カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

アコムは審査スピードの速い即日融資に対応しているカードローンです!


アコムの公式サイトはコチラ

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員となりました。アコムへの申し込み資格は「安定した収入のある20歳以上の人」となっていますので、安定した収入の条件を満たすことができればパートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも申し込むことができます。今回はアコムの特徴などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

アコムにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

アコムは老舗の大手消費者金融であり、メリットが多いおすすめのカードローンだといえるでしょう。アコムでは「35日ごと」に返済期日を設定することを条件として、30日間の無利息期間サービスを提供しています。

最大30日まで利息の負担なしで借入れを利用することができるのですが、無利息期間は契約日の翌日から適用されることに注意をしてください。すぐに借入れを申込むようにしなければ、せっかくの無利息期間が無駄になってしまうのです。例えば契約日の翌日から10日後に借入れを利用した場合には、実際に利用できる無利息期間は20日になります。

融資までのスピードが速く即日融資に対応することができます!

融資までのスピードが速いことが、アコムの人気の秘訣だといえるでしょう。以下の申込方法のすべてにおいて、融資を最短1時間程度で受けることができるのです。

  • 店頭窓口での申込み
  • 自動契約機での申込み(むじんくんからの申込)
  • 電話による申込み
  • インターネット申込み(アコムの公式ホームページからの申込)

店頭窓口や無人契約機で申し込む場合には?

アコムでは店頭窓口や無人契約機を利用した申し込みでは最短で30分~40分程度通常で1時間程度ですべての手続きを完了させることができます。

事前にインターネットや電話などで申込んでおくようにすれば来店後の手続きをさらに短縮させることができます。契約手続きが完了すればその場でローンカードが発行されますので、ATMですぐに借り入れを行うことができるのです。

インターネットや電話で申込む場合には?

インターネットや電話からの申込みでは、申し込みから契約までの手続きをすべて完結させることができます。この場合には申し込みから契約完了までには通常で1時間程度、初回の融資は指定した口座あての振り込みで行われます。

ただし振込みで即日融資を受けるためには、振り込みの手続きが銀行の営業時間内に行われることが必要になります。銀行の営業時間終了後に振込みの手続きが行われた場合には、実際の入金は銀行の翌営業日に行われることになるのです。インターネットや電話で振り込みによる即日融資を希望するのであれば、平日の14時までにすべての手続きを完了させるようにしてください。

ただしアコムでは以下の銀行の普通預金口座を振込先に指定する場合に限り、平日18時までの手続きで初回振り込みによる即日融資を受けることができます。

  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行

さらに振込先として楽天銀行の口座を指定した場合には、24時間いつでも振込みによる即時入金が可能になります。

インターネットで借入れや返済までのすべての手続きを完結させることが可能!

さらにアコムではインターネットを活用して、申し込みから契約、さらに借入から返済までのすべての手続きを完結させることができます。

インターネットの利用についてはパソコンはもちろんですが、さらにスマートフォンや携帯電話にも対応していますので、店舗や自動契約機やATMに足を運ぶことなく、いつでも気軽に借り入れや返済などを利用することができます。

申込み方法は?

アコムのインターネットホームページにアクセスして、必要な情報を申し込み画面に入力して送信すればOKです。

契約の方法は?

アコムの審査に通過すると、メールで「契約手続きのお願い」が送信されます。メールの内容を確認して当日22時までに同意のボタンをクリックすることで、アコムとの契約が成立するのです。

借入れの方法は?

アコムの会員ホームページにログインをして、融資を依頼しましょう。あらかじめ指定した口座あてに、振り込みによる入金が行われます。振込手数料についてはアコムが負担しますので、利用者は手数料無料で融資を受けることができます。

返済の方法は?

アコムの会員ホームページにログインをして、返済の手続きを行ってください。手数料無料で365日24時間いつでも返済の手続きを行うことができるのですが、インターネットからの返済を利用するためには別途インターネットバンキングへの申し込みが必要になります。

アコムにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

アコムはメリットが多い便利なカードローンですが、一方でデメリットなどもあるようです。

金利は若干割高になります!

