カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

クレジットカードのショッピング枠の現金化には注意が必要です!

ショッピング枠の現金化が問題となっています

近年はショッピング枠の現金化が問題となっています。

ショッピング枠というのはクレジットカードの買い物などのための利用枠であり、これを利用して買い物をした商品を業者に販売してお金に変えることが現金化になります。

業者は利用者が購入した商品を安く買い取ることにより差額の分を利益として獲得しています。
取引の形態は一見すると商品の売買なのですがその実体は貸金業に近いため、関係省庁では「違法行為」であると認識しているのです。
 

クレジットカード会社では換金を目的としたショッピングを禁止しています

クレジットカード会社でも同様に、ショッピング枠の現金化を問題視しています。
クレジットカード会社ではその規約において換金を目的としたショッピングを禁止していますので、これを行った場合には契約違反になるのです。
ペナルティとしてカードの利用停止強制退会残債の一括請求などの処分の対象となりますので、くれぐれもショッピング枠の現金化は行わないようにしましょう。
 

年利に換算すると法外な高金利になります

例えば新幹線の回数券を100万円で購入してこれを業者に80万円で買い取ってもらった場合には、80万円を借りて1ヵ月後に100万円を返済することと同じになります。
これを年利に換算した場合には年利300%に相当するのです。
年利300%というのは法外な金利ですから、一時的にお金を手にすることができても最終的には返済に困って破綻してしまいます
一方で業者にとってはそれだけ旨味があるビジネスなのです。
 

出資法は適用されないのでしょうか?

出資法では29.2%が金利の上限とされていて、それ以上の金利を請求することは違法行為になります。
それではクレジットカードのショッピング枠の現金化で年利300%に相当する利益を請求することは違法なのでしょうか。
ショッピング枠現金化の業者はあくまでも商品の買取をしているだけだと主張しています。

金融業ではないので出資法の制限は適用されないと主張しているのです。

現時点においてはショッピング枠の現金化は法的な処分の対象にはなっていませんし、業者は堂々と街中で営業を行っています。

ただしクレジットカード会社ではショッピング枠の現金化を契約で禁止していますので、これを行った場合には利用した人はカードの利用停止処分を受けたり、また残債の一括支払を請求されることになるのです。

業者が処罰されなくても利用した人はカード会社によるペナルティの対象となりますので、くれぐれも注意してください。
 

一部には商品を騙し取る悪徳業者なども存在します

ショッピング枠現金化の業者の中には、クレジットカードで購入させた商品を引き取るとその後連絡がつかなくなってしまう悪徳業者なども存在します。
お金は1円も手にすることができず、クレジットカードを利用した借金だけが残ってしまうのです。

また個人情報がヤミ金融業者に売られてしまいますので、今度はヤミ金融から借り入れを行ってさらに返済に困るという悪循環に陥ってしまうことになります。
クレジットカードのショッピング枠の現金化は限りなく違法に近い行為です。
実際に行うとカード会社から様々なペナルティを受けることになりますし、さらに様々が危険が伴いますので絶対に手を出さないようにしてください。
 

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 悪徳業者が行う詐欺や違法行為。上手く対処する方法とは