連続申し込みは不利になる?立て続けにカードローンに申し込んでもよいのでしょうか

カードローンに連続して申し込むと審査の結果に影響するのでしょうか?

お金がどうしても必要な場合などには、保険の意味で複数の金融機関に申し込むという人がいるようです。
またカードローンの審査に落ちてしまうとすぐに別のカードローンに申し込むという人もいます。
カードローンに連続して申し込むと審査の結果などには影響するのでしょうか。

申し込みの履歴は信用情報として記録されます

カードローンに連続して申し込むことは、正直あまりおすすめすることはできません
それは信用情報に理由があります。
申込者の借り入れ状況や過去の支払の履歴などを金融機関が記録して、これを自由に閲覧することができるのが信用情報です。
カードローンへの申し込みを行うとそのことについても信用情報として記録されますので、金融機関は審査の際に信用情報を閲覧することで申し込みの履歴を確認することができます。
金融機関はあなたのこれまでの申し込みの状況などを簡単に知ることができるのです。

連続申し込みをするとお金に困っていると判断されます

カードローンの審査の際には、金融機関は信用情報機関に情報の照会を行います。
このときに短期間に複数のカードローンに申し込んだ記録があれば、金融機関はあなたのことを「お金に困っている」と判断するのです。
具体的には多重債務であったり、借金をして借金を返済する自転車操業であると判断されることになります。
返済不能の可能性が高いとして、審査には通らなくなってしまうのです。

1社づつカードローンの申し込みを行うようにしましょう

このようにカードローンに立て続けに申し込むと、連続申し込みが原因で審査には通らなくなってしまいます。
お金に困っている場合などには複数のカードローンに申し込みたくなるかもしれませんが、短期間の間に複数のカードローンに申し込むことはおすすめできません。
すぐにお金が必要な場合などには即日融資に対応しているカードローンに申し込んでみてください。
このときには必ず1社づつ申し込むようにしましょう
即日融資が可能なカードローンであれば審査は30分ほどで終了しますので、審査の結果を確認してから次の申し込みを検討すればよいのです。

一度審査に落ちたカードローンに再度申し込むとどうなるのでしょうか?

一度審査に落ちてしまったカードローンについては、その後再度申し込んでもやはり審査に落ちてしまうことが多いようです。
立て続けに申し込んでみても結果は変りませんし、むしろ連続申し込みによって状況は悪くなってしまいますのでくれぐれも注意してください。

一度審査に落ちてしまったカードローンに再度申し込んでみたいのであれば、少なくとも半年以上の期間を空けてから申し込むようにしましょう。

あなたの状況が良い方向に改善されていれば、審査に通過することができるかもしれません。

審査ではどのような項目が重視されるのでしょうか?

カードローンの審査に通過するためには、確実な返済のための能力が必要になります。具体的には「安定した収入」「返済能力」「明確な居住地」の3つの条件を満たしていることが必要なのです。
安定した収入があれば延滞などの可能性は低いと判断されますし、また返済能力が毎月の出費や家族構成などから判断されることになります。
さらに明確な居住地を運転免許証などから確認することができれば、いわゆる夜逃げなどの可能性も低いと判断されるのです。
カードローンの審査に落ちてしまったという場合にはいきなり次に申し込むよりも、これらの3つのポイントを少しでも改善することを考えてみましょう。
そうすれば次の申し込みの際には、審査に通過することができるかもしれません。