車金融の利用は危ない!?車を担保にした融資の仕組みとは

お金にとても困ってる人の場合、ろいろな貸金業者から借入れをして、さらに追加で借りなければいけないという状況もあるでしょう。

そんなときに、「マイカーでお金が借りられる」という電信柱に張り付けられた怪しげなキャッチコピー広告が目に入り、「なんのことだろう?」と気を取られたことがあるかもしれません。

マイカーでお金が借りられる=自分の車を担保に融資をしてもらうということでありこれを車金融と言うのですがこの金融商品、果たして安心して利用していい存在でしょうか?

車金融とは?

上記でも少し説明しましたが車金融というのは、マイカーを担保にして融資を受ける方法を言います。別名、自動車担保ローンともいいます。カードローンなど、多くのローンは無担保で貸し付けるもので、その分貸し手にある高いリスクを回収するため、金利が高めになっているのですが、車金融の場合、自動車という確実な担保を提供するので、一見有利なローンが組めそうに思えます。

ところが実際はそうではありません。決してローンとして有利な商品ではなく、むしろ他に借入れのできない人が最後に頼るローンとなっている実態があります。そのような特殊なローン商品だということを認識して、利用する際には十分気を付けましょう。

自分の車を担保にお金を借りるなんて方法があるのね・・・あっでも車を担保にしちゃったら日頃から乗っている人は、困っちゃうじゃないかしら?

その変の疑問についてはこれから紹介していくからしっかり覚えよう

車金融から融資してもらうには2タイプの内容がある

車金融のスタイルには大きく分けて二種類あります。業者により、どちらか一方の方式で融資を行っているのが普通です。

ひとつが、マイカーに乗ったまま貸してもらうもの。もうひとつが、車をいったん手放すものです。いったん手放した車には、他人が乗ります。

車に乗りながら融資してもらう「乗ったまま融資」

乗ったまま融資は、マイカーに乗り続けたまま貸してもらえる融資方法です。金策が必要なものの、車を手放すと生活に支障が出てしまう方には役立つかもしれません。

とはいえ、乗ったままでも車は担保に取られています。返済できなければ車を本当に手放さなくてはならなくなります。

車を預けて融資してもらう「預かり融資」

預かり融資は、車をいったん手放すものです。売却とは違いますので、ローンを返済すれば車は戻ってきます。もちろん、返済できなければ返ってきません。

車は車庫に入れっぱなしになるのではなく、他人が利用します。もし他人が利用した際に事故・修理などが発生した場合については、業者が責任を負います。

わかったかい?車金融には担保には出したけど乗り続けられるのと預けるの2タイプがあるんだよ

なるほど~、でも返済はしないと車がなくなっちゃうからそこはしっかりしなくちゃですね

車金融の融資までの流れ

車金融といっても、基本的には貸金業です。審査にあたり借り手の年収や、借入状況などの調査をおこなうのは通常の貸金業と変わりません。車金融の場合、借り手の状況よりも、自動車自体の価値に重きを置いて審査をします。

それでも貸金業の「総量規制」ルールは車金融にも適用されます。ですから保有する自動車に価値があったとしても、年収の3分の1を超えて借り入れることは法律上できません。その審査自体は、借り手の個人信用情報を確認してすぐに終わります。

他社での延滞の記録が残っていると、新規に貸し出してくれる業者は大変少ないのですが、車金融の場合には可能性がやや高くなります。それ以外、通常の貸金業と異なるのは、自動車を店舗に持ち込むことです。自動車について査定がおこなわれますので、必ず持っていく必要があります。自動車の現在価格に基づいて、実際に融資が実行されます。

融資にかかる時間はどのくらい?

車金融の融資は速いです。個人信用情報に基づく審査と、実際の車の査定、併せても30分程度でしょう。小規模の業者が多いので、借入れが被ってしまって待たされるという可能性はあるはずですが、基本的に待たされることは少ないです。

30分!?審査に関してはカードローン業者以上に早いかも!!

カードローン業者でも審査スピードが早いところは幾つかあるけどね…。

融資に必要となる書類関係は

書類は、運転免許証等の本人確認書類、場合によって源泉徴収票等の収入証明書類が必要です。これらについては、通常の貸金業と同様です。

このほか、車金融ならではの書類として、「車検証」「実印」「印鑑証明書」等、多くの種類が必要となっています。決して手軽に借りられる種類のローンではありません。

また業者によって異なりますが、他に自賠責保険の証書や身分証明書、住民票や収入証明書の提出を求められることもあるようです。

そして車の所有者名と住所を融資する金融業者名に変更しなければならないので、車検証は原本が必要となります。そう考えると気が引き締まりますね。

当たり前のことですが、もし返済が滞ってしまったり、間に合わなくなってしまったら愛車は持って行かれてしまうわけですから、借りる前に本当に真剣に吟味することが必要ですね。

車金融ならではの特徴がある

車金融は、確実な担保を取るための工夫がいろいろとなされます。その点、予想していない手続きも存在します。例えば、乗ったまま融資の場合、車に搭載義務のある車検証を通常は業者に持っていかれてしまいます。

それから、融資の性質上、貸出し地域を限るという点があります。自動車を持ち込めない遠いエリアの人は実質的に借入れ不可能です。この商売は、近隣の人を対象にしているのです。

車検証の名義が業者名に変更される

車を担保にお金を借りる方法は、法的には「譲渡担保」に分類されます。抵当権等と異なり、登記手続が不要で、契約書の締結により借入れができます。ただしマイカーを譲渡担保にする際、車検証の名義を貸主の業者に変更する必要があります。このことについては、決して不当とはいえません。名義を変更せずにいた場合、借主がマイカーを無断で売却してしまったとき、貸主としてはせっかくの担保を行使できなくなるためです。

名義変更により、マイカーの所有権がいったん業者に移ることになります。もっとも、譲渡担保としての名義変更ですから、業者が所有権を盾に好き放題していいわけではありません。ローンを返済した際には、借主に車検証の名義を再変更する義務が、業者にもあります。

マイカーを担保に入れた後、車に乗り続ける場合、業者から借りて乗っているかたちとなります。ただ車検証については、乗り続ける車に搭載しなければならないのが本来の形です。それを業者が持っていってしまう仕組みには疑問が残ります。

融資額は中古車の値段を参考

車金融で借り入れられる額は、借り手個人の属性よりも、自動車の現在価値がものをいいます。貸出額は、中古車査定に準じて貸出額が決められます。新しいほうが、そして走行距離が短いほうが価値が高くなります。

ただし、自動車の価値はどんどん下がっていきます。業者としては、返済がないときに損をしないため、車の現在価値目いっぱいまで貸し出してくれることは、まずありません。

中古車査定でしか融資してくれないなんてちょっとセコイ気がする~

まぁ普段、乗っているわけだからね・・・中古車の扱いになっちゃうこればかりはしょうがないさ

任意保険、自動車税は自分が払わなくてはならない

車金融の借入れにより、マイカーの所有権を手放した形になっているのに、なお支払わなければならないものがあります。自動車税や自動車保険については、本来所有者が納税義務者になるのですが、譲渡担保契約の内容により、引き続き借り手が負担することになります。

貸し手もビジネスでやっていますので、諸経費を支払いたくないのは当然でしょう。借り手の側も、自分の車だという意識があるなら諸経費を負担することに疑問はないはずです。ですから、このことも別段、不当だとはいえません。

え~自分の手元に車がないのに税金・保険払わないといけないの?納得できな~い!

確かにね、車金融はちょっと納得のいかない部分も幾つかあるけど契約上、不当になってないんだ

融資してもらうのに手数料がかかる

お金を借りるまで、いろいろ持ち出しが多いのが車金融の特徴です。といってさすがに、「お金を貸し出すための手数料をいただきます」とは業者は言いません。そんなことをすれば貸金業違反になります。手数料の請求は、車検証の名義書き換えなどについてされます。

このことも法的に微妙です。行政書士に頼んだりすれば、手数料を取られて当然の実務ではあります。ですが、高利の貸金とワンセットになっている点は非常にグレーなものです。手数料を換算した際の実質の金利が、貸金業法の規制を超えてしまうためです。

さらにもっと問題になるのは、手数料の存在がガラス張りになっていない点でしょう。借り入れる段階になって、手数料を引く話が初めて出てくるのです。手数料については、事前にしつこいくらいに確認しておくことを強くお勧めします。

何だかほとんどにお金がかかってる気がする…。車金融って本当に安全なのかしらって気になってくるわ

車金融は微妙なラインが多いからね、それじゃあ法的にどうなのか次で確かめて見よう

そもそも車金融は安全?法的に問題はない?

