カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

今までよりもキャッシュレスショッピングが手軽にできる?スマホ決済のメリットって?

スマホ決済とは

まず、「スマホ決済」そのものにまだなじみのない向きもあるかと思います。
「スマホ決済」とは、お手持ちのスマートフォンを端末にかざして「クレジットカード」による決済をする決済の方式です。「モバイル決済」ともいいます。
困ったことに、この言葉自体、いまだ統一した概念ではありません

すでにある決済方式に、JCBカードの開発した「Quick Pay」があります。こちらの決済も、「スマートフォン」端末を使って買い物料金を支払い、「クレジットカード」から利用分が引き落としされるという点ではまったく一緒です。
最近始まった「Apple Pay」も同様です。こちらには、複数のクレジットカードを「クイックペイ」や「iD」の決済方法として割り当てることができます。

「Quick Pay」や「Apple Pay」それからクレジットカード引き落としではない「交通系電子マネー」(Suica、PASMO等)や、ドコモ「iD」などの決済方式も、広義の「スマホ決済」ではあります。ですがこれらの、技術的にいうと「Felica決済」に属する手段は、「クレジットカード」の直接の引落しではなく、電子マネーの利用料金が、クレジットカードにより引き落とされるという違いがあります。クレジットカードは引落しの一手段であって、プリペイドなどの方式でも可能なのです。

利用者にとっては、スマートフォン端末で決済ができるなら、ほとんど差のない話です。ですが、決済システムを導入する店舗の側からすると大きな違いがあります。
「スマホ決済」といっているものが「利用者にとっての利用の方法」なのか、技術的な区分なのか、何に対する説明なのかに注意する必要があります。以下は、「電子マネー」の仲間とは異なる、狭義の「スマホ決済」についての説明です。

クレジットカード支払いがなかなか浸透しない理由

日本では購入なお店や大手のスーパーなどではクレジットカードを使ってショッピングすることも可能です。

しかし個人商店などの小さなお店では、いまだにクレジットカードを使ってショッピングできないところも多いです。
なぜ小さなお店ではクレジットカードによる支払いがなかなか浸透しないかは、導入コストにあるといえます。

クレジットカードを使ってショッピングする場合、カード情報を読み込むスキャナーが必要です。このスキャナーなどのシステムを導入する場合、かなりコストがかかります。
このため、経営基盤がそれほど強くない小規模の店舗ではなかなか導入できないのです。
しかしこのような問題も今後クリアできる可能性が出てきています。その理由として、スマホ決済システムの導入が挙げられます。

スマホ決済の場合、スマホやタブレットなどのイヤホンジャックなどに専用のカードリーダーを設置します。そしてアプリをインストールして契約すれば、利用できるようになります。スマホ決済であれば、従来のスキャナーなどのシステムを導入するのと比較すると初期費用をかなり安く抑えることができます。

これまでの導入コストは10万円前後かかっていたものが、月額費用や振込手数料無料のサービスもあるほどです。小規模店舗であっても、比較的手軽に導入することができるわけです。

クレジットカードに加盟した場合、決済手数料は店が負担しなければなりません。
従来のクレジットカード決済サービスですが、少なくても5.7%かかります。しかしスマホ決済であれば、決済手数料は3.25%程度でかなり低くなります。

売上向上の可能性がアップする

クレジットカードによる支払いに対応すれば、より多くのビジネスチャンスに恵まれる可能性があります。
手持ちのお金のない人でも「これがほしい」と思えば、その場で購入することが可能です。売上を上げるチャンスが多くなりますし、潜在顧客の幅を広げることもできます。

今後は日本を訪れる外国人観光客も増えると予想されています。観光立国を政府が目指していることもありますし、東京オリンピックも開催されます。
海外の人は普段ショッピングするとき、クレジットカードを使うのが一般的な地域も多いです。海外の観光客の多く訪れる地域で経営しているのであれば、カード払いを導入することで外国人のお客を呼び込むこともできるようになります。

入金スピードが速まる

中小企業や個人事業主の方で、カード決済に踏み切れないところも結構あります。なぜカード決済を嫌がるかですが、キャッシュフローの問題が主だといわれています。

従来のカード決済の場合、入金は1か月後になってしまうケースが多いです。起業直後のベンチャー企業や資金繰りにあまり余裕のない中小企業の場合、これほど入金が先延ばしになってしまうと資金繰りがショートしてしまう恐れがあります。

