電話による在籍確認では何を聞かれるのでしょうか?在籍が確認できればそれ以外のことを詮索されることはありません

カードローンの審査のために電話による職場への在籍確認が行われることについては、不安に感じるという人が多いようです。
カードローンに申し込んだことを同僚に知られてしまうのではないかと気になったり、在籍確認のことが気になって仕事が手につかなくなったりするかもしれません。
そのような場合には在籍確認が実際にどのように行われるのかをあらかじめ確認しておけば、安心して在籍確認を受けることができるはずです
今回は在籍確認の詳細についてご紹介したいと思います。

どのように名乗って電話がかかってくるのでしょうか?

いきなりカードローンを名乗って電話がかかってくるのではないかと心配している人などがいるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありませんので安心してください。
電話による在籍確認では、消費者金融の場合には担当者が個人名を名乗って電話をかけてきます。
また銀行の場合には銀行の名前で電話がかかってきますが、銀行名を名乗るだけですからカードローンを利用していることを同僚などに知られてしまうことはありません。

現在は法律により金融機関は嘘の社名や偽名などを名乗って電話をすることが禁止されています。
ですから消費者金融であれば個人名、銀行であれば銀行名で電話がかかってくることになるのです。
いずれの場合にも経験豊富な担当者が細心の注意をしながら電話をしますので、あなたのプライバシーはしっかりと守られることになります。

在籍確認はどのように行われるのでしょうか?

ケース1)本人が電話に出られる場合

在籍確認の電話に本人が出られる場合には、在籍確認の電話では「○○さんでいらっしゃいますか?」とフルネームを確認されることになります。
また金融機関によっては生年月日や住所などについても確認される場合があるようです。
いずれにしても基本的な情報の確認をするだけですから、数秒~数十秒程度で終了するはずです。

ケース2)本人が電話に出られない場合

本人が電話に出られないという場合には、同僚などが在籍確認に対応することになるはずです。
この場合には電話に出た同僚などの対応に応じた在籍確認が行われることになります。
例えば電話に出た同僚などが「ただいま○○は外出しております」と答えたのであれば、在籍確認を行う金融機関の担当者は「何時頃にお戻りになりますか?」と確認することになります。
これは本人が間違いなく出社しているのか、あるいは休職中などではないかを確認するための質問なのです。
本人の在籍が確認できるような回答があればあれば、それで在籍確認は終了になります。
在籍確認は申込者がその会社に間違いなく在籍しているかどうかを確認するために行われますので、在籍が確認できればそれでOKなのです。
また電話に出た同僚には、取引先からの電話だと説明しておけば問題ないでしょう。

カードローンの在籍確認であることがバレてしまうことがあります

ただし場合によっては、同僚などにカードローンの在籍確認の電話であることがバレてしまうという場合などもあるようです。
カードローンを利用した経験がある人が電話に出た場合などには、在籍確認の電話であることがなんとなくわかってしまうことになります。
また本人が電話に出た場合でも、住所や生年月日などを電話で話しているのを聞かれてしまうと同様に気付かれてしまうようです。
その他には着信履歴から電話をかけ直したことで金融機関からの電話であることがバレてしまうという場合などもあります。

思い切って先に言ってしまうという方法もあります

カードローンの在籍確認であることがバレてしまうのではないかと気になるのであれば、思い切って同僚などに先に言ってしまうという方法もあります。
現在はカードローンが一般化していますし、実際にカードローンを利用しているという人が増えていますので、カードローンの在籍確認の電話がかかってくることを同僚に伝えてもそれほど問題にはならないはずです。
勤務先の雰囲気などに応じたベストな方法を選択してみてください。