主婦の場合には配偶者貸付を利用することができます!総量規制の制限を越える借り入れも可能です

無収入の人の場合にも、カードローンに申し込みたいと考えることがあるかもしれません。
特に最近ではカードローンの利用を希望する主婦が急増していることから、主婦の利用にも対応したカードローンなどが増えているようです。
ただし実際にカードローンを利用するためには、審査を受けてこれに通過することが必要になります。
審査に通過できるかどうか不安だという人の場合には、配偶者貸付に申し込むことを検討してみましょう。

まずは総量規制について確認してみましょう

カードローンに申し込む場合には、まずは総量規制について知っておくことが必要になります。
借り入れを申し込むことができる最大限度額を年収の3分の1までに制限するのが総量規制であり、専業主婦などのように自分自身の収入が0円の人の場合には借り入れの限度額についても0円になりますので、総量規制により借り入れは認められないということになるのです。
またパートやアルバイトなどで自分の収入があるという主婦の人などであっても、借り入れができるのは最大で年収の3分の1までに制限されますので、自分の希望する金額の借り入れが認められない場合などがあるかもしれません。

配偶者貸付は総量規制の例外になります

このような総量規制の例外として設定された制度が配偶者貸付です。
配偶者貸付は配偶者の収入に基づいて貸付を行うという方法であり、この方法を活用すれば本人の収入が限られている主婦でも大きな金額の借り入れが可能になります。
例えば主婦の収入が60万円で配偶者(夫)の収入が300万円であるとします。
この場合主婦の収入のみに基づいて借り入れを行うのであれば借入限度額は最大で20万円になるのですが、配偶者の収入と合算して申し込むことができれば借入限度額は最大で120万円まで認められることになるのです。
ただしこれは配偶者が全く借り入れなどを利用していない場合の例になります。
配偶者が自分の名義で一定の金額を借り入れているという場合には、既に借り入れている分を控除した金額を基準として借入限度額が算定されることになるのです。

配偶者貸付のためには配偶者の同意書が必要になります

このように配偶者貸付の制度を活用すれば、本人の収入が少ない主婦であっても大きな金額の借り入れが可能になります。
ただし実際に配偶者貸付を申し込む場合には配偶者の同意書が必要になりますし、さらに夫婦関係が成立していることを証明するために戸籍や住民票などの公的書類を提出することが必要です。
配偶者貸付の場合には様々な書類の準備などが必要になりますので申し込みが若干面倒かもしれませんが、収入が少ない主婦であっても総量規制の制限額を超える金額の借り入れが可能になりますので、積極的に活用することを検討してみてください。

配偶者貸付が利用することができる金融機関をご紹介します

三菱東京UFJ銀行(バンクイック)について

三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックには、無収入の専業主婦でも配偶者の収入に基づいて申し込むことができます。
利用限度額は最大で30万円まで認められますし、また大手銀行のローンとしてはかなりの低金利である4.6%~14.6%の利率で借り入れを行うことができます。
最低借入額は1000円からとなっていますし、さらに提携するコンビニATMの利用手数料も無料となっていますので、便利に活用することができるはずです。

楽天銀行(スーパーローン)について

楽天銀行のカードローンである楽天銀行スーパーローンは、配偶者の同意なしで申し込みができることが大きな特徴となっています。
配偶者には内緒で借り入れを希望する主婦の人には特におすすめです。
利率4.9%~14.5%と低金利で利用することができますし、またインターネットからの申し込みで全ての手続きを完結させることができますので便利です。

セブン銀行(カードローン)について

セブン銀行のセブン銀行カードローンは、本人確認や収入証明などの書類なしで申し込めることが特徴です。
ただし借入限度額については10万円・30万円・50万円のいずれかに限定されることになります。
借り入れは1000円単位で行うことができますし、契約から2ヶ月を経過すれば利用限度額の増額を申請することも可能です。
セブン銀行ATMの利用手数料も無料になりますので、必要に応じて手軽に借り入れを行うことができます。

オススメランキング
1位 楽天銀行
2位 セブン銀行
3位 三菱東京UFJ銀行