スマホ決済の場合、かなり入金までがスピーディです。ちなみにSquare社の提供している決済サービスですが、少なくても1週間後・早ければ翌日には入金されます。これなら現金払いとほとんどスピードには違いがないでしょう。
スマホ決済サービスですが、与信プロセスの従来の複雑な部分を改善してリスクコントロールできる手法を導入しているので、このようなスピーディなキャッシュフローを実現できました。

スマホ決済ができるようになると、どこでもカード決済可能なのも魅力といえます。

たとえば営業担当者が取引先のオフィスで決済しないといけない、飲食店でお客さんのテーブルごとで会計をする、洋服屋さんで試着室の前で試着して気に入った商品を会計する、移動販売でもその場で会計することも可能です。

このように今まで以上にいろいろなシチュエーションで決済できるようになるのもメリットの一つでしょう。

会計管理も楽になる

経営者にとって面倒なのは、会計管理でしょう。会計管理を自分で行っていると、本業の作業ができなくなります。しかしスマホ決済を導入すれば、会計管理も楽になります。

たとえばスマホ決済サービスの中には、会計ソフトやレジアプリと提携しているところもあります。そうすれば、レジアプリに登録されているデータを会計ソフトに移植することができます。
自分で経理の入力作業を行う必要がなくなり、スマホ決済を導入することで大幅に作業の手間が省けたという声も聞かれます。

先ほど紹介したSquare社では、無料でPOSレジアプリを提供しています。こちらを活用すれば、売り上げを統計学的に分析することができます。
たとえば「この日はいつもよりも来客数が○○%多い」とか「夜間の顧客のほうが単価が○割高い」といったデータが出てくるかもしれません。このような情報を今後の経営に生かせば、より効率的な収益システムを確立できるかもしれません。

支払う方にとってもメリットがある

今まで経営者視点でスマホ決済導入のメリットを紹介しました。しかし消費者にとっても、スマホ決済導入されれば、今まで以上にショッピングがしやすくなります。

クレジットカードを使った決済の場合、暗証番号を入れるとかレシートにサインを入れる手間がかかりました。しかしスマホ決済の場合、電子サインといってパネル画面上に入力する方法で手続きが完了します。レシートに関しても今まで通り紙発行することもできますし、メール送信してもらう方法もありますので自分の好きな方を選択できます。
スマホ決済の登場によって、今後小規模店舗をはじめとしてカード決済に対応するところも増えてくるかもしれません。そうすれば、今まで以上にキャッシュレスでショッピングできる機会にも恵まれるでしょう。

スマホ決済でなにが変わるのか―「楽天ペイ」

電子マネー系の決済とは異なる「スマホ決済」のシステムとして、「楽天ペイ」というものが登場しました。

「楽天」ブランドは、仮想モールやクレジットカード、銀行等、様々な国内スタンダードを作りあげてきました。それを考えますと、システムにライバルはあるものの、日本における「スマホ決済」システムは、ブランド力を生かした「楽天ペイ」に集約されていくかもしれません。

「楽天ペイ」を選ぶのは、利用者ではなくお店の側です。「楽天銀行」を利用しているお店なら、スマホ決済の代金が翌日に入金されますので、クレジットカードの支払サイトの長さに悩むお店にとっては朗報でしょう。
「楽天ペイ」が店舗で使えるようになりますと、国内の各種クレジットカード支払にも対応し、さらに2017年夏には、「Quick Pay」や「Suica」等、電子マネーの支払にも対応するとのことです。
ですから、既存の決済方法も吸収していくわけです。

「楽天ペイ」は、国際標準の「NFC決済」を利用しています。この点で、国内標準になってしまっている「Felica決済」よりも、外国人観光客の受け入れにも優れています
利用者側としますと、「楽天ペイでお願いします」と言えば、スタッフが端末に二次元バーコードを表示してくれます。それを読み取り送信すれば決済が完了しますので、接触タイプの「Felica」と比べても、引けを取らないといえます。
また、カードによる直接決済ですので、「Quick Pay」などと異なり利用金額の制限もありません。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド