カードローンを借りている学生でも就活に影響しないことを解説します!

就活に挑む男性の写真

これから就活を勧めていくにあたり、今までカードローンやローンを利用していたことが不利にならないか心配ではないでしょうか。

過去の借り入れをチェックされた結果、希望する会社に入社できなかったら困ってしまいますよね。

特に銀行や証券会社だとカードローンやクレジットカードなどを取り扱っているので、「厳しくチェックされてしまうのでは?」と心配でしょう。

結論から先に言いますと、カードローンやローンはほとんどの場合就活に影響しないので心配は必要ありません。

今回は、就活におけるカードローンやローンの影響について解説します。

この記事を読み終えれば、過去にカードローンなどを利用していたとしても安心して就活を始められますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

カードローンやローンを組んでいても就活には一切支障はない

就職活動の際は過去の経歴を詳しくチェックされますが、カードローンやローンの利用についてわざわざチェックされることは基本的にありません。

カードローンなどの支払い情報をチェックされるのはクレジットカードやカードローンなどを申し込む時であり、一般企業における就活の際に信用機関に保存されている情報をチェックされることはないのでご安心ください。

一般企業、金融業界の信用情報機関とのつながりについて

現在カードローンを利用していて、なおかつ就活中の方は、「影響がない」と言われてもなお心配は消えないでしょう。

一般企業と金融業界の信用情報期間の繋がりを知れば、心配をより緩和できます。ここからは、一般企業と金融業界の信用情報機関の繋がりを解説します。

一般企業はリスクを負ってまで応募者の信用情報を選考の材料にしない

そもそも、一般企業が勝手に信用期間に保存されているクレジットカードやカードローンなどの利用状況に関する情報を調べるすべはありません。

信用情報を調べられるのは基本的に金融業界の会社のみで、あとは自分自身がCICなどに保存されている信用情報をチェックできるのみです。

金融業界と関係ない会社は、本人からの同意を得られない限りカードローンなどの利用状況を調べることはできません。

手間がかかる上に、まったく業務と関わりのない企業が「カードローンの利用情報を教えて欲しい」と質問してきたら応募者に怪しまれてしまうでしょう。

つまり、一般企業はわざわざカードローン等に関する信用情報を選考の材料にはしないっていうことですか?

そうだよ。でも、万が一応募した企業で信用情報を調べる同意を求められたときに、情報を見られたくないのであれば、サイン等の同意手続きを拒否するようにするべきだね。

信用情報機関の個人情報は法律で守られている

個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を得ないで、前条の規定により特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。

引用:個人情報の保護に関する法律第十六条

以上のとおり、信用機関に保存されている個人情報は法律でしっかり守られています。本人の同意がなければ、企業など他の人が情報を勝手に覗くことはできません。

また、一般企業が法律に違反してまで信用機関の個人情報を調べるのはリスクが大きすぎるので、現実的ではありません。

一般企業に入社を希望するにあたり、応募者が勝手に信用情報を調べられてしまい、採用において不利になってしまうことはないと考えて良いでしょう。

金融系の会社は独自に調べられる方法を持っている可能性あり

一般企業ではなく金融系の会社の場合は、独自に信用情報を調べる方法を持っている可能性が0ではありません。

例えば、以下の3つのタイプの会社は普段から信用情報をチェックできる環境が整っていることもあり、応募者の信用情報を調べられる可能性があります。

  • 証券会社
  • 銀行
  • カードローン会社

勝手に調べられた結果採用されなくなってしまう可能性があるものの、応募者には調べられたことがわかりません。つまり気にしても仕方がありません。

銀行やカードローン会社などの面接や試験を受ける際は、信用情報を勝手にチェックされる可能性があることを理解した上で臨みましょう。

絶対に信用情報を確認されたくない場合は、他の業界の会社を希望しましょう。

もし調べられたときに採用に響くか不安!不利になるのはこんな人

考える男性の写真

最後に、勝手に信用情報を調べられてしまった時に不利になるのはどんな条件に当てはまる人かを解説します。

カードローンの利用=悪いことではありません。適切に使っているなら、仮に信用情報を調べられてしまったとしても採用には響かないのでご安心ください。

多重債務をしている

複数のカードローン会社などから借入をした結果返済が難しくなってしまっている「多重債務」者は、悪印象です。

多重債務は、支払いを正しく行う自己管理ができていないことの証明です。

多重債務の状態が続いた結果どうあがいても返済できない状況に陥り、自己破産などのトラブルに繋がってしまうかもしれませんよね。

周りの人たちとの間でも金銭トラブルが発生して迷惑がかかってしまう可能性があるため、信用情報を調べられた時に多重債務に当てはまっていると、採用において不利に働いてしまうでしょう。

多重債務をしているため採用において心配がある人はできる限り返済をし、借り入れ額を減らしたうえで就活をしましょう。

長期延滞・長期滞納(3ヶ月以上)をしていない

カードローンの返済を期日までに行わず3ヶ月以上の延滞や滞納をしている場合も、信用情報を確認された際に不利です。

カードローンを展開するなどお金のやり取りをしている会社の社員自身が延滞や滞納をしているようでは、会社のイメージも悪くなってしまいます。

長期滞納をしてしまっている方は、大至急滞納額を支払い、借金がない状態にしてからの就活がおすすめです。

そもそも就活と関係なく、借りたお金は正しく期日までに返済しなければいけません。

利息が膨れ上がり返済できなくなると大変ですし、他のローンやクレジットカードなどを申し込めなくなり、生活においても不利になります。

債務整理をしたことがある

最近借金を返せなくなるなどして債務整理をした方は、金融業界での就活において信用情報を勝手にチェックされてしまった際に不利に働く可能性があります。

債務整理を既にしてしまった場合、とくにできることはありません。強いて言えばこれからカードローンやクレジットカードなどを申し込んで利用する際は、また債務整理をしてしまわないように気をつけて正しく使うようにしましょう。

債務整理をしている場合は、金融業界と関係なく信用情報をチェックされる可能性が低い一般企業で就活をするのがおすすめだよ。

でも、本当に金融業界で働きたい場合は、一度挑戦してみるのも手ですよね?

そうだね!万が一ってこともあるからね!

まとめ

今回は、カードローン利用の就活における影響について解説しました。特に以下の3点は重要なので、ぜひ覚えておいてください。

ここがポイント
  • 一般企業における就活では、勝手に過去のカードローンの利用情報をチェックされることはまずない
  • 金融業界の会社だと勝手に信用情報を調べられる可能性があるが、応募者からは調査していることを知ることが不可能なので気にしても仕方がない
  • 正しく使っているなら、カードローンを利用していても不利に働くことはない

「利用中・利用していたカードローンが就活において不利になるのではないか」
「勝手に利用状況をチェックされるのではないか」
と心配な方は、今回の記事を参考に選考における影響を知っておき、安心して就活に臨みましょう。