車金融は、法的にはどう評価されるものなのでしょうか?きちんと貸金業の許可を得ている業者が、譲渡担保の仕組みを使ってお金を貸し出すという構造そのものにはまったく問題はありません。そして、金利が高いことも違法ではありません。貸金業法上では、100万円以下の借入れについて18.0%の金利なら法律上の問題はないからです。

問題があるだとすれば、上記でも解説したガラス張りでない各種の手数料を足していくと、実質金利が法定を越えてしまうことでしょう。これらの費用について公式サイトでも明らかにし、かつそれらを金利に引き直した際に法定金利を超えないようにしない限りは、完全に合法とは言い切れないビジネスです。

法律に違反しないギリギリのラインって感じかな…。

法的に問題はないけど利用するのに色々とお金はかかるってことね…。

車金融で一番危険なのは、悪徳業者の多さ!

コインパーキングなどに、「乗ったまま貸します」というような広告が貼られているのを目にした方も多いでしょう。すべて、ということはないにしても、そのような方法で宣伝をしている業者は危険かもしれません。すでに見てきましたように、貸金業の看板を掲げて正当に運営しているようで、その実、表面には出てこない諸費用の高さが車金融の最大の問題点です。

悪徳業者というのは、この費用や、リース料等で高い額を取って儲けています。こんなはずではなかったと思っても、人間困っているときは仕方ないと考えがちです。他に借入れ手段のない人ならなおさらです。また、せっかく時間を取って査定してもらうために店舗まで来たのだ、という心理も働くものです。そうすると諦めて業者の言いなりになってしまいます。

どうしても利用する必要があるにしても、車金融のビジネスには問題点が多いことはあらかじめ知っておきましょう。なお、そもそも貸金業の許可を取っていないという業者については、論外であり完全な闇金です。貸金業許可の有無は、金融庁の公式Webサイトで確認できます。

一番恐ろしいのは悪徳業者の罠にまんまとはまってしまうことです。そんな車金融の悪徳業者に騙されないために手口をチェックしていきましょう。

法外な金利での融資

法外な、といいましても貸金業法で定められた金利を越えて融資しているわけではありません。貸金業法上の利息は現在、貸付額100万円以上の場合で15.0%、100万円未満の場合で18.0%です。これを越えて貸し付ければ行政指導も受けますし、許可取消しということもあります。

ですから、法定金利自体は順守するはずです。もっとも、法定金利上限で貸し付けているということは、つまり消費者金融のカードローンと同等の金利だということです。担保を取っているのに、無担保のもっとも高金利のローンと同等なのです。この事実をもって、「法外」な金利といえないことはありません。

さらに、実質金利がカードローンより高いとなればなおさらです。銀行が個人向け自動車担保ローンなどを出してくれれば状況は変わるのかもしれません。ですが、自動車は銀行からしますと、担保とはいえない不安定なものです。移動しますし、その価値もどんどん減っていくためです。盗難に遭って海外に持ち出されると、ちゃんとそちらでお金にもなります。

金利以外の高額な手数料や保管料を要求される

車金融の最大の問題は、貸金業の枠組みを超えたところでいろいろと請求される場合が多いということです。悪徳業者の場合、譲渡担保に入れた車に乗り続けるのであれば、リース料を取られることがあります。借りて乗るのという形なので当たり前にも思えますが、法的には微妙なものです。

「車の占有をローンの借り手に残したまま担保に入れる」という譲渡担保の枠組みからしますと、リース料は必要なものとはいえません。先に挙げました、車検証の名義書換料金や、車をいったん預ける場合の保管料等も同様です。いずれも、有担保ローンの全体像を捉えたときには、グレーな存在です。トータルで考えたときには、法定金利を越えてしまっています。

返済期限に間に合わなければあっさり車を転売される可能性

返済できない場合は、大事な車は返ってこなくなります。これに関しては、返せない場合は担保の所有権が完全に移転するという、譲渡担保の性質からみて当たり前のことでこれは仕方ない話です。

しかし悪徳業者の場合、最初から車を転売する前提で貸付けをしてきてるので返済が間に合いそうにない場合、相談なども受け入れずにすぐに転売されてしまう可能性が大きいのです。

たださえお金かかってイメージ良くないのに悪徳業者って信じられない!車金融ってちゃんとした業者ってあるのかしら?

確かに悪徳業者まで多いとイメージは悪いかもしれないけどちゃんとした業者さんだっているさ、幾つか見て行こうか!

利用を検討しているならきちんとした許可を受けている貸金業者で

許可というのは、貸金業の許可のことです。車を買い取るのではなく、担保にしてお金を貸し出すビジネスには、貸金業許可が不可欠です。金融庁の公式Webサイトで、貸金業の許可を得た会社かどうかは確認できますので、利用するのはそちらを確認してからにしましょう。

なお、Webサイトを持っているから合法の業者とは限りません。現在では多くの闇金がWebサイトを有しており、きちんとした許可があるかのような書き方で利用者を誤認させている事実があるため注意が必要です。

オーテック


貸金業者

オーテック

実質年率

9.25~18.0%

融資額

10万円以上

対応エリア

関東地域、静岡、山梨、福島、新潟

オーテックは東京都練馬区中村橋にある貸金業者です。「乗ったまま融資」を実施しています。普通自動車以外に、トラック、ダンプ、重機などの大型車でも融資をしてくれます。

関東以外、静岡・山梨・福島・新潟までが対応エリアです。ただ、通常は東京まで車を持ち込む必要があるでしょう。金利は消費者金融と同等、貸金業法の上限である18.0%です。手数料等については公式Webサイトに記載がありませんので、ご確認の上ご利用ください。

アールズ


貸金業者

アールズ

実質年率

6.4~20.0%

融資額

10万円~1億円

対応エリア

関東地域、静岡、山梨、福島、新潟

アールズは預かり融資の会社です。東京都港区高輪にあります。第一京浜沿いで、最寄り駅は泉岳寺です。高級車やトラックなどにも対応しています。金利については幅のある書き方がなされており、法定の上限と思われます。最大で実質金利20.0%とありますが、10万円以下の融資の場合は違法ではありません。

公式Webサイトに貸金業許可番号が載っていませんが、金融庁のWebサイトでは、貸金業許可を有することがきちんと表示されます。貸金業許可番号については、許可の更新回数が入りますが、アールズはこれが「9」ですから老舗です。公式サイトも広告なので、許可番号を表示する義務があります。理由は不明ですが、アールズは表示していません。

やはり、手数料等についても記載がありません。直接ご確認のうえ、疑問を解消してからご利用をお勧めします。また、預けた車がどういった用途に利用されるのかも記載がないのも気になる点です。

ナルト


貸金業者

ナルト

実質年率

8.0~18.0%

融資額

1,000万円まで

対応エリア

関東地域、静岡、山梨、福島、新潟

ナルトは綾瀬、高島平、葛西の三店舗を有する車金融の業者です。三店で関東一円をカバーしています。10分で査定、30分で現金渡しというスピードをアピールしています。比較的、公式サイトのQ&Aが充実しています。

車金融の悪いイメージを認めた上で、できるだけ借り手の不安を軽減させる工夫がなされています。ですが、肝心な情報である、乗ったまま貸してくれるのか預け入れ融資なのかが一切書かれていません。基本的には預かり融資、希望により乗ったまま融資をしているようですが、必ず事前にご確認ください。

わかったかな、車金融と言ってもちゃんと貸金業の許可を受けた正規の業者もあるのさ

ホントだ~、この中だったらQ&Aが充実したナルトがいい業者って感じがするわ

車融資を利用しても実はメリットがあまりない

車金融は、高い実質金利から考えて、決して気軽に借り入れる性質のものではありません。総量規制ルールの対象外というわけでもありませんので、ここでしか借りることのできないという人も、本来はそれほどいないはずです。

過去に消費者金融等の貸金業者で延滞をしてしまった人であれば、車金融に頼りたくなるかもしれません。自動車の価値がものをいいますので、個人信用情報の傷は決定的な問題にはならないからです。ですが、大手はともかく中小の消費者金融の中には、すでに延滞を解消しているなら貸してくれる業者も存在します。

冷静に考えれば、そちらを当たる方が物の順序として正攻法でしょう。また、マイカーをお金に換えたい場合、売ってしまったほうがずっと得なのです。

え~ここまで来てそんなにメリットないなんて~

実際、そうなんだよね…。車を担保にお金を借りるより売ってお金にしたほうがいいパターンのほうが多いんだよ

まとめ

グレーな感の拭えない車金融についてご説明しました。大事なのは、業者のいいなりにならないことです。利用するなら、しっかりと主体性を持ちましょう。

また、最初から返せない可能性が高い場合は手を出さないほうが無難です。安くマイカーを取り上げられてしまうことになるためです。