カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

「融資詐欺」とはどのような詐欺なのでしょうか?

「融資詐欺」に注意してください

「融資詐欺」は貸します詐欺と同様の詐欺です
東京都が貸します詐欺のことを融資詐欺と名付けました。
貸します詐欺と同様に、融資詐欺についても悪徳金融業者が行っているようです。
悪徳金融業者は違法な貸付に関する様々なノウハウを有していますし、またお金に困っている人のリストなどを大量保有しています。
これに基づいてダイレクトメールを送信することにより、お金に困っている人を騙そうとしているのです。

悪徳金融業者では違法貸付と詐欺行為を同時に行うことで収益を獲得しています。

悪徳金融業者ではこのようなお金に困っている人たちをいわゆる「カモ」だと考えていますので、一度詐欺などに引っかかってしまうとその後も繰り返し騙されることになるのです。

大手銀行や大手信販会社にそっくりなチラシで騙そうとします

悪徳金融業者は大手銀行や大手信販会社にそっくりなチラシを作成して、これをダイレクトメールとして送付することでお金に困っている人を騙そうとします。

多くの場合には「本物」のチラシをスキャナーなどでパソコンに取り込んで、電話番号などの一部のみを変えることで偽のチラシを作成するようです。

これらの偽のチラシは一見すると正規のものと見分けがつきませんので、お金に困っている人は簡単に騙されてしまうのです。

偽のチラシを見て電話をかけると、相手から脅されたりして無理やり契約させられてしまうことになります。
その後は「保証金」「保険金」などと称してお金を騙し取られてしまうことがほとんどです。

また実際に借り入れができても相手はヤミ金融ですので、法律で定められた上限額を超える高額な利息を請求されることになります。
いずれにしてもひどい目にあいますので、これらのチラシには騙されないようにくれぐれも注意してください。

融資詐欺はどのような手口で行われるのでしょうか?

融資詐欺はお金に困っている人を狙った詐欺です。
具体的には「ブラックでも借りられます」「

高額の融資が受けられます

」「低金利で利用できます」などのような好条件を提示することでお金に困っている人を騙そうとします。
一般の金融機関の審査に通らない人などがこれに引っかかってしまうのですが、実際にはそのような好条件で融資を受けることはできません。
ほとんどの場合にはお金を騙し取ることが目的の詐欺なのです。

大手消費者金融ではダイレクトメールによる営業は行っていません

アコムやプロミスなどの大手消費者金融ではダイレクトメールによる営業は行っていませんので、これらの大手消費者金融の名前でダイレクトメールなどが届いた場合には注意が必要です。
ほぼ100%詐欺業者であると考えて間違いないでしょう。

融資の前に「保証金」「保険金」などを入金することを請求されます

融資の前にお金を入金することを請求するのが、融資詐欺に共通した特徴です。

正規の金融業者によるカードローンの場合には、融資の前にお金を請求することはありません。

融資の後で返済日に利息や元本や手数料などを支払うことになります。

融資詐欺では融資のための条件として「保証金」「保険金」などと称するお金を入金することを求めるのですが、正規の金融業者がこのようなお金を請求することはありませんので、融資の前にお金を請求された場合には詐欺であることを疑ってください

他社を紹介するケースなどもあります

これら以外には「当社では貸付はできないけれど、融資を受けることができる他の業者を紹介する」というケースなどがあるようです。
この場合には実際に貸付を受けられることが多いのですが、融資が成立した後で「紹介料」「斡旋料」などのお金を請求されるようです。

「うまい話には罠がある」と警戒心を持ちましょう

悪徳金融業者はまず、ダイレクトメールやパチンコ誌、アダルト誌などに広告を掲載し勧誘する手口をとります。広告内容として、1%~数%など極端に低い年利や、「数千万まで融資可能」など過度に多い限度額、「他社で断られた方やブラックでも融資OK」などと掲載。お金に困っている人が飛び付いてきそうな謳い文句で「カモになりそうな客」を誘ってきます。

「そんなうまい話あるわけがない」と通常の状態であれば、冷静な判断もつきそうなものですが、多重債務などに陥りお金の工面で四苦八苦している状態ですと、藁をもつかむ気持ちで、まんまと詐欺集団の罠にかかってしまうのです。「うまい話には罠がある」と警戒心を忘れないことが肝心です。
騙された人がたどる道はいままで紹介したとおり、融資を受ける前に金銭を要求されるか、お金を借りることができたとしても法外な金利での返済が待ち構えています。

また、途中で融資詐欺だと気づいてお金を振り込まなかったとしても、こちらの住所や連絡先、メールアドレスなどの個人情報を悪徳金融業者に教えてしまうと後が大変になります。「お金に困っている客」としてターゲットにされてしまい、数多くの直接電話、ダイレクトメール、Eメールなど、複数の詐欺業者からの勧誘が後を絶たなくなるようです。悪徳業者には金銭を渡さないのはもちろん、個人情報も絶対に教えてはいけません。

騙されないためにローンの平均的な実質年利などを把握しておきましょう

「うまい話」に騙されないように平均的なカードローンなどの金利や限度額などを把握しておくことも大切です。

現在、利息制限法によってお金を貸し付ける際の年利は上限を制限しています。
その上限は以下の通りとなっています。

  • 借入額10万円未満    年利20%まで
  • 借入額10~100万円未満  年利18%まで
  • 借入額100万円以上    年利15%まで

初めてカードローンを申し込む場合、銀行系、消費者金融系のいずれのカードローンにしても大体、上記の上限付近の年利を適用されることが多いでしょう。
また平均的な年収ではローンの借入限度額も200万~300万の間で設定されるようです。

これらのことを踏まえておけば、上記から大幅にかけ離れた「年利1%~数%などの低金利」や「保証人や収入証明書不要で数千万までOK」などと謳っている業者はすべて「怪しい」ですし、逆に上限金利を超えた高い金利も違法業者だと自分で判断できるようになるはずです。

融資詐欺被害に遭っても詐欺集団を捕まえるのは難しいでしょう

悪徳詐欺集団は自分たちに足が付かないよう、すぐに使い捨てられる電話番号を使ったり、騙し取ったお金の振り込み先も、他人名義の銀行口座などを使用しているケースがほとんどです。
ですから一度、金銭をだまし取られてしまうと警察に相談してもなかなか犯人を検挙するのが難しくお金も戻らないことが多いといわれています。

もし実際に融資詐欺に遭ってしまったら

もし融資詐欺でお金を悪徳詐欺業者の口座に振り込んでしまった場合、平成20年から施行された「振り込め詐欺救済法」に基づき、お金が返ってくることがあります。

被害者の申し入れによって金融機関が振り込んだ先の口座を凍結し、詐欺集団が引き出せないようにするものです。残高によって被害額の全額または一部を被害回復分配金として受け取ることができます。
この場合、詐欺集団が口座から金銭を引き出してしまった後では残高不足により十分な金銭が戻らなくなってしまいます。「融資詐欺に遭いお金を振り込んでしまった」と気づいたら、迅速に警察に通報し、金融機関に申し入れを行うことが重要になってきます。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短5分でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 悪徳業者が行う詐欺や違法行為。上手く対処する方法とは