カードローンランド

初めてお金を借りる時におすすめのカードローンは?

   

任意破産と自己破産にはどのような違いがあるのでしょうか?可能であれば任意整理を検討してみましょう

借金などが増えてしまって自分の力ではどうにもならないという場合には、法的手段である債務整理を検討することになります。
債務整理にはさらに様々な種類があるのですが、今回は実際に利用する人が多い任意整理と自己破産についてご紹介します
この2つの方法については混同しがちなのですが、具体的にはどのような違いがあるのか詳しく確認してみましょう。

借り入れを減らすことができます

任意整理の場合にはいわゆる過払い金を計算して、これまでに払いすぎた分をこれからの支払に充当することによって債務を減らすことになります。
これまでに長期間返済を続けてきたという人の場合は過払い金で借金を大きく減額することができますし、さらに減額後の支払利息をゼロにすることなどもできるかもしれません。
一方の自己破産の場合には借金は全て免除されることになります。
ただし借金の使い道(ギャンブルなど)によっては自己破産が認められない場合などがありますし、また不動産などの資産があればそれらを売却して返済に充てることが必要になります。

任意整理には裁判所は関与しません

任意整理の場合には当事者同士の話し合いで手続きが行われますので、裁判所が関与することはありません。
また任意整理を申し立てる人は、代理人として弁護士などの法律の専門家に交渉を依頼することができます。
この場合には弁護士などと金融機関との間で話し合いや手続きが行われることになります。
また弁護士などに交渉を依頼すると、金融機関は利用者に対して取立てなどを行うことはできなくなりますし、また返済日における請求などもストップすることになります。
一方の自己破産では、裁判所に対して自己破産の申立てを行うことが必要です。
実際の手続きなどは裁判所の指示に従って、裁判所に出向いて行うということになります。
裁判所が直接関与するという点が、任意整理とは大きく異なるのです。

債務整理のための条件について

任意整理の場合には借金の理由や原因などは関係しません
また任意整理を行うための特別な条件などもありませんので、希望をすれば自由に任意整理を行うことができます。
ただし保証人がいる借り入れの場合には、任意整理の影響が保証人にも及ぶ可能性があるため注意が必要になります。
任意整理の場合には、任意整理の対象とする借り入れと対象としない借り入れとを自由に選択することができますので、保証人がいる借り入れについては任意整理の対象にはしないことをおすすめします。

一方の自己破産の場合には、自己破産を申請するためには一定の条件を満たすことが必要です。
例えば借金の原因がギャンブルや浪費であれば自己破産は認められません、不動産などの資産を保有している場合にはこれを処分して借金の返済に充てることが必要になります。

自己破産を申請する場合には借金が全て免除されるのですが、一方でそれまで保有していた資産などは全て失ってしまうことになるのです。

また特定の借り入れだけを選んで自己破産を申請することはできませんので、自己破産を申請した場合には保証人にも影響が及ぶということになります。
自己破産を申請する場合には、保証人についてはくれぐれも注意をしてください。

個人信用情報機関への信用情報の登録について

任意整理も自己破産もいずれも債務整理ですから、これを行った場合には個人信用情報機関に金融事故として登録されることになります。
債務整理の履歴が個人信用情報機関に登録された場合には、その情報は7年から10年程度の間記録されますので、その間は新規の借り入れを申し込んでも審査に通らない「ブラックリスト」状態になってしまうのです。
またクレジットカードや一般ローンなどの審査にも影響することになりますし、さらに一部の職業に就くことを制限されるなど日常生活にも影響することになります。

任意整理と自己破産のどちらを選択すればよいのでしょうか?

任意整理と自己破産はどちらも債務整理です。
借金が膨らんでしまって自分の力ではどうにもならないという場合には、債務整理としていずれかを利用することになります。
ただし任意整理と自己破産については違いがあり、任意整理では財産を残したり、保証人がいる借り入れを除外したりすることができるのですが、一方の自己破産では財産を残すことや、保証人がいる借り入れを除外することは認められていません。
どちらを選択するのが有利なのかは借り入れの状況などにより異なるのですが、可能であれば自己破産よりも任意整理を選択することをおすすめしたいと思います。

今すぐお金を借りる!!おすすめのカードローンはここ!!

・借り入れ完了までがスピーディー!WEBで契約して自動契約機で即日受け取れる!!

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

むじんくんに来店すれば最短1時間でカード発行!!30日間無利息サービスも有り。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%~18.0% 800万円

公式サイトへ行く

 

誰にもバレずにカード受け取りが可能。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~18.0% 500万円

公式サイトへ行く

 

女性でも安心して借りられるレディースローンはここ

女性専用キャッシングNo.1!!女性スタッフが全対応。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%~17.8% 1~500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必須
※無利息サービスはメアド&Web明細利用の登録が必須

公式サイトへ行く

 

 - 身につけて損しない返済に関する知識