カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

プロミスはweb完結が人気のカードローンです!プロミスの審査の通過率を上げるためにはどうすればよいのでしょうか

プロミスの審査でチェックされる項目について詳しく確認してみましょう。

プロミスはカードローンを提供する大手消費者金融です。
テレビのコマーシャルなどにも積極的に取り組んでいますので、多くの人が知っている知名度の高いカードローンだといえるでしょう。
そんなプロミスの審査に不安を感じている人のために、今回はプロミスの審査に通過するための様々なポイントについて詳しく解説したいと思います。
申し込みの際の参考として活用してみてください。

なぜプロミスの審査に落ちてしまうのでしょうか

プロミスの審査に不安を感じているという人や、実際にプロミスの審査に落ちてしまったという人などには、プロミスの審査で重視される項目について詳しく確認してみることをおすすめします。
プロミスの審査に落ちてしまうことには何らかの原因や理由などがあるはずです。
プロミスに申し込むための具体的な条件は以下のとおりとなっています。

担保 必要なし
保証人 必要なし
対象年齢 満20歳から満69歳まで
収入 安定した収入のある方
雇用形態 パート、アルバイト、自営業の方でも可能

プロミスでは上記のような利用条件が設定されているのですが、まずは年齢の制限を満たすことが必要になります。プロミスを利用できるのは満20歳から満69歳までの人です。
雇用形態については特に制限はありませんので、安定した収入があれば誰でも申し込むことができます
それではなぜプロミスの審査に落ちてしまうことがあるのでしょうか。
これについては以下のような原因や理由などが考えられます。

年収が少ない場合

プロミスに申し込むための年収の条件などは特に決まっていないのですが、あまりにも収入が少ないという場合には返済能力が低いと判断されて審査に通らない場合などもあるようです。
具体的には年収150万円~200万円程度があれば、十分な返済能力を有していると認めてもらうことができるでしょう。

他社借り入れが多すぎる場合

他社借り入れの状況は審査に大きく影響することになります。
特に複数の金融機関からの借り入れを利用しているという人の場合には、貸し倒れの可能性が高いと判断されて審査に通過することが難しくなってしまうようです。
他社借り入れを利用しているという人には、まずはできるだけ現在の借り入れを返済してからプロミスに申し込むことをおすすめしします。

プロミスの審査では何が重視されるのでしょうか

プロミスの審査で重視されるその他の項目についても確認してみましょう。
上記でご紹介した項目は必ず確認されるのですが、その他には勤務先や勤続年数などの条件などが確認されることになります。
勤務先については公務員や大手企業などであれば職業の安定性が高いと評価されることになりますし、さらに正社員であれば有利になるはずです。
一方で自営業や水商売などの場合には、年収の額が多くても職業が不安定であると判断されて審査に通らないことなどがあるようです。
そのような場合には収入証明書などを提出して安定した収入を継続的に獲得していることをアピールすれば、審査の際には有利になるかもしれません。

また勤続年数については多ければ多いほど有利になります。
一方で転職したばかりで勤続年数が短い人の場合には、再度転職をしたり仕事を辞めてしまう可能性が高いと判断されますので審査には通りにくくなります。
勤続年数については半年~1年程度が審査に通過するための目安になりますので、転職したばかりの人は一定期間が経過するのを待ってから申し込んだ方が審査には通りやすくなるはずです。

一般ローン(住宅ローンや自動車ローンなど)を利用しているとプロミスの審査に影響するのでしょうか?

プロミスへの申し込みを検討している人の中には、住宅ローンや自動車ローンなどの一般ローンを利用しているという人などもいるはずです。
それでは一般ローンを利用している人の場合には、プロミスの審査に影響することがあるのでしょうか。

これについては基本的には「大丈夫」ということになります。
消費者金融であるプロミスには総量規制が適用されるのですが、住宅ローンや自動車ローンなどの一般ローンは総量規制の対象外ですからプロミスの借り入れに直接影響することはないのです。
ただし月々の一般ローンの返済額があまりにも大きいという場合には、プロミスの審査に影響してしまう可能性があります。
プロミスの審査の際には信用情報機関に情報の照会を行いますので、この時に利用者の各種ローンなどの利用状況は全て判明してしまうのです。
一般ローンの返済額が大きい人の場合には、借り入れ希望額を少なめに申し込むようにすれば審査に通りやすくなるかもしれません。

どうすればプロミスの審査に通りやすくなるのでしょうか?

プロミスの審査に通過するためには、「返済能力を高める」ことと「借り入れ状況を改善する」ことが重要になります。
返済能力を高めるためには収入を増やすことが有効なのですが、会社員などの人の場合には自分で給料を増やすことは難しいかもしれません。
そのような場合には副業などに取り組んで見ることや、また支出を抑えて返済のために使える自由なお金を増やすことなどが効果的です。

借り入れ条件の改善については、他社借り入れを利用している人の場合にはまずはこれを返済してしまうことをおすすめします。
他社借り入れを完済してしまえば、それだけプロミスの審査には通りやすくなるはずです。
また他社借り入れを完済することが難しいという人の場合には、おまとめローンなどを活用した借り入れの一本化を検討してみてください。
複数の借り入れを一つにまとめることができれば金利の条件などが有利になりますし、また残額の管理などがしやすくなりますので早期の完済を目指すことができるのです。

プロミスの審査に通過することができるかどうかについては、実際に審査を受けてみなければわからないといった部分もあるようです。
プロミスでは借り入れシミュレーションを公式ホームページで提供していますので、まずはこれを試すことで融資の可否を判断してみてはいかがでしょうか。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短5分でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.7%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 各カードローン会社で審査に落ちる原因って何?