追加の審査で借り入れ限度額を拡大することができます!追加審査ではカードローンの利用履歴が重視されます

追加の審査を受けることで借り入れ限度額の拡大が認められます

最近のカードローンは即日審査や即日融資などにも対応していますので、すぐに審査が完了して融資を受けることができます。
実際に即日融資が受けられるかどうかは申し込む人の条件次第なのですが、多くの人の場合には問題なく即日融資が受けられるようです。
ただし即日融資が受けられる金融機関の場合には、認められる借入限度額が少ないということなどが多くなっています。
貸し倒れの発生などに備えるために、金融機関では貸付額を低めに設定することで対応しているのです。
認められた限度額よりもさらに大きな金額の借り入れを希望するのであれば、追加の審査を受けることを検討してみましょう。
今回はカードローンの追加の審査について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

追加の審査に申し込んでみましょう

カードローンの借り入れ限度額の増額を希望するのであれば、追加の審査に申し込んでみましょう。
追加の審査の申し込みは自分で行うことが必要です。
インターネットや電話から申し込むことができますので、公式ホームページにログインをして「限度額の増額申請」の項目から申し込むか、あるいはコールセンターに電話をしてオペレーターに直接申し込んでみてください。
申し込みの結果追加の審査が行われ、これに通過すれば借り入れ限度額の増額が認められるのですが、審査に通らない場合などもあるようです。

追加の審査はカードローンの契約から半年以上を経過してから申し込むようにしましょう

カードローンの借り入れ限度額の増額を希望する場合には、最初の契約から半年以上が経過したことを確認してから追加の審査に申し込むようにしてください。
審査のためには最低でも半年程度のカードローンの利用実績が必要になります。
追加の審査はカードローンの利用実績に基づいて行われますので、カードローンの利用履歴が半年に満たない人の場合には審査の前提となる判断材料が不足してしまうのです。
金融機関では信用の判断を行うことができませんので、増額の申請が認められることは難しくなってしまうのです。
またカードローンの利用実績については利用の内容についても確認されることになります。
ある程度の借り入れの実績があり、それを確実に返済しているのであれば信用が高く評価されて審査では有利になります。

追加の審査では属性よりも返済の履歴が重視されます

新規のカードローンの申し込みの際には、金融機関は申込者の属性を重視して審査を行います。
具体的には年収、勤務先、勤続年数、持ち家の区分、家族構成などです。
これらの情報から申込者の信用を判断して、まずは少ない借り入れ限度額からスタートすることになるのです。
これはほとんどの人の場合に共通であり、まずは限られた借り入れ限度額の範囲内で借り入れを利用してこれを確実に返済することが必要になります。
確実な利用履歴を積み重ねて一定の信用を得ることができれば、その後は追加の審査に申し込むことで借り入れ限度額の拡大を認めてもらうことができるのです。
このように追加の審査の際には利用者の返済の履歴が重視されることになります。

追加審査は新規の審査よりもさらに慎重に行われます

新規のカードローンに申し込んだ場合には、ほとんどの人はこれに問題なく通過することができるはずです。
金融機関では融資額を低めに設定することで貸し倒れのリスクに備えていますので、カードローンの審査に通過すること自体はそれほど難しくはないのです。
しかし一方で追加審査による借り入れ限度額の拡大については、新規の申し込みの審査よりもさらに慎重に判断が行われることになります。
借り入れ限度額を拡大すると同時に貸し倒れのリスクも拡大することになりますので、追加の審査の際には申込者の返済能力について、かなり厳しい審査が行われることになるのです。