光熱費が支払えないとライフラインが止まる!一時的立て替えはカードローンをご利用ください

電気、水道、ガス。これらの「インフラ」は日常に欠かせないライフラインです。
しかし、つい延滞してしまい、配給を止められてしまうことも。

「どうしても今月支払えない」
「延滞してしまった」
「すでに止まってしまったのに、手持ちがない」

そんなお悩みを抱えている方、ご安心ください。
万一の時はカードローンを利用しましょう

この記事では、公共料金の管理元延滞時の請求対応
配給停止の条件などを紐解きます。
その上で、ピンチを助けるカードローンについてご案内します。
      

水道光熱費とは?

水道光熱費とは電気・水道・ガス代のことを指します。「生活を送るのに必要最低限の経費」と言えますね。

これらにはそれぞれ管理元があります。基本料金に使用料金が上乗せされて、毎月の必要経費になっていきます。

電気・ガスは民営化されました。以後、いくつかの管理元が存在しますが、根本的な違いはありません。

共通しているのは、「誰にとっても必ず必要な経費である」ということです。

水道光熱費を管理しているところ

CM・ニュースなどで、東京電力や九州電力といった名前に馴染みがありませんか? 東京都水道局や東京ガス、プロパンガスなど。

多肢に別れていますが、お使いのサービスは電気・水道・ガス共に一社のはずです。
水道以外は、民営化されて多企業が市場を争っています。

ここでは、それぞれの管理機関と配給事情を見ていきましょう。

水道代を管理しているのは?

水道は、「水道局」という一元的な管理機関によって統一されています。各地方公共団体が運営しており、電気・ガスと違い、民営化はされていません。

水道は、ダム建設や河川・水路に関わる国家的事業が支えとなっています。
また、雨量によって配給可能な総量が変わることもあり、なかなか民営化に踏み切ることができないという実情があります。

新宿区水道局、渋谷区水道局というように、各地域の公共機関が担当しています。

電気代を管理しているのは?

 
大手電力会社と言われる企業が、市場の多くを占めています。東京電力、九州電力、関西電力などです。

しかし、民営化以後、数多くの電気供給会社が成立しました。一般に、これら新企業の提供するプランの方が安いと言われています。

2018年2月現在、新電力シェア第11位の「Looop」は基本料金がゼロ、使用量だけを請求する画期的なサービスを発信しているよ。

電力会社がいくつもあるなんて知らなかった……。

ガス代を管理しているのは?

ガスも民営化し、「都市ガス」と「LPガス」に二分されました。東京ガス、プロパンガスといった名称に聞き覚えがあると思います。

都市ガスは道路下のガス管を通じて供給され、LPガスは業者がボンベを配送しています。
配給方法だけでなく、原料、料金も違いますが、家庭のコンロや給湯に不可欠という点で違いはありません。
 

光熱費を払わないとどうなってしまう?

納が連続で重なった場合、配給停止となってしまいます。電気・水道・ガスがそれぞれ使えなくなるのです。

ガスが止まった場合は、コンロ・お湯が使えないだけで済みますが、電気が止まればトイレを流すこともできません。

それぞれが密接に関わり合って、生活を支えるライフラインとなっています。止まってしまった場合、日常生活を送ることが困難になるでしょう。

ここでは、滞納時におけるそれぞれの対応や、支払い方法を紹介していきます

水道代の滞納

水道代が未払いの場合、滞納期間に応じた書類がその都度送られてきます。各自治体によっても違いますが、その内訳をみていきましょう。

1. 「催促状」― 納付期限の一ヶ月後
延滞後、初期の対応です。滞納が続くと給水停止の可能性がある旨が記載されてあります。バーコードがついており、コンビニで支払うことができます。
2. 「勧告状」― 催促状からおよそ二週間後
内容はほぼ同じですが、給与差し押さえもありうるといった文面に変わっています。
3.「給水停止予告状」― 勧告状からさらに二週間後
納付期限から合わせて二ヶ月後。給水停止までの最後のステップで、期日が定められています。
この最終納付期限を過ぎてしまうと、数日以内に水道が止まり、「給水停止通知書」が手元に残ります
こうなると、支払いはコンビニではなく営業所窓口で支払うことに

また、未払いの水道代全てを納付しなければ給水開始できないケースもあるようです。
遅延金が発生する自治体もあるので、こうなる前の段階で支払っておきましょう。

電気代の滞納

電気代は、三ヶ月間滞納すると催促状が届きます。その催促状には配給停止期日が記されていて、支払えなかった場合、通電停止となります。

例えば1月の請求に対応できなかった場合、2月の請求時に「1月分が未払いである」旨が記載されます。
それも対応できずにいると、同じく3月に二ヶ月分の未払いが存在する旨が届きます。
3月分も支払いができずにいると催促状が届く、という流れです。

ライフラインの中でも、特に電気は大切です。電気が止まってしまうと、全てが不便になってしまうでしょう。

お風呂、トイレのみならず、携帯・スマホの充電が出来ず、仕事や人間関係にも差し支えが出てしまいます。電気代は、最優先の経費と言えるのではないでしょうか。

タンク付きのトイレだったら、電気が止まっても流せるけど……。

うちのトイレはタンクレスだから、止まったら大変!