アコムでは金利条件として、年率3.0%~18.0%が設定されています。これは消費者金融系のカードローンとしては標準的な金利設定だといえるのですが、銀行系カードローンと比較すると金利条件は若干割高になります。

おまとめローンや借換えローンとしてのメリットは少ない!

アコムでは通常のカードローン以外に、おまとめや借り換えなどのための専用ローンを用意しています。ただし18.0%の上限金利が設定されていますので、おまとめローンや借り換えローンとしてのメリットは少ないようです。

アコムの金利条件は?

アコムでは金利条件として年率3.0%~18.0%を設定していますので、消費者金融系カードローンとしては金利条件は平均的だといえるでしょう。ただし銀行系カードローンの多くでは上限金利として14%~15%程度を設定していますし、さらにインターネット銀行系のカードローンではさらに割安な金利条件が設定されている場合などもありますので、これらと比較するとアコムの金利条件は若干割高になります。

ちなみにカードローンを初めて利用する人の場合には最も高い金利である上限金利が適用されることがほとんどですから、カードローンの金利条件については上限金利に注目をして比較・検討をしてみてください。例えば50万円を借り入れて3年間で返済する場合には、金利が3%違うと返済総額は2万6千円以上の差が生じることになりますので、やはり低金利のカードローンを選ぶことが有利なのです。

できるだけ低金利で利用できるカードローンを選びたい人は、アコム以外のカードローンへの申し込みについても検討してみてください。例えば同じ銀行グループが提供する三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックであれば、金利条件は年率1.8%~14.6%と割安な金利条件が設定されていますし、さらに銀行系カードローンでありながら即日融資にも対応しています。三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない人でも申し込むことができますので、すぐにお金が必要な人にもおすすめだといえるでしょう。

アコムの利用限度額は?

アコムで認められる利用限度額1万円~800万円であり、消費者金融系カードローンとしてはかなり大きな利用限度額が認められます。ただしアコムは消費者金融系カードローンであるため総量規制の対象となり、実際の借入限度額は最大で年収の3分の1までに制限されることになります。

例えばアコムで認められる利用限度額の上限である800万円の借り入れを認められるためには、年収として少なくとも2400万円以上が必要になるのです。そのように考えるとアコムの利用限度額は、実質的には年収の3分の1までということになるでしょう。アコムの利用限度額は審査により、利用者ごとに個別に決定されることになります。

アコムへの申込み方法は?

アコムへの申込みには、インターネット店頭窓口自動契約機電話郵送などの方法を活用することができます。

それぞれの申込方法について、さらに詳しく確認してみましょう。

インターネットによる申込み方法は?

アコムでは公式ホームページ上申し込みから契約までのすべての手続きを完了させることができますし、さらに借り入れや返済などにもインターネットを活用することができます。アコムとの契約を行う際には本人確認ができる書類が必要になりますので、以下のいずれかの方法で提出してください。

  • 携帯のカメラで撮影した画像をアコムのアプリで提出
  • スキャンした画像をアップロードして提出
  • ファックスで送信して提出

契約の手続きが完了すれば、指定した口座あての振り込み入金で融資を受けることができます。

店頭窓口や自動契約機からの申込みは?

ATMで即日融資を利用したい場合や、担当者に相談をしながら申し込みたい場合などには、店頭窓口自動契約機からの申込んでみてください。店頭窓口や自動契約機であればその場でローンカードが発行されますので、ATMで即日融資を利用することが可能になります。

さらに店頭窓口であれば担当者に相談をしながら申し込むことができますし、自動契約機でも備え付けられた電話を使えばオペレーターにわからないことなどを相談することができますので、申込み手続きに不安を感じる人にもおすすめの申込み方法だといえるでしょう。

電話からの申込みは?

アコムに電話で申込むと、簡易審査の結果をその場で教えてもらうことができます。その後ファックスで契約手続きを行ってください。申込書類は以下のいずれかの方法で入手して、必要な項目を記入してファックスで送信しましょう。

  • インターネットホームページにアクセスしてダウンロードして印刷する
  • コンビニのマルチコピー機を利用して出力する

契約の手続きを完了させれば、指定口座への振り込みで融資を受けることができます。

インターネットから申込んで店頭窓口や自動契約機で契約を行うこともできます!

申し込み時間をできるたけ短縮したい人には、インターネットから申し込んで店頭窓口や自動契約機で契約を行う方法をおすすめします。事前にインターネットで申し込み手続きを完了させておけば、店頭窓口や自動契約機ですぐに契約手続きを行うことができますので、審査のための結果待ちなどの時間を短縮することができます。さらに審査の結果を確認してから店頭窓口や自動契約機に足を運ぶようにすれば、審査落ちによる無駄足や時間のロスなどを省くことができますので、より効率的に契約手続きを行うことができるのです。

郵送による申込み方法は?

アコムには郵送で申し込むこともできるのですが、書類のやり取りのために少なくても数日が必要になりますので、すぐにお金が必要な人には不向きだといえるでしょう。今回は詳しい説明は省略します。

アコムの審査に必要な時間は?

アコムではスピード審査を実現していますので、原則として最短30分で審査の結果が判明します。電話申し込みの場合にはすぐに審査の結果が通知されますが、これは簡易審査の結果ですから正式な審査結果とは異なる可能性があります。アコムでは土日祝日を含めて、朝9時~夜21時までの時間帯で審査を行っています。それ以外の時間帯に申しこんだ場合には審査は翌営業日に繰り越されて、結果の通知は翌営業日の朝9時以降に行われます。

アコムの融資に必要な時間は?

アコムで実際に融資が受けられるまでの時間については、申し込み方法ごとにそれぞれ異なります。

店頭窓口や自動契約機で申込む場合には?

アコムに店頭窓口や自動契約機で申し込む場合には、最短で30分~40分程度平均で1時間程度で融資を受けることができます。

店頭窓口や自動契約機で契約をするとその場でローンカードが発行されますので、すぐにATMを利用して必要な金額を借り入れることができるのです。ただし店頭窓口や自動契約機を利用することができるのは、以下の営業時間帯に限られます。

  • 店頭窓口の営業時間は→9時30分~18時まで(一部店舗は19時まで、土日祝日は営業休止)
  • 自動契約機の営業時間は→8時~22時まで(一部自動契約機は21時30分まで、年末年始以外は年中無休)

インターネットや電話で申込む場合には?

インターネットや電話で申し込む場合には、平均で1時間程度で融資を受けることができます。ただし混雑時などにはさらに時間がかかることがありますので、余裕を持ってできるだけ早めに申しこむことをおすすめします。さらにできるだけ早く融資を受けたい人は、電話で申し込んでファックスで契約を行う方法を活用してみてください。

融資は指定した口座への振り込み入金で行われますが、即日融資を受けるためには契約の手続きを振り込みの依頼を平日の14時までに完了させることが必要になります。ただしゆうちょ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のいずれかの口座を振込先に指定した場合には初回の振り込みに限り18時までの即時入金が可能になりますし、楽天銀行を振込先に指定した場合には24時間いつでも即時入金が可能になります。

アコムのお試し診断サービスは?

基本的ないくつかの質問に回答することで、審査に通過できるかどうかのおよその目安が判断できるサービスがお試し診断です。アコムでは「3秒診断」というお試し診断をインターネットホームページ上で提供していますので、パソコンやスマートフォンなどを活用して試してみてください。審査のために入力が必要な情報は以下の3つであり、住所や氏名などの個人情報を入力する必要はありません。

  • 申込者の年齢
  • 申込者の年収
  • 他社借り入れの総額

3秒診断を行うとすぐに、「お借り入れができる可能性が高いと思われます」「ご入力いただいた情報ではお借入れの可否を判断することができませんでした」のどちらかが表示されます。前者が表示された場合には審査に通過できる可能性が高くなりますが、後者が表示された場合には審査に通過することは難しいかもしれません。

ただし3秒診断は基本的な情報に基づく簡易的な審査になりますので、実際に申し込んだ場合の結果とは異なる場合などもあるようです。診断の結果はあくまでも、申し込みを判断するための目安として活用してください。

アコムの借入れ方法は?

アコムでは振り込みにより、指定した口座への入金で融資を受けることができます。振込みによる借り入れは口座への直接入金を希望する場合や、忙しくてATMに足を運ぶことができない場合、契約をしたばかりでローンカードがまだ手元に届いていない場合などに便利だといえるでしょう。

振込みによる借り入れは電話やインターネットホームページから手軽に申込むことができますし、さらに手数料などの支払いも必要ありません。ただし銀行の営業時間終了後に申し込んだ場合には、実際の入金は銀行の翌営業日に行われることになりますので、即日融資を希望するのであれば平日のできるだけ早い時間帯に申し込むようにしてください。

ATMによる借り入れを利用することもできます!

アコムではローンカードATMで利用して、必要な金額を引き出して借り入れることができます。アコムのATMはもちろんですが、さらに提携する様々な銀行やコンビニなどのATMを利用することができますので、日本全国のほとんどの地域でカードローンを活用することができます。アコムのATMは手数料無料で利用することができるのですが、提携する銀行やコンビニなどのATMを利用する場合には、手数料として108円から216円の支払いが必要です。

アコムのおまとめローンは?

アコムではおまとめや借り換えなどを目的とした、借り換え専用ローンの提供を行っています。アコムは消費者金融であり総量規制の適用対象となるのですが、借り換え専用ローンは利用目的が限定された金融商品であるため総量規制の適用対象外となります。ただしアコムの借り換え専用ローンの借入限度額は最大で300万円までに限られますし、さらに金利条件も年率7.7%~18.0%が設定されていますので、通常のカードローンと比較してもそれほど有利とはいえないようです。

おまとめローンは複数の借り入れをひとつにまとめて返済をしやすくするローンであるため、通常は大きな金額を借り入れて長期間の返済を行うことになります。返済期間が長期化するとその分だけ利息の負担が大きくなりますので、おまとめローンを利用するのであればできるだけ低金利のローンを選ぶことが重要なポイントになるのです。例えば銀行系カードローンであれば大きな金額を低金利で借り入れることができますので、おまとめローンの利用を検討している人はアコム以外のカードローンへの申し込みについても検討してみてください。

アコムの無利息期間サービスは?

アコムでは2014年10月1日から、無利息期間サービスの提供を開始しています。最大30日間の無利息期間サービスを、以下を条件として利用することができるのです。

  • アコムへの申込みが初めてであること
  • 35日ごと」を返済日として設定すること

以前からアコムを利用している場合や、「毎月指定期日」を返済期日に設定した場合などには、無利息期間サービスは適用されませんのでくれぐれも注意をしてください。さらにアコムの無利息期間サービスが適用されるのは、契約日の翌日から30日間となっています。借り入れが遅くなるとその分だけ無利息期間が減ってしまうことになりますので、契約後にはすぐに借り入れを利用するようにしましょう。

アコムの返済方法は?

アコムでは返済手続きを、インターネットホームページから行うことができます。会員ページにログインすれば手数料無料で365日24時間いつでも返済を行うことができるのですが、インターネットからの返済のためにはインターネットバンキング(Pay-easy)の利用が必要です。

さらにアコムでは自社ATM提携する銀行やコンビニなどのATMを利用して、返済手続きを行うこともできます。ただしアコムの自社ATM以外の提携ATMを利用する場合には、利用1回につき108円または216円の手数料の支払いが必要になりますので、ATMを利用する機会が多い人は手数料の負担に注意をしてください。アコムではその他に、以下の返済方法を利用することができます。

  • 店頭窓口での返済
  • 銀行振込による返済
  • 口座引き落としによる返済

店頭窓口での返済は手数料無料となっていますが、利用するたびには店舗まで返済のために足を運ぶことが必要になります。また銀行振り込みの場合には振込手数料は利用者が負担することになりますし、毎月の返済のたびに振り込みの手続きを行うことが必要です。手数料無料で手軽に返済をしたい人には、口座引き落としによる返済方法をおすすめします。

一度返済の手続きを行えば以降は毎月の引き落としが自動的に行われますし、手数料などの負担もありません。ただし口座の残高が不足すると返済不能になりますので、定期的に口座の残高を確認するようにしてください。

アコムの返済期日は?

アコムでは「35日ごと」「毎月指定期日」のいずれかを、返済期日として選択することができます。

35日ごとの返済は?

返済期日として「35日ごと」を選択した場合には、次回の返済期日は前回の返済日の翌日から35日後になります。月ごとに返済期日が異なることになりますので、返済忘れにはくれぐれも注意をしてください。

毎月指定期日の返済は?

返済期日として「毎月指定期日」を選択した場合には、好きな日にちを毎月の返済期日として指定することができます。例えば「7日」を指定した場合には、毎月の7日が返済期日になるのです。ちなみに口座引き落としによる返済方法を選んだ場合には、毎月6日が返済日として自動的に指定されることになります。任意の期日を指定することなどはできません。

アコムの返済方式は?

アコムでは「定率リボルビング方式」を、返済方式として採用しています。最終借り入れの時点における借入残高一定の割合を乗じた金額が、月々の最少返済額になるのです。一定の割合については審査で認められた利用限度額に応じて決定され、具体的には以下のとおりとなります。

  • 利用限度額1万円~30万円まで4.2%
  • 利用限度額30万円超~100万円未満3.0%
  • 利用限度額100万円以上1.5%~3.0%

アコムでは最終借り入れの時点における借入残高と利用限度額により月々の最少返済額が決定されるため、追加借り入れを利用しない限り完済まで最少返済額は一定で変わらないということになります。追加借り入れを利用した場合にはその時点における借入残高と利用限度額に基づいて、再度最少返済額が決定されることになります。

できるだけ多めの金額を返済するようにしましょう!

アコムでは借入残高と利用限度額に基づいて、定率リボルビング方式により月々の最少返済額が決定されることになります。この時に決定される金額はあくまでも最少返済額ですから、多めに返済をすることについては何も問題はありません。返済に余裕があれば、できるだけ多めの金額を返済することをおすすめします。

月々の最少返済額だけを返済していると返済額の多くが利息の支払いに充てられるため、借り入れ元本がなかなか減らず返済が長期化してしまうことになります。返済が長期化すると利息の負担が大きくなって、返済総額も増加してしまうのです。月々の返済を多めに行うようにすればその分だけ元本の返済に充てられる金額が大きくなりますので、利息の負担を減らして早期の完済を目指すことができるのです。

アコムで利用することができるATMや自動契約機の数は?

ATMの数は?

アコムではアコムの自社ATMや、提携する銀行やコンビニなどのATMを利用することができます。アコムでは自社ATMを平成28年3月現在において日本全国に6万4000台以上設置しています。

アコムの自社ATMは手数料無料で利用することができますので、自宅や勤務先などの近くに設置されているのであれば積極的に活用してみてください。その他には提携ATMとして、以下の銀行やコンビニなどのATMを利用することができます。

  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM(セブンイレブン)
  • ローソンATM(ローソン)
  • イーネットATM(ファミリーマート)

提携ATMは日本全国で便利に活用することができるのですが、利用する際には1回ごと108円~216円の手数料の支払いが必要になります。

自動契約機の数は?
アコムでは平成28年3月現在において、日本全国に1085台自動契約機を設置しています。「むじんくん」という名称で営業を行っていますので、知っている人が多いのではないでしょうか。

自動契約機では誰にも会うことなく、画面の指示に従って申し込みや契約などの手続きを行うことができます。さらに備え付けられた電話を使ってオペレーターと会話をすることができますので、操作などでわからないことがあれば気軽に相談をしてみてください。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短5分でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド