勤続年数はカードローンの審査に影響するのでしょうか?勤続年数は長ければ長いほど審査では有利になります

勤続年数が長ければ審査では有利になります

カードローンの審査では、勤続年数は長ければ長いほど有利になります。
これは勤続年数が長ければそれだけ職業の安定性が高いと判断されるからです。
一方で転職したばかりの人の場合には、その後すぐに他の会社に転職をしたり、あるいは現在の仕事を辞めてしまったりする可能性が高いと判断されて審査には通りにくくなります。
カードローンの審査では収入の多少よりも職業の安定性が重視されますので、勤続年数が長ければ職業の安定性が高いと判断されて有利になるのです。

居住の年数についても同様に重視されます

勤続年数と同じように、審査では居住の年数も重視されることになります。
持ち家と賃貸を比較すると持ち家の方が夜逃げなどの可能性が低いと判断されて有利になるのですが、一方で賃貸の場合であっても審査に通過できないということはありません。
賃貸であっても一定の居住の年数があればカードローンの審査には問題なく通過することができるはずです。
賃貸で居住年数が長いという人の場合には賃貸契約の更新を行っていることになりますので、大家さんなどから一定の信用を獲得している人であると判断されることになります。
居住年数は意外と見落としがちな項目になりますので、覚えておけば審査などで有利になるかもしれません。

正社員であれば審査では有利になります

カードローンの審査では正社員が有利です。
正社員の場合には簡単に解雇されることはありませんので、安定した職業として審査では高く評価されることになるのです。
また正社員で勤続年数が長ければさらに有利になります。
一方でパートやアルバイトなどの非正規雇用の人の場合には会社側の都合で一方的に解雇されてしまう可能性がありますし、また一度解雇されてしまうと次の仕事を見つけることが困難になりますので、カードローンの審査では職業の安定性が低いと判断されて不利になってしまうのです。

パートやアルバイトなどの人でも借り入れを申し込むことができます

パートやアルバイトなどの非正規雇用の人の場合には、カードローンの審査では正社員の人よりも不利になることが一般的です。
ただし借り入れができないというわけではなく、安定した収入があれば非正規雇用の人でもカードローンに申し込むことができます。
パートやアルバイトなどの人でも一定の勤続年数があれば安定した収入の条件を満たすことが可能ですから、非正規雇用だからと諦めてしまわずに気軽に申し込んでみてください。
パートやアルバイトなどの人の場合には小さな利用限度額でカードローンの利用をスタートする場合が多くなるのですが、その後利用履歴を積み重ねることで利用限度額の増額が認められる場合などもありますので、まずは確実な返済を行うことを心がけることが重要になります。

勤続年数が短い人の場合にはどうすればよいのでしょうか?

転職などにより勤続年数が短いという人の場合には、現在の勤務先の給与明細に加えて以前の勤務先の給与明細などを提出してみることをおすすめします。
また前年度の源泉徴収票や納税証明書などを提出するという方法などもおすすめです。
各種の書類によって前職の在籍履歴や収入などを証明することができれば、勤続年数が短くてもカードローンの審査に通過できるかもしれません。

くれぐれも正しい申告を心がけてください

勤続年数については書類などによる確認ができませんので、一部には虚偽の申告などを行う人がいるようです。
しかし過去の勤務先における借り入れの履歴などから判明する場合などもありますし、その他にも何が原因で判明することになるかわかりませんので、くれぐれも正しい情報を申告するようにしましょう。
虚偽の申告を行うと審査に通過することはできなくなりますし、虚偽の申告が後になってから判明した場合にはカードローンの利用を停止されたり、借り入れの即時一括返済を求められたりすることになります。
さらに書類の偽造などの悪質なケースでは詐欺罪で訴えられる可能性もありますので、くれぐれも虚偽の申告などはしないようにしてください。
カードローンの申し込みの際には正しい情報に基づいた申請を行うことを心がけるようにしましょう。