す必要に迫られました。そこで持ち出されたのが、ゴールドカードの低価格化でした。

ゴールドカードが一般庶民でも手の届くような価格設定にすることで、会員数を増やします。そうすれば、ゴールドカードの年会費収入もアップするわけです。
ゴールドカードの質は落ちてしまいますが、年会費収入をアップさせてキャッシング収益のマイナスを補う必要があったのです。

クレジットカード会社では、ゴールドカード以外でもいくつかステータスカードを発行しています。たとえばプラチナカードとかブラックカードと呼ばれるものです。

ハイソな職業に就いて、高収入を得ている人はこのようなもうワンランク上のカードに招待して、ゴールドカードは汎用性の高いカードにしたわけです。

ゴールドカードは今まで以上に入会しやすくなりましたが、その特典は今も健在です。
たとえば国内の主要空港のラウンジを無料で利用できるなどのメリットのついているカードも多いです。出張などで頻繁に飛行機を利用している人にとっては、メリットの大きなカードといえるでしょう。

おすすめの低価格ゴールドカード

低価格ゴールドカードのメリットは、「ステイタス」よりも実益です。
実益に優れた低価格ゴールドカードをご案内します。

MUFJゴールドカード

初年度年会費無料/2年目1,905円(税別)という、格安年会費のカードです。
メリットは「空港ラウンジ」の無料利用という、ゴールドカードらしいものがあります。
ただ、他に目立つ特色はありません。海外旅行保険も上限2,000万円ですから、これだけで旅行に出かけられるレベルではありません。
空港ラウンジを年1回使う方なら年会費にメリットがあるでしょう。

イオンゴールドカード

「年会費無料」がメリットの、究極の低価格ゴールドカードです。
ただし、インビテーション制なので、招待してもらわないと持てません。
招待のためには、年間利用額が100万円あることが必要です。それ以外の要件を満たすことで持てる場合もありますが、要件非公開なので詳細はわかりません。年間「100万円」のショッピング利用で確実に持てるカードなのだと認識しておきましょう。

「100万円」のショッピング要件には、継続義務はありません。一度満たしてゴールドカードを入手してしまえば、その後年会費を支払う必要はありません
流通系のカードですから、もともと「ステイタス」は大きくありません。実益を求める方にぴったりのカードです。

実益は、「空港ラウンジ」無料利用や、「海外旅行保険」上限3,000万円などです。それから、全国の「イオン」にある「イオンラウンジ」が利用できます。

エポスゴールドカード

パフォーマンスに優れたカードです。
年会費は基本5,000円と、「少々安い」くらいです。ただし、年間ショッピング利用が「50万円」以上で、永年年会費無料となる大きなメリットがあります。

初年度の5,000円も支払いたくなければ、まず一般の「エポスカード」を持ちましょう。年会費無料です。
「エポスカード」を使っていれば、「ゴールドカード」へのインビテーションが届きます。非公開ですが、年間50万円以上の利用を続けていれば、最長3年程度でインビテーションが来るようです。
インビテーションが届いてゴールドに切り替えた場合、年会費完全無料となっています。

実益は大きく、一般のエポスカードで溜められるポイントが2年間有効のところ、「有効期限なし」となります。
また、ボーナスポイントが大変大きく、年間100万円以上の利用で「10,000円」相当の付加され、ポイント還元1.5%となります。このような高付加価値は、ステイタスの高い銀行系ゴールドカードにはまったくみられない特色です。
もちろん、空港ラウンジ利用も可能です。

楽天ゴールドカード

人気の「楽天カード」からもゴールドカードが出ています。年会費は2,000円と安価です。
空港ラウンジサービスはもちろん付与されています。

「楽天」ご利用の方には、圧倒的なコストパフォーマンスを持っています。もともとポイント還元率の高い「楽天カード」ですが、「楽天ゴールドカード」を「楽天市場」等で使いますと、ポイント還元率が実に5%という圧倒的な数字を発揮します。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド