カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

割賦販売法とはどのような法律なのでしょうか?

割賦販売法は消費者の保護を目的とした法律です

割賦販売はいわゆる分割払いであり、各種ローンやクレジットカードなどによる購入がこれに該当します。

割賦販売では先に商品の引渡しを行い、その後分割によりその料金の支払を行います。

この時に商品の引渡し前に売主が倒産してしまったりすると、その損害は買主に及ぶことになります。
また割賦販売を希望する買主には資金力が少ないことが一般的ですので、割賦販売を行う際には一定の規制により買主である消費者を保護する必要が生じるのです。

そのために制定された法律が割賦販売法なのです。

各種ローンやクレジットカードなどが割賦販売に該当します

いわゆる月賦による販売形式が割賦販売です。

12回払いや24回払いなどによる商品の購入がこれに該当しますし、またクレジットカードを利用した商品の購入についても、1回払い以外の分割払いは割賦販売に該当することになります。

商品の引渡しが行われない場合には支払を拒否することができます

商品の引渡しが行われない場合(商品の支払総額が4万円以上の場合、リボ払いでは3万8千円以上の場合)には、信販会社などに対して商品代金の支払を拒否することができます。

クーリングオフ制度を利用することができます

電話の勧誘や訪問販売などにより契約をした場合には、その契約を一定の期間内であれば理由を問わず無条件で解約することができます。

この制度がクーリングオフです。

割賦販売は三者間における契約になります

販売会社・消費者・信販会社(クレジットカード会社)の三者間における契約が割賦販売です。

割賦販売の場合には支払を完了するまでは商品の所有権は信販会社が保有することになります。
消費者は全ての支払を完了することによって商品の所有権を獲得することができるのです。

また割賦販売で支払の延滞などがあった場合には、信販会社は消費者に対して残金の一括支払を請求することができます。

消費者は期限の利益を喪失しますし、また支払の遅延による損害賠償金なども請求されることになります。

一括払いは割賦販売法の適用対象外です

割賦販売法は割賦販売を対象とした法律ですから、クレジットカードなどを利用した場合であっても一括払いは適用の対象にはなりません。

一括払いについては現金による購入と同じように扱われることになります。

信販会社には契約内容の調査義務があります

信販会社にはクレジットカード加盟店が違法な販売などを行っていないかどうか調査する義務があります。
具体的には

訪問販売・マルチ商法・内職商法・外国語教室・エステ

などがこれに該当します。

信販会社はクレジット契約の際に消費者に聞き取り調査などを行い、契約内容に問題がないかどうかを確認することが必要とされているのです。

虚偽の説明に基づいた契約はいつでも解除することができます

契約の際に虚偽の説明があった場合などについては、消費者はいつでもこの契約を解除することができます。

またこれまでに分割払いにより支払った金額などがあれば、これの返還を請求することができます。

支払が不能となる高額な契約はできません

クレジット契約の際には信販会社は信用情報機関に対して情報の照会を行い、消費者の支払可能額の算定を行います。

消費者の支払い能力を超えるような高額のクレジット契約は認められないのです。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド