カードローンの利用に年収は必須、その重要なポイントを詳しく案内!

カードローンは年収が重要

年収の低い人ってカードローンの利用できないんですか?

利用したことない人とか気にしがちだけど、実際はそんなことないんだ

そういえば私も低年収だけど借りれてる・・・。

やれやれ・・・じゃあ今回はカードローンと年収の疑問について知っていこうか!

カードローンを利用したいものの年収が低く、利用について様々な悩みを抱えていないでしょうか。

低年収でもカードローンは申し込めるのか、いくらくらいまで借り入れられるのかなど、不安は色々あるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、低年収な場合のカードローンの申し込み可否や申込みに関する疑問の解消、おすすめのカードローンの種類などについて解説します。

最後まで読めば、年収が低めの場合のカードローンの利用に関する疑問をすべて解消できるので、参考にしてください。

低年収だからカードローン審査に不安を持つ人は多い

カードローンを申込むにあたり、年収が低いことを理由に申込みに不安を持っている人はたくさんいます。

不安の要因になっているのが申込時の審査であり、年収が低いと審査に落とされてしまうのではないか、と考えられるためです。

しかし、実のところ年収が低い=カードローンは絶対に申込めないという決まりはありません。

年収が低くても、カードローンの審査に通って借り入れができる可能性は十分にあるのです。

どれくらいの年収があればカードローンからお金を借りられる?

単純な疑問なんだけどどれくらいの年収があれば借りられるものなんですか?

みんなそれが知りたい部分だと思うんだけどこれは決まりがないんだよ!

カードローンの申込みにおいて必要な年収には、とくに決まりがありません。

どの金融機関であっても、具体的に必要な年収を設定しているわけではないからです。

年収そのものは高いに越したことがありませんが、年収の金額の高さ以上に重要なのが、毎月しっかり安定した収入を得ていることです。

逆に月収が不安定だと今後急激に収入が減るなどの返済が滞る恐れがあるので、月々一定額を稼げている=毎月返済にお金を充てられることは年収以上に重要視されています。

カードローン審査において「年収」は重要

収入を得ていることが大事で年収はそんな大事じゃないってことね!

いや、それは違うよ!年収もかなり重要なポイントになってるんだ

年収以上に安定した収入が重要となるカードローンの入会審査ですが、もちろん年収自体も審査において重要な役割を果たしています。

年収の金額がカードローンの審査~利用開始までにどう重要となるのか、ここから詳しく解説します。

カードローンの融資限度額は年収によって決まる

消費者金融が展開しているカードローンの融資限度額(借りられる上限)は、総量規制というしくみがあるため、年収を元に決められます。

総量規制では「年収の3分の1」を借り入れの上限額に定めているので、例えば年収が600万円の方の場合、最高でも200万円までしか借入れができません。

さらに、他社からの借り入れ状況も審査時に確認されるしくみで、他にも居住年数や家族構成なども詳しくチェックされたうえで、上限額は慎重に決められます。

なお、銀行のカードローンを利用される場合は、総量規制の問題はありません。

その代わりに審査が厳しくなるので、カードローン会社以上に審査落ちの可能性は高くなってしまうと考えられるでしょう。

総量規制についてより詳しく知りたいなら以下を参照

銀行カードローンと総量規制の関係。総量規制を一から解説!

初めて借りる場合の融資額は低め

カードローンでは、初めて借り入れをする際に設定される融資限度額が低めになります。

これは年収が低い方だけが対象というわけでなく、高い年収であっても、基本的に上限額は低くなります。

その理由はまだ利用実績がなく、適切に借り入れと返済を行ってもらえる保証がないためです。

逆に返済遅延などのトラブルを起こすことなく利用実績を積み重ねていけばやがて融資の上限額が上がる可能性高くなります。

最初の内は設定された融資額で使っていくこととなるでしょう。

年収に関しての4つの疑問点

カードローンと年収の仕組みについてわかったかな?

その年収についてなんですけど別に幾つか気になる部分があります。

それじゃあ年収に関する疑問点をまとめてみよう

カードローンの申込み時に入力する年収に関しての疑問点には、主に以下の4つが挙げられます。

  • 年収の計算方法
  • 年収は手取りと支給額のどちらで申告する?
  • 転職した場合の、年収の計算方法は?
  • 年収はごまかすとどうなる?

それぞれ解説するので、チェックして疑問を解消してください。

年収はどうやって計算すればいい?

そもそも自身の年収はどうやって計算すればいいのでしょうか?

年収の計算方法はシンプルで、会社員の場合は1年間で会社から受け取った給料や賞与の金額を足していけばOKです。

計算していく金額は、税金や保険料が差し引かれる前の金額にしましょう。

金額は会社から支給された「源泉徴収票」に記載されている支給額から確認するのが簡単です。

ただし注意したいのは、支給された交通費は控除する必要があることです。

年収の額は手取りと支給額のどちらを申告するの?

