キャッシングの利用履歴で住宅ローンの審査が通らない?何か影響は出るの?

 

キャッシングを利用しただけでは傷はつかない

 
お金が足りないからキャッシングを利用してみたい、でも一歩踏み出せない人は少なくありません。

なぜ躊躇してしまうのか、その理由の中でも多いのが「キャッシングを利用すると信用情報に傷がついてしまうのでは?」という不安です。

例えば将来マイカーやマイホームを購入するときに、ローンを組みたい、でも信用情報にキズがあれば融資を受けられなくなるかも、と思えばキャッシングを組みたいけれども組めなくなります。

キャッシングを利用しただけでは、基本的に信用情報に傷のつくことはないです。

キャッシングを利用しても、きちんと返済期日までにお金を返していれば問題はありません。

ただしもし返済を延滞しているようであれば、信用情報に傷のついている可能性があります。

1回くらい滞納したのであればうっかり忘れていたからではないかということでそれほど致命的な傷にはなりません。
しかし2~3回くらい滞納が記録されていると、お金にルーズな人と思われてしまって信用力は下がります。

さらに3か月以上の延滞や債務整理をすると、信用情報に事故情報が登録されます。
これはいわゆるブラックリストに載った状態で、まともな所でローンを組むことは不可能になりますから、キャッシングを利用したら約束通り返済するように心がけましょう。

中には借金を返済するために、他のキャッシングで借り入れをするといったような自転車操業状態に追い込まれている人もいるでしょう。
どこでいくら借り入れをしたかは信用情報に記載されるので、借りたお金でほかのキャッシングの返済をしていることはなんとなく推測できます。
そのようなお金の借り方をしていると、信用度は著しくダウンしてしまうでしょう。

 

キャッシングの履歴があると住宅ローンが組めない?

 
普通に仕事をしている人がマイホームを購入するときに、住宅ローンを組むというケースは多いはずです。
よくキャッシングを利用すると、住宅ローンが組めなくなるという話がありますが、これは本当でしょうか?

結論から言ってしまうと、キャッシングを利用しているだけで審査に落とされることはないものの、マイナスの影響を与える可能性は十分あります。

特に現在進行形でキャッシングの借入があると、「キャッシングの返済でいっぱいいっぱいになってしまってこちらにお金を回す余裕がなくなるのでは?」と懸念されてしまいます。

住宅ローンの条件が厳しくなるとか、借り入れ状況によっては最悪融資そのものが受けられなくなることもあります。

住宅ローンを組もうと思っていて、キャッシングの残債があれば、まずはこちらを完済することが優先です。
借金のないきれいな状態で住宅ローンの審査を受けた方が、思い通りの融資を受けられるでしょう。

もしかつてキャッシングを利用して、今現在お金を借りる必要性が当面なければ、キャッシング会社の契約を破棄することもおすすめです。

現在キャッシングでお金を借りていなくても契約が残っていて、一定の借入限度枠が設けられているとします。
この場合住宅ローンの融資をする金融機関の中には、「今後キャッシングでお金を借りるかもしれない」と考える可能性があるからです。

特に借入限度枠が100万円単位の大型のものであると、審査が厳しくなる傾向がありますから解約できるものは解約しておくのがおすすめです。

ローンを組む際には、決められた期日までにきちんと返済してくれる信用力のあるなしが重視されます。

キャッシングの利用状況によっては、お金にルーズな人と判断され、審査にマイナスの影響を与える可能性のあることは頭に入れておいた方が良いです。