情報の本人には開示請求権が認められています!信用情報機関に情報の開示を請求しましょう

数年前にカードローンの支払を滞納してしまったことがあるけれど、その情報は今どうなっているのだろうか?
数年前にクレジットカードの支払に遅れてしまったことがあるけれど、履歴が記録されているのだろうか?
などが気になるという人がいるかもしれません。
実際にカードローンやクレジットカードの支払の延滞が信用情報機関(CIC・JICC・KSC)に登録されていると、新規のローンやクレジットカードなどの申し込みの際に影響することになります。
これらの情報は一度登録されると5年程度記録されることになるのですが、その内容が気になるという場合には本人であれば開示請求を行うことができるのです。

本人の情報であれば開示請求を行うことができます

信用情報機関が取り扱う情報は基本的には金融機関だけが閲覧することができるのですが、本人の情報であれば開示請求を行うことが認められています
具体的な開示請求の方法は信用情報機関ごとそれぞれことなります。
CICの場合には施設に直接足を運べば、タッチパネル式の端末で必要な情報を確認することができます。
ただしこの時には他人による情報の閲覧を防ぐために、本人にしか知りえない情報を入力することが必要です。

その他には申込書を郵送することによって書面による開示を受けることができますが、この場合には1000円が手数料として必要になります。
次にJICCの場合には、東京と大阪に設置された窓口に足を運ぶか、あるいは申込書を郵送することにより情報の開示を受けることができます。
JICCの場合には窓口が限られますので、遠方の人の場合には郵送による請求が便利かもしれません。
申込書は公式ホームページからプリントアウトすることができます。
最後にKSCの場合には窓口における情報の開示には対応していませんので、郵送で請求するということになります。
この場合にも1000円が手数料として必要です。

個人信用情報の確認方法
CIC 全国主要都市のCIC窓口、または郵送での入手
JICC JICCの窓口(東京、大阪)、または郵送での入手
KSC 郵送のみ

間違った情報が登録されていた場合には訂正の請求を行うこともできます

信用情報機関に対しては、本人の情報であれば比較的簡単に開示請求を行うことができます。
それでは具体的にはどのような人の場合には、開示請求を行うことがおすすめなのでしょうか?
これについてはこれまでにカードローンやクレジットカードを頻繁に利用していた人が該当します。
特に信用情報機関に登録された情報の内容が気になるという人の場合には、実際に開示請求をして確認をしてみてください。
もしも延滞や滞納などが記録されているようであれば、新規のカードローンやクレジットカードなどに申し込んでも審査に通ることは難しいかもしれません。

また一部には記録に誤りがあり、既に支払を終えたはずの借入が現在も残っているという場合などもあるようです。
登録された内容に明らかな間違いがあるという場合には、間違った情報の訂正を請求することもできます。
間違った情報であっても登録されていれば審査に影響することになりますので、まずは情報の訂正を行ってそのあとで新規の申し込みを検討するようにしてください。

信用情報機関に登録された情報の内容を把握しておくことをおすすめします

信用情報機関に登録された情報に関しては、情報の本人には開示請求権や訂正請求権が認められています。
カードローンやクレジットカードの審査に通過するかどうかについては、信用情報機関に登録された情報の内容が大きく影響することになりますので、これを把握しておけばより有利に申し込みを行うことができるはずです。
また一部には間違った情報が記録されている場合などもあるようですから、自分の情報の内容に間違いがないかどうかを確認するために、念のために開示請求をして情報の確認をしておくことなども検討してみましょう。