年収の申告に関する疑問点で多いのが手取り分を申告するのか、支給額で申告するのかという声です。

その答えですが、年収として記入する金額は手取りでなく、現在の勤め先における支給額を選びましょう。

手取りとは実際に自分が受け取った金額、支給額は雇用主から相手に対して支払われた金額を意味します。

カードローンの審査申込時、入力を求められる年収は1年間の支給額の合計です。

カードローンの申込時に入力する情報は正確である必要があり、手取りを入力するとカードローン会社側の意図に反した情報を入力している=情報の詐称になってしまうことにご注意ください。

手取りを記入すると、各種税金や保険料が含まれた本来の支給額よりも金額が少なくなってしまうため、実際より年収が少ない状態で審査されてしまうのも難点です。

なおカードローン申込み時の年収の申告方法はかんたんで、申込み時の入力フォームの「年収」の欄に1年間の支給額の合計を入力すればOKです。

転職をした場合、どう計算すればいい?

では転職をした場合は、どうなるのか?

もし1年以内に転職している場合は、現職でもらっている月給×12ヶ月を年収として入力しましょう。

前職+現職の実際に支給された1年間の合計を入力するのは、前職が高給だったとしてもNGです。

理由は、実際に今後稼げる年収と異なった情報になってしまうためです。

なお、これから転職するために一時的に有給を消化している状態の人は、カードローンは申込めません。

有給消化は会社に在籍していて給料も発生している状態ですが、金融機関側には「失業」として判断されます。

安定した収入を得ていることが条件となるカードローンの申込みをしても、審査には落ちてしまいます。

年収をごまかしたらどうなる?

審査に通りたいがために年収をわざと高額にするなど、年収に嘘をついてしまうと、「虚偽」として扱われます。

もしも年収を偽っていることが発覚すると、審査に通ることはまずありません。

仮に審査に通ったとしても、後日発覚すれば強制解約になり、信用を失ってしまう可能性が高くなります。

カードローン申込時には、「貸金契約書」と呼ばれる書類を取り交わして、利用規約に同意する必要があります。

違約行為等に関する対処にも合わせて同意する形になっているので、強制解約などの処分から逃れる方法はありません。

申込み時は、金額が低く自分にとって不利かもしれないと感じても、正確な年収を入力しましょう。

目次に戻る

低年収の人にもおすすめできるカードローン3選

年収に関する疑問がスッキリしました

まだ何か気になるところとかあるかい?

そうですね~低年収の人でもおすすめできるカードローンとかないのかなって思います

それならおすすめになりそうな金融機関を幾つか紹介しよう!

低年収の人にもおすすめなカードローンは、以下の3種類です。

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット

それぞれのおすすめできる特徴を解説するので、自分に合う選択肢を探してみてください。

アコム

カードローンやクレジットカードなど、金融商品を多数取り扱っている大手消費者金融のアコム。

アコムは最短即日融資ができる審査の早さが魅力で、実質年率は3.0%~18.0%で展開されています。

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能
無利息期間 30日間
返済方式 定率リボルビング方式

アコムの場合、初めての利用者なら無利息サービスを利用でき、30日間は金利の発生をなしにできます。

さらにパート・アルバイトも利用可能と正式に謳われているので、年収が低い方にも申込みやすいと言えるでしょう。

申込み直後の金利を抑えつつ、スムーズにカードローンの利用を開始したい場合は、アコムを利用してみてはどうでしょうか。

プロミス

アプリを使ったコンビニATMでの手軽な借り入れ「アプリローン」や、自営業者向けの「自営社カードローン」など、様々な人に使いやすい金融商品を展開するプロミス。

プロミスは最短即日で融資を受けることが可能で、実質年率4.5%~17.8%と他の金融機関とは僅差ですが金利が低くなってます。

実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能
無利息期間 30日間
返済方式 残高スライド元利定額返済方式

プロミスもパートやアルバイトの人でも申込可能なので、年収が低くてもある程度安心でしょう。

さらに、特定の口座(三井住友銀行、ゆうちょ銀行など)があれば24時間いつでも口座に借入額を振り込んでもらえる「瞬フリ」が提供されているのも魅力です。

大至急借り入れが必要で、実質年率の上限が低めのカードローンを使いたい場合は、プロミスの利用がおすすめです。

SMBCモビット

三井住友銀行のATM手数料が0円、Tカードとクレジットカードの機能が付いた「Tカード プラス」など、便利なサービスを取り揃えているSMBCモビット。

SMBCモビットは最短即日で借り入れができるうえに、Web完結なら電話連絡や郵送物なし、カードレス(振込みによるキャッシング)でとても気軽に使い始められるのが魅力です。

実質年率は、3.0%~18.0%でアコムと同様となっています。

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
即日融資 可能
無利息期間 なし
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは1万円など少額の借り入れを行うこともできるので、10万円以上など膨大な金額を必要としていない場合にも使いやすいでしょう。

面倒な電話連絡や郵送物なしで使い始めたい場合は、SMBCモビットをWeb完結で申込むことをおすすめします。

まとめ

今回は、年収が低い場合のカードローンの申込み可否や注意点、おすすめのカードローンの種類などについて解説しました。

最後に、記事の要点を3つに分けてまとめます。

ここがポイント
  • 年収が低くてもカードローンに通らないとは限らない、年収以上に安定した収入が必要
  • 年収は手取りでなく、税金や保険料なども含めた支給額を元に計算して、正確な情報を入力して申し込むのが大事
  • これからカードローンを申し込むなら、パート・アルバイトでも申し込めるアコムやプロミス、少額の借り入れもできるSMBCモビットがおすすめ

今回の解説を参考に、年収に関する注意点を知ったうえで、自分に合ったカードローンを申込んでみてください。