カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

キャッシングカードローンの利用の際には諸費用は必要なのでしょうか?

最近ではカードローンでお金を借りるという人が増加しています。

またカードローンに興味を持っている人や、実際に使ってみたいと考えている人なども増えているようです。

しかし実際にカードローンを利用する際には、カードローンの諸費用などが気になるかもしれません。

今回はカードローンの諸費用について確認してみたいと思います。

カードローンを提供する金融機関は利息収入により利益を獲得しています

カードローンを提供している金融機関は、利息収入により利益を獲得しています。

カードローン会社は自社の利益を利息として利用者に請求していますので、原則としてそれ以外の諸費用などの請求は行っていないのです。

ただしカードローンの種類によっては諸費用が発生する場合などもありますので、実際に利用する前にしっかりと確認するようにしてください。

どのようなカードローンで諸費用が発生するのでしょうか?

諸費用が発生するカードローンとしては、クレジットカードのキャッシングがあげられます。

ただしこれについては正確にはカードローンの諸費用ではなく、あくまでもクレジットカードとしての諸費用が発生することになるのです。

クレジットカードの場合には入会金や年会費が発生する場合があります。

これはクレジットカードを所有することに対して発生する費用ですから、キャッシング機能の有無にかかわらず発生するのです。
ただしクレジットカードにキャッシング機能が付いていればいざという場合にも役立ちますし、またクレジットカードではポイント制度などにより諸費用以上の還元が受けられる場合などもあります。

普段からクレジットカードを利用する機会が多い人にはキャッシング機能の活用をおすすめしたいと思います。

通常のカードローンでは諸費用は発生しません

カードローンは利息によって利益を獲得するシステムですから、利息以外に入会金や年会費などの諸費用が発生することはありません。

誰もが気軽に利用できることがカードローンのメリットですから、利用者の負担となる諸費用の請求などは行わないのです。

またカードローンを利用するのはお金に困っている人たちですから、利息以外に諸費用が発生するのであれば借入自体を躊躇してしまうでしょう。

利用者を獲得することができなければカードローン自体が成立しませんので、ほとんどのカードローンでは諸費用の請求は行っていないのです。

具体的にはどのようなカードローンを選べばよいのでしょうか?

クレジットカードのキャッシング機能は利便性が高くて便利ですが、お金を借りるということを優先に考えるのであれば消費者金融などの金融機関が提供する通常のカードローンをおすすめします。

年会費や入会金などの諸費用が発生しませんので低コストで利用することができますし、またカードローンの方が利用限度額が高めに設定されていることが一般的です。

さらに金利についてもカードローンの方が低金利で利用できますのでお得になります。

諸費用 気軽さ 多機能さ 金利 限度額
クレジットカード系 あり・なし 付帯サービスを申し込むだけ クレジットカード機能あり 高め 低め
金融機関系 無し 審査もあり借入できない場合もある キャッシングのみ 低め 高め
今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 数分で理解できるカードローン入門ガイド