カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

「貸します詐欺」とはどのような詐欺なのでしょうか?

「貸します詐欺」に注意してください

最近では「お金をお貸しします」というダイレクトメールが送られてくることがあるようです。
しかし実際にこのようなダイレクトメールを送ってくる業者については詐欺業者である可能性が高いので、くれぐれも注意をしてください。
またあなたに関する個人情報が外部に流出しているおそれがあります
あなたがお金に困っているという情報が不特定多数の業者に知られているのかもしれません。
いずれにしてもこのような貸します詐欺については注意が必要です。

今回は貸します詐欺の詳しい手口などについて紹介します。

「貸します詐欺」とはどのような詐欺なのでしょうか?

お金に困っている人をターゲットにして、簡単に融資が受けられまと誘う詐欺が「貸します詐欺」です。
実際に融資を受けようとすると「融資を受けるためには保証料が必要です」とお金を要求されることになります。
正規の金融機関では保証料などを請求することはありません。
これはアコムやプロミスなどの消費者金融系カードローンはもちろんですが、バンクイックなどの銀行系カードローンでも同様です。
請求されるのは利息のみであり、後は借り入れた元金と一定の手数料などを支払うだけですから、保証料などを請求されることはないのです。

借り入れの際に「保証料」「保険料」などと称して事前の入金を求める業者は詐欺業者ですから利用しないようにしましょう。
また「信用情報を確認する」「債権データを改善する」などと称して事前の入金を求める場合などもあるようです。

どのように連絡が来るのでしょうか?

貸します詐欺については、ほとんどの場合にはダイレクトメール携帯メールなどで連絡が来るようです。
利用したことのない業者などからのメールにはくれぐれも注意しましょう。
これらのメールでは高額の貸付が低金利で利用できることをアピールしていますが、これらのメールに興味本位で返信してしまうと見込み客リストに登録されてしまうことになりますので、くれぐれも返信などをしないように心がけてください。

事前にお金を入金することを求められます

貸します詐欺の場合には、融資の前にお金を入金することを求められます
「保証料」「保険料」などのような様々な名目で入金を求めるのですが、実際には入金をしても融資は受けられませんので注意してください
また悪質な業者は最初の入金をさせた後に「データ登録料」などの名目でさらにお金を請求する場合などもあるようです。
このような詐欺については以前から頻繁に行われているのですが、なかなかなくならないようです。それだけ引っかかってしまう人が多いのかもしれません。
悪徳業者は1000人にメールを送っても1人が引っかかれば十分に儲かるのです。

スマートフォンやタブレットを騙し取る詐欺など増えています

また最近では「融資のための信用調査に必要だ」などと最新型のスマートフォンやタブレットなどの契約をさせて、その後スマートフォンやタブレットを宅急便で送らせてこれを騙し取るという詐欺などが増加しているようです。
実際に日本全国でスマートフォンやタブレットなどを騙し取られたという被害者が続出しています。
これらのスマートフォンやタブレットは転売されたり犯罪に使われたりすることになりますので、このような詐欺に引っかからないようにくれぐれも注意してください。

このような詐欺は誰がやっているのでしょうか?

いったい誰がこのようなお金に困っている人をターゲットにした詐欺を行っているのでしょうか。
実際にこのような詐欺行為を行っているのはヤミ金融業者である場合が多いようです。
ヤミ金融業者はお金に困っている人のリストを独自に手に入れて大量に保有していますので、これらのリストに掲載されている人を狙って様々な詐欺行為を行っているのです。
このような詐欺に一度引っかかってしまうと、お金を全て巻き上げられるまで何度でも騙されることになりますので気をつけるようにしましょう。

また「ブラックの人でも借り入れができます」などと誘うのも詐欺業者ですので注意してください。

年々、「貸します詐欺」の手口は巧妙化してきています

誰でも融資」「多重債務者やブラックでも大丈夫」「簡単審査で即入金」などを謳う「いかにも怪しい金融業者風」であればまだ分かりやすいのですが、最近ではEメールやダイレクトメール、ハガキ、FAXなどに、実在する金融業者や貸金業(またはそれに酷似した業者名)の社名・ロゴなどを明記して、本物を装ったり、「悪徳業者にご注意ください」などと、あたかも自分たちが正規の金融業者であるかのようにふるまう、などの「貸します詐欺」業者も報告されています。

注意していても「本物かも」とうっかり思わせるような巧妙かつ大胆化した手口で、悪徳業者たちは、被害者のふところにもぐり込んできます。

ですが、最終的にはこちらも「保証料が必要」「信用情報を変更するのにお金が必要」「信用力を上げるために実績としての返済金が要る」などと金銭の振り込みを要求してくるようです。

悪徳業者は「お金に困っている人の心」につけ込んできます

「いますぐにでもお金が必要」と追い詰められた人の心理に、悪徳業者は巧みにつけ込んできます。正常な心理状態であれば、すぐに見破れそうな詐欺業者でも、お金に困っていると甘い言葉につい「簡単に借りられるなら」と焦る気持ちが勝り、「貸します詐欺」に引っかかりやすくなってしまうのです。

お金に切羽詰まった状態のときは、「融資を受けるためなら」と、悪徳業者に自分の住所や氏名、メールアドレスなどの個人情報も教えてしまうケースも多いようです。一旦情報が悪徳業者に知られると、すぐに情報が共有されターゲット化されてしまいます。その後、電話やEメール、ダイレクトメール、FAXなど、悪質な勧誘が後を絶たなくおそれがあります。

悪徳業者にはお金を振り込まないことはもちろん、個人情報も絶対に教えてはいけません

「貸します詐欺」でだまし取られたお金を取り戻すのは困難です

「貸します詐欺」に限らず、全国で被害が増え続ける「振り込め詐欺」などの特殊詐欺に共通することですが、相手はプロの詐欺集団です。架空の住所、売買された他人名義の口座、携帯電話などを駆使しながら、自分たちにたどり着かないように行動します。

このような悪徳業者に一旦お金をだまし取られた後で警察に届け出ても、手がかりを掴むことが困難で、なかなか捜査が進まないことが多いようです。

そのため、悪徳業者の手に渡ってしまった金銭は、取り戻すことはなかなか難しいといわれています。

「貸します詐欺」被害に遭わないためには

各都道府県警察のサイトでも注意を呼び掛けていることですが、「貸します詐欺」被害に遭わないための注意点として次の3点が挙げられています。

  1. 正規の貸金業者は「保証金」「借入金データ抹消金」ほか、いかなる名目でも融資を前提に現金を要求することはありません
  2. 実在する貸金業者を装っているような場合、融資を申し込む前に電話帳、電話番号案内で電話番号を調べて確認してください
  3. 貸金業を営むために必要な会員登録をしていない業者からのダイレクトメール、FAXなどは、それだけで注意が必要です

大切なことなので繰り返しますが、「融資前に金銭を要求する=悪徳詐欺」と心に刻み、絶対にだまされないようにしましょう。

「貸します詐欺」だと気づいたら、すぐに警察に届け出ましょう

「貸します詐欺」の被害に遭ったと気づいたときは、金銭を振り込む前・後に関わらず、すぐに警察に届け出ましょう。万が一、指定された口座にお金を振り込んでしまった後でも、悪徳業者が出金する前であれば、「振り込め詐欺救済法」に基づき、口座を凍結し、残高や被害額に応じて、被害額の全部または一部(被害回復分配金)を受けられる可能性があります。

しかし、悪徳業者が口座から出金した後では、被害回復分配金で取り戻すことが難しくなってきます。

ですから、お金を振り込んでしまった後に、「貸します詐欺」だと気づいた時は、すぐに警察に届け出て、出金される前に金融機関へ口座凍結を依頼することが大切です。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 悪徳業者が行う詐欺や違法行為。上手く対処する方法とは