ガス代の滞納

ガスの場合、支払い期日から一ヶ月後に催促状が届き、次の月の支払い期日も守らなかった場合、配給停止になる場合が多いようです。
ただし、都市ガスなのかLPガスなのかによって、対応が違うケースがあります。

一般に、停止期日は「約二ヶ月後」となっていますが、LPガスのほうが「対応が厳しい」傾向にあります。中には、期日から一ヶ月後に配給停止する会社もあるようなので、注意しましょう。

配給停止になる方の多くに、自分が契約しているガス会社が分からないというケースもあるようです。引越し前後で契約ガス会社が一緒とは限りません。必ず確認しておくようにしましょう。

また、ガスの場合は開栓に立ち会いが必要になるので、再開までの手間が余計にかかってしまいます。

光熱費の平均はどれくらい?

誰しも支払っている光熱費。平均金額はどれくらいなのでしょうか?
生活環境や時期によっても大きな変動がありますが、ご参考にしてください。

  1人暮らしの平均 2人暮らしの平均 3人(以上)暮らしの平均
水道代 ※1 1,938円 4,222円 6,869円
電気代 ※2 4,199円 8,933円 11,098円
ガス代 ※3 3,307円 5,125円 6,217円

※1
 水道代は二ヶ月分が一度に請求されます。ここでは月額を記しています。総務省調べ。
※2,3
 エネチェンジの調査結果を参考にしています。

1人暮らしだと、光熱費はおよそ9.000~10.000円/月になることが分かるね

1年だと……。約12万円にもなるんだね。
 

水道光熱費が支払えない時こそカードローンを活用

生活のライフラインである電気・水道・ガス。その費用は、必要最低限の「生きるための経費」と言えるでしょう。
たった数千円ですが、数カ月分が積み重なれば、それなりに大きな額になっていきます。仮に3ヶ月未払いなら、約3万円必要だということが分かりました。

「今すぐに払わないと止められてしまう」
「油断していたら、それなりの額になってしまった」
「でも手元にお金がない」

そんな時に活用できるカードローン
ここからは、ご利用になる上でのポイントをご紹介していきます。

少額での借入れがおすすめ

「借入」というと、「借金」というイメージが強く、なかなか頼りづらい側面もあると思います。ですが、光熱費にあてる程度の借入であれば、プランによって低金利・無利息で借りることも可能です。

大きな額となると審査も厳しいですが、5万円未満の借入なら審査も通りやすく、返済も安心です。

最短即日で借入れできるカードローン会社を選ぼう

緊急の光熱費支払いということであれば、即金性が高い業者を選びましょう。
大手金融会社はどこもweb審査・即日振込を取り入れていますが、中でも無利息期間のある会社がぴったりですね。

消費者金融会社ならプロミス銀行カードローン会社ならレイクがおすすめです。

消費者金融のプロミス


ここがポイント
審査時間は最短30分
30日間無利息サービスあり(初回のみ)
金利が他社より0.2%低い

金利が低いことは大きなメリットですが、30日間の間に返済してしまえる額を借入することが大事です。あくまで光熱費分の借入をおすすめします。

また、プロミスには「瞬フリ」というサービスがあり、三井住友銀行やジャパネット銀行の口座をお持ちの方は、土日祝でも着金可能です。

とはいえ、光熱費会社は土日祝お休みです。この間に配給停止になることはありません
同じ消費者金融であるアコムにも、初回のみの30日間無利息サービスがあります。

銀行カードローンのレイク


ここがポイント
審査時間は最短30分
30日間無利息サービス(初回のみ)
5万円まで180日間無利息サービス(初回のみ)
一週間無利息キャッシング「ノーローン」(回数制限なし)
 
少額・短期・無利息ということを鑑みれば、レイクが一番おすすめです。
とくに「ノーローン」は、一週間以内に給料日を迎える方にとって、打ってつけのサービスといえるでしょう。

光熱費の支払いでカードローンを利用する際の疑問点

光熱費支払いが前提の借入」をご案内しましたが、いくつか疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

光熱費支払いが前提なら、審査が甘くなるのでしょうか?
そもそも光熱費を延滞しているから、信用情報に傷がついているのでは?

