カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

商工ローンには高いリスクが伴いますので注意が必要です!

商工ローンビジネスにおける急な出費などにも対応することができる便利なローンです。
また商工ローンはビジネスローンなどと呼ばれる場合もあるようです。ただし商工ローンについては高いリスクが伴うため、実際に利用する場合にはくれぐれも注意が必要になります。

商工ローンとはどのようなローンなのでしょうか?

企業のためのローンが商工ローンです。個人のためにお金を貸してくれるのが消費者金融で、中小企業に貸してくれるのが商工ローンです。

この二種類は金利水準も同等です。その両方を扱っている貸金業者もあります。

商工ローンは、銀行融資などに比べると手軽に借入ができることが特徴となっています。
企業経営においては何かと資金が必要になりますので、そのような場合に便利に活用できるのが商工ローンなのです。

商工ローンにはどのような特徴があるのでしょうか?

商工ローンは銀行融資などに比べると、審査がスピーディーですぐに必要な資金の借入ができることが特徴となっています。
また担保や保証人なしで利用できる商工ローンもあります。

もっとも審査は早いですが、融資の実行までには早くても一週間程度かかります。早めにアクションを起こす必要があります。

ひと昔前は、個人に融資する消費者金融と同じく、商工ローンの強引な取り立てが問題になりました。「日栄」「商工ファンド」などの商工ローンが世間を騒がせたのもこの時代です。
貸金業法が改正されて以降、こういうことはありません。

金利 審査 保証人・担保 審査のスピード
銀行系 1から4%台のものが多い 厳しい 必要 遅い
商工ローン 15から18%ほど 甘い 不要 即日融資にも対応

返済の負担が大きいため注意が必要です

商工ローンは比較的審査に通りやすくスピーディーに融資が受けられるローンなのですが、その一方で様々なリスクがありますので利用の際にはくれぐれも注意が必要になります。
商工ローンは金利が高めに設定されているため、それだけ返済の負担などが大きくなってしまうのです。
ほとんどの場合には金利は15%から18%になりますので、企業経営を円滑に行うための借り入れがかえって企業経営を圧迫してしまうことになります。

金利はおおむね利息制限法の上限です。100万円未満の借入れの場合は18.0%、100万円以上借入れの場合は、15.0%となることが多いです。さらに、代表者個人の連帯保証を求められるのが普通です。担保を取られた場合であっても、なお連帯保証が求められます。

法律上は、連帯保証人である代表者個人に先に返済を求めることも可能ですが、実務上そういうことはありません。ですが、法人として返済ができない場合、ただちに代表者の個人資産を返済に充てなければならなくなります。

日本の場合、代表者が会社の保証をするのは当然と思われていますし、企業が倒産したら社長も破産して当然という雰囲気まであります。ですが、個人の責任を限定するところに法人の存在意義があるのですから、おかしな話です。

商工ローンにはこうしたデメリットがありますので、あくまでも短期的な借入に限定して利用することをおすすめします。

取引先の入金が遅れているなど、いわゆる「つなぎ資金」です。つなぎなのですから、入金の目途があるときの一時避難策として使うべきでしょう。税金や従業員の給与の支払などは、ショートしてしまうと大変な影響がありますので、商工ローンから借入れをしてでも支払うべきものです。

金利の高い商工ローンも、早めに返済すれば、利息も最小限で済みます。

また長期的な借入を希望するのであれば、有利な条件でビジネス資金の借入ができる政府系金融機関、地方銀行、信用金庫などの利用を検討するようにしましょう。

もっとも、中小企業が適切な融資を受けられないという問題は、長きにわたる問題で、完全に解消する気配はありません。そのような状況が続く限り、商工ローンの需要がなくなることは決してないでしょう。

銀行からの融資の引き上げが行われる可能性があります

商工ローンを利用していることが銀行などにバレてしまうと、その後は銀行からの融資を受けることが難しくなってしまいます。
また現在銀行からの融資を受けているという場合には、融資が引き上げられてしまう可能性などもあるのです。

理由は簡単で、商工ローンから借りるということは、資金繰りが厳しく、事業継続が困難な状況だと、一般的には判断されるからです。いわゆる貸しはがしですが、最近はそれほど聞かないものの、リーマンショック以後にはざらにあった話です。

銀行からの融資を受けていてさらに商工ローンに申し込むという場合には、商工ローンの利用を銀行に知られないように細心の注意を払うことが必要になります。

商工ローンからの借入れが銀行にわかる明らかなパターンは、商工ローンを借りておいてから新規に銀行融資を申し込んだ場合です。

商工ローンの融資を受ける際に個人で連帯保証した、代表者の個人情報を銀行に見られますと、銀行に借入れ状況はすべて把握されます。銀行のビジネスローンを申し込んだ際にはまずチェックされます。銀行の独自融資の場合は、代表者の個人情報までは必ずしも見ないかもしれません。

いずれにしても、なんらかの事由で商工ローンの融資の存在が明らかになると、貸しはがしに合わないとしても、銀行との関係ではなにかしら困ったことにはなります。

商工ローンには高いリスクが伴います

商工ローンには高金利というデメリットがありますので、長期的な借入などを行うとむしろ資金繰りを悪化させてしまう可能性が高くなってしまうのです。

商工ローンには高いリスクが伴いますので、あくまでも短期的な利用に限って活用するようにしてください。また銀行融資が受けられるのであれば、できるだけそちらを優先して利用することをおすすめします。

商工ローンを利用するとその他の金融機関からは「資金繰りが苦しい状態=危険な状態」と判断されることになります。

商工ローンを利用する企業の場合には実際に危険な状態であることが多いですから、商工ローンの連帯保証人などを依頼されても絶対に断るようにしてください。

連帯保証人になってしまうといざという場合には責任を取ることが必要になるのです。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド