カードレスキャッシングはメリット多数、対応の注目カードローン4選紹介!

カードレスキャッシング

この間、カードケースに入れ替えしたのすっかり忘れてて財布にローンカードがないって慌てちゃいました

失くしたわけじゃなくて良かったね、ただローンカードの管理が大変ならカードレスでもいいんじゃない?

カードレスってカードなしってことですよね?カードがないとカードローンの利用できないじゃないですか!

ご存じないなら、カードレスキャッシングを詳しく紹介してあげよう。いかに便利かがよくわかるはずだよ

カードレスキャッシングができるカードローンについてわからないことがあり、こまっていないでしょうか。

カードレスキャッシングに対応しているカードローンはどれか、利用するメリットはあるのかなど、疑問に感じているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、カードレスキャッシングのメリットや注意点、おすすめの選択肢、そしてスマホATM取引についても合わせて解説します。

最後まで読めば、カードレスキャッシングに関する疑問を全て解消できるので、参考にしてください。

カードレスキャッシングってなに?

カードレスキャッシングとは、ローンカードが手元になくてもキャッシングのサービスを利用できる方法です。

通常のカードローンは、ローンカードを郵送や自動契約機(アコムなど、対応するカードローンに限る)などで受け取ってから利用しなければいけません。

しかしカードレスキャッシングならその名の通り、対応する金融機関を登録してWeb完結で申込むことにより、ローンカードを手に入れる手間をかけずに利用を開始できます。

ちなみに、ローンカードは後から発行することもできるので、ローンカードでのカードローン利用を併用したい場合も心配ありません。

カードレスでキャッシング利用する3つのメリット

質問なんですけど、カードレスのキャッシングって利用するメリットは何ですか?

良いところに気づいたね、それじゃあカードレスを利用することでのメリットを解説しよう

カードレスでキャッシングを利用するメリットは、以下の3つです。

  • ローンカードを紛失する心配がない
  • インターネットからすぐに、指定口座へ必要額を振り込んでもらえる
  • 手元にローンカードがなく、郵送物もないので、誰にも利用がバレない

それぞれ解説するので、自分にとってカードレスキャッシングが役立つかどうかの参考にしてください。

カード紛失の心配がない

カードレスでキャッシングをするなら、カードを紛失する心配がありません。

手元にローンカードがあると、カードを入れている財布を落とす、盗まれるなど様々なトラブルによってカードを紛失する恐れがあります。

しかしカードレスキャッシングなら、Web上で借入れ・返済をするしくみなので、誰かに契約中のカードローンサービスを勝手に使われる心配を大幅に軽減できます。

ネット手続きで指定口座へ直接振込

カードレスキャッシングならスマートフォンやパソコンを使ってすぐに必要金額を振り込んでもらえるので、店舗やATMに足を運ぶ手間・時間がかかりません。

口座は指定できるので、例えば「クレジットカードの利用額の引き落としを翌日に控えているけど、金額が足りない」といったケースにも対応できます。

一部のカードレスキャッシング(アイフルなど)では、電話で口座番号を伝えることでの振込手続きもできます。

インターネットが使えない環境で借り入れをしたい場合でも、安心でしょう。

誰にもバレる心配がない

カードレスでキャッシングをするなら、誰にも利用がバレません。

カードが手元にあると、部屋に置いていたローンカードを見られる、家族などがこっそり財布を覗いた結果ローンカードの存在がバレるなどのリスクがあります。

郵送物があると、届いた荷物を開けられて利用がバレる…などのトラブルも起こりかねません。

しかしカードレスならローンカードは発行されず、自宅へ郵便物が届くこともないので、利用がバレることはないのです。

カードローンでは、申込時に職場への在籍確認が行われますが、かかってくる電話は個人名義、消費者金融を名乗ることはないので、心配無用です。

目次に戻る

カードレスキャッシングができるおすすめカードローン4選

肝心のカードレスキャッシングのできる金融機関が知りたいです

よし、それじゃあカードレスキャッシングができるおすすめの金融機関を紹介しよう

カードレスキャッシングができるカードローンの中でおすすめなのは、以下の4種類です。

  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アイフル
  • レイクALSA

いずれもローンカード無しで利用できるので、それぞれの特徴をチェックして、自分に合う選択肢を見つけてみてください。

SMBCモビット

三井住友銀行などが含まれる、SMBCグループが展開しているカードローン・SMBCモビット。

SMBCモビットの基本情報は以下のとおりです。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分(10秒簡易審査はローンカード発行時)
無利息期間 なし

Web完結ではスムーズに審査を終えられる10秒簡易審査を利用できないものの、郵送物・電話連絡もなく最短30分で審査完了・即日融資を受けられるので、急いでいる場合でも安心でしょう。

利用開始までの時間を短く抑えたい方は、SMBCモビットのWeb完結申込みを検討してみてはどうでしょうか。

プロミス

自営者向けのカードローンやレディースローンなど、様々な人に向けたキャッシングサービスを取り揃えている消費者金融会社、プロミス。

プロミスはWeb完結対応、郵送物なしでスムーズに審査を終え、最短60分ほどでキャッシングを開始できます。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
無利息期間 30日間

さらに初めての契約なら、30日間の無利息サービスがあり、金利の発生無しで利用できるのも見逃せません。

カードレス希望に加えて、まだカードローンを使ったことがなく、無利息サービスを利用し安心して使い始めたい方には、プロミスがおすすめです。

アイフル

レディースローンやおまとめローンなど、様々な金融商品を展開しているアイフル。

アイフルのカードローンもカードレスキャッシング対応で、来店不要・郵送物なしで利用できます。

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 1秒診断
無利息期間 30日間

さらに公式サイトの1秒診断を利用すれば、事前に融資可否を判断できます。(ただしあくまで結果は目安、融資可能と判断されても本審査では落ちてしまうこともあるのでご注意ください)

初回契約時は30日間の無利息期間もあり、安心・お得に利用開始、使い方を覚えていけます。

審査結果をすぐに知り、Web完結ですぐにキャッシングの利用を開始したい方は、アイフルも要検討と言えるでしょう。

レイクALSA

新生銀行グループが手がけるカードローンサービス・レイクALSA。

レイクALSAは申し込みから最短60分で融資可能、Web完結を利用してカードレスで利用できます。

SAレイクALSA

実質年率 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 申込後最短15秒
無利息期間 30日間

契約額が200万円なら、他社の6倍程度となる180日間無利息での利用ができてお得です。

(ただし5万円以上借り入れする場合は、超過分に対して通常金利が適用されます)

無利息期間を長くしつつ、カードレスキャッシングを行いたい方は、レイクALSAを申込んでみてはどうでしょうか。

目次に戻る

スマホATM取引にも注目

カードレスと言えば最近、話題のスマホATM取引にも注目だね

聞いたことあるような、どんなサービスでしたっけ?

ここまで紹介したカードレスキャッシングは「Web上などから指定口座へ金額を振り込んでもらう」サービスでしたが、他にスマホATM取引というサービスも展開されています。

ここからは、スマホATM取引の特徴や、利用できるカードローンを紹介します。

スマホATM取引とは?

原則24時間365日、カードレスで取引が可能になっている。

スマホATM取引は、セブン銀行のATMを使って、スマートフォンを使って借り入れ・返済を行えるサービスです。

利用方法は簡単で、以下の2つの手順を順番に進めればOKです。

  1. セブン銀行ATMに表示されたQRコードを、契約しているカードローンのアプリで読み取る
  2. アプリに表示された暗証番号の入力などを行って、借り入れ・返済をする

スマホATM取引は基本的に24時間・365日いつでも利用可能で、銀行や消費者金融の営業時間を気にせずに、カードレス取引を行えます。

近くにセブンイレブンなどのセブン銀行ATM設置店舗があり、足を運んですぐに借り入れを行いたい方は、スマホATM取引の利用も検討してみましょう。

スマホATM取引のできるカードローン

スマホATM取引は、今回紹介した以下の4つのカードローン全てが対応しています。

スマホATM取引対応の金融機関
  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アイフル
  • レイクALSA

口座への振込でなく、アプリを使ってその場で出金・入金をしたい場合は、どれを選んでも問題なくサービスを利用できるので安心です。

専用アプリをスマートフォンでダウンロードして、セブン銀行ATMへ足を運びましょう。

カードレスキャッシング利用の2つのデメリット

カードレスの利用がとても便利なのはわかったんだけど、デメリット的なものって何もないの?

そうだね、便利ゆえのデメリットと呼べるものがあるかな、詳しく紹介しよう

カードレスキャッシングのデメリットとして考えられるのは、以下の2点です。

  • お金を借りるために、カードローン指定の口座が必要
  • コンビニATMを利用して借入額を引き出す場合は、待ち時間や手数料など手間がかかる

それぞれ解説するので、デメリットについてもしっかり理解しておきましょう。

指定の口座を用意する必要がある

カードレスキャッシングでは指定した口座へお金を振り込んでもらうため、利用にあたってカードローン会社側が対応している銀行口座の用意が必要です。

もしも対応できる口座が手元にない場合は先に開設しなければならず、借り入れ可能になるまで1週間以上など長い待ち時間が発生してしまいます。

例えばプロミスの「瞬フリ」では最短10秒で振込可能、以下の5つの銀行口座のうちいずれかがあれば、24時間振込可能と、サービスの充実度が高いです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行

上記以外にも瞬フリ対応の金融機関は数多いですが他の口座を利用する場合は、時間帯などによって振込みまでの待ち時間が長くなってしまうこともあるので、注意しなければいけません。

コンビニATMの引き出しに手間がかかる

通常のローンカードを使って借入を行う場合、対応のコンビニATMへ出向きカードを使って引き出すだけなので特に面倒な手間なく借入できるのが便利。

しかし、カードレスキャッシングの場合、コンビニへ出向く前にまず振込キャッシングの依頼をする必要があるのです。

早い話が、通常のカードローンに比べて1度、キャッシング依頼の手続きが必要になるため手間がかかるということです。

場合によっては手続きに時間も取られるので今すぐにでもお金を引き出ししたいと思っている方には、手間がかかって面倒でしょう。

カードレスキャッシングの返済方法に関して

カードレスキャッシングで借り入れた金額の返済は、指定口座からの引き落としで行われます。(利用している金融機関によっては、手順が異なるケースもあります)

わざわざ店舗へ来店したり、ATMで入金したりする必要はありません。

後からローンカードを発行したとしても、申し込んだカードローン会社によっては口座引き落としでの返済を利用できます。

口座引き落としなら多忙などを理由に返済が遅れてしまうトラブルを回避できるので、安心でしょう。

ただし、カードレスキャッシングをしている際に臨時返済を行いたい場合は、インターネットから返済手続きを行う必要があることにご注意ください。

まとめ

今回は、カードレスキャッシングの特徴やメリット・デメリット、おすすめのカードレスキャッシング対応カードローンなどについて解説しました。

最後に、記事の要点を3つにまとめます。

ここがポイント
  • カードレスキャッシングならWeb上で郵送物なしで申し込み、すぐに利用を開始できる
  • カードレスキャッシングの利用には、対応する銀行口座が必要
  • スマホATM取引なら、セブン銀行ATMでスマートフォンを使って借り入れ・返済ができる

カードレスキャッシングに興味を持っている方は、今回の解説を参考に特徴を理解し、今後に役立ててください。