いかなる目的でも、貸し出す会社にとっては同じ「貸付」です。本項では、借入における最大の疑問。「審査」について、ご案内します。

光熱費を延滞したらカードローン審査に影響はある?

 
厳密に言えば、電気・水道・ガス代の延滞が信用情報に関係するか否か、ということになります。

これは「支払い方法をクレジットカードにしている」場合にだけ影響があります
電気・水道・ガス会社からではなく、契約しているカード会社から、信用情報機関に連絡がいくのです。

「光熱費の延滞」ではなく、「カード引落しの延滞」が、カードローン審査への影響を及ぼす可能性があります。
 
ですから、コンビニ支払いや口座引落にしている方の信用情報は、延滞していても傷にはなりません

光熱費の支払いならカードローン審査を通過できる?

「光熱費の支払い」だから審査が楽になるということはありませんが、「少額の借入」だから通りやすいということは十分にあります。

ただし前項のような理由で信用情報に懸念がある方や、複数社からの借入がすでにある方は、その分だけ借入しづらくなる場合があります。

必ず借りられるという保証はありません。
まずは各社のweb審査から、ご確認してみてはいかがでしょうか。

光熱費の節約を試してみよう

一人暮らしでも、年間にして約12万円も必要な光熱費。
一度一度は数千円規模だから気付きづらいですが、年換算すると大きな出費です。

困ったときにはカードローンがありますが、普段から節約できるなら、それに超したことはありません。

夏や冬のエアコン、ついつい使いすぎてしまう水道など……。

ここでは、光熱費節約の有効的な手段についてご案内します。 

クレジットカード支払いにしている場合、ポイント還元等の特典が付くよ。結果的に節約へ繋がることもあるみたいだ。

信用情報があるからクレジットにしない方がいいと思ったけど、そんな利点があるんだね!

水道代の節約

水道料金は、どなたでもほぼ同じはずです。各公共団体が管理元ですから、大きな違いはありません。

東京都水道局のデータによると、一般家庭での利用水量は一人あたり1日224リットル程
内訳は、「お風呂」が40%、「炊事・選択」が30%、「トイレ」が20%です。

 ・「浴槽」のお湯の入れ替え頻度を下げる
 ・「シャワー」で節水ヘッドを使う
 ・「トイレ」での洗浄水量を抑える

これだけでも数十リットルの水を節約することができます。
無意識に流し放しにしてしまいがちな水道の使い方。見つめ直してみると、様々な改善点がありそうです。

電気代の節約

各光熱費を見てみると、電気代が半分程度を占めていることが分かります。
生活に一番に根ざしていることもそうですが、家電そのものの電力消費や、その使い方によって「無駄」が多くなってしまうことも原因です。

 ・照明器具をLEDに買い換える
 ・古い洗濯機や冷蔵庫を買い換える
 ・サーキュレーターと合わせてエアコンを使用する
 ・エアコンのフィルターを掃除して効率を上げる
 ・テレビやPCの明るさを下げる
 ・炊飯器やポッドの保温時間に注意する

これだけで年間1~2万円の節約に繋がるようです。
また、民営化により、もっとも多肢に渡る企業が成立しているのが電気です。

自分の生活サイクルに合った電気会社を探してみるのも一つでしょう。

ガス代の節約

都市ガスとLPガスを比べた場合、公共ということもあり都市ガスの方が安く設定されています。その差はなんと、2.2倍にも及びます。

都市ガスはガス管から、LPガスはボンベによって配給しています。
従って、LPガスの方が災害時に強いという特徴がありますが、料金だけでみると、都市ガスに変更するのが確実な手段と言えます。

また、どちらであっても使い方は同じですから、節約の仕方も共通しています。

・追い焚き機能の使用回数を減らす
・浴槽には必ず蓋をする
・シャワーの時間を短くする
・可能な限り中火で調理する
・洗い物は可能な限り冷水で行う

水道でも触れたシャワーヘッドも、ガスの節約に繋がります。
このように3つのライフラインはそれぞれが密接に関わっていますが、思い切ってオール電化に変えてしまうのも一つの手でしょう。

無駄遣いをなくせば、特に工夫がなくても大幅な節約ができるよ。

当たり前に日常にあるものだからこそ、大切に向き合っていきたいね。

まとめ

生活のライフラインである電気・水道・ガス。
その「必要経費」は、積み重なれば大きな額になっていきます。

普段のこまめな意識付けで大きな節約も可能ですので、色々な工夫をお試しください。

各会社の請求方法や、滞納時の対応をしっかり把握していれば、「とにかく配給停止だけは免れる」ということも可能です。

ですが本当にピンチの時、真っ先に解決すべき大きな出費になってしまうことも事実。
そんな時は、少額・低金利・無利息のカードローンが、あなたの助けになるかもしれません。