キャッシングは一括返済をうまく利用しよう!その理由を解説

ローンを利用する目的は人それぞれですが、借りたお金は必ず返済しなければなりません。

いつ完済するのか心配…何とか払えるときに支払いたい
思ったより返済が進んでいない気がする…

カードローンの月々の返済額は低く抑えられているので、金銭的負担が小さい反面、返済回数が多くなってしまうのです。ローンの返済効率が上げるなら「一括返済」をするべきです。

ここでは、キャッシングの一括返済とは何かを説明し、活用すべき理由をお話していきます。

一括返済を上手に利用できれば、返済のスピードアップ以外にもお得な効果が得られるので、気になる人はぜひ目を通してみてください。

一括返済とは?

カードローンを利用してお金を借りたら、毎月決まった金額(請求金額)を支払って返済していくのが原則です。そして、完済予定日までの返済回数分の支払いを続ければローンの支払いは終わります。

しかし、定期的な支払いとは別に、残りの返済残高と利息をまとめて支払うことも可能。これを「一括返済」といいます。

毎月の返済は金額が低めに設定されているのが普通ですが、その分完済までの期間も長くなり、利息の支払いも増えます。

カードローンって返済方式にもよるけど、なかなか借入残高が減らないんだよね…

義務としての返済だけじゃなく、残高が少なくなってきたら一括返済で一気に完済するといいよ!借金がゼロになれば気持ちもラクだよ

利息は1日づつ増えていく

お金を借りたら返済しなければなりませんが、利息を加えてより多めに支払うことになります。

利息の特徴
  • 利息額は、借りた金額と金利で決まる
  • 利息は日割り計算。返済期間が長くなればトータルの金額は増える

1日でもはやく返済すれば、その分利息額を抑えることができ、また、残債が少なくなっていけば利息も小さくなります。

返せるときにどんどん返済をしてくのが、利息を節約するコツです。一括返済をしてローンを完済すれば、それ以降の支払いは無くなるので、余計な利息をカットする究極の支払い方法といえます。

一括返済のやり方

残りの借金と利息をまとめて支払う一括返済ですが、金額がいくらでどうやって返済をしたらいいのかが分からないと、実際できませんよね。

ここでは、一括返済の金額の算出方法や返済の仕方を説明します。

返済日を決めて、返済額を確認する

利息は日割り計算なので、返済日と利息額は比例して変化するのです。

ここがポイント
一括返済する場合、まず返済日を決めること!

返済する金額は「借入れ残高+利息」ですから、利息を計算しなくてはなりません。

利息の計算方法
利息額 = 借入れ残高 × 金利 ÷ 365 ×日数

返済予定日までの利息額」と「残債」の合計金額が一括返済で支払う金額になります。

このように手動で計算もできますが、あくまで手計算は一括返済の金額をチェックするために行いましょう。金融機関によっては、公式サイトに返済シミュレーションという返済金額を算出する計算ツールがあります。

ぜひ、一括返済するときはこのようなツールも利用しましょう。

一括返済額が算出できない場合は電話で聞こう!

一括返済は1円単位で支払うので、きっちりとした金額にはならないことが一般的です。確かに手動で計算できますが、多く払いすぎた場合、差額分が「預り金」となり、返還するには手続きをしなければならないのが一般的です。

また、カードローン自体の解約をするつもりでいる場合は、1円不足していても解約はできないのです。

従って、どうせ一括返済するなら余計な手間を発生させずにきっちり支払うのが一番効率が良いのです。

ここがポイント
  • 一括返済するときは、必ず業者に連絡!
  • 業者の方で一括返済の計算をして、必要な金額を教えてくれる!

まず業者に連絡。一括返済の金額が正しいかどうかをチェックするために、手計算を使おう

教えてもらった金額が正しいとも限らない!手計算のチェックは必要だね

返済方法に気をつけよう

一括返済の金額が決まったら、いよいよ支払いです。返済の方法は銀行振込、ネット振込、有人窓口、ATMなどいくつかありますよね。

返済金額は端数まで支払える方式ならOKでしょう。

ここがポイント
予定日を1日でも過ぎたら、一括返済は無効

利息は日割りで、返済日が変われば利息額も変わります。ですから、一括返済日に遅れることがないようくれぐれも注意して下さい。

一括返済のメリット


ローン利用者はお金に余裕ができたら一括返済をするべきです。それは次のようなメリットがあるからです。

  • 利息が減る
  • 支払うたびにかかる手数料が減る
  • 完済すると印象が良くなる
ここでは、それぞれのメリットを解説していきます。

トータルで支払う利息が減る

極端なケースを考えてみます。金利18.0%で50万円を借り入れて、翌日全額返済すると、利息はわずか246円です。いっぽう、45回払いで返済した場合、利息の総額は191,183円となります。

利息は1日ごとに発生するので、返済する期間が長くなればなるほど利息額は増えます。返済期間を短くすれば利息を節約することができるのです。

従って、一括返済をした方が、しないときに比べて負担する利息が小さくなる効果があるのです!

支払いの手数料が減る

手数料のかからない返済方法もありますが、自社以外のものや時間外の場合ATMでは手数料がかかります。銀行振り込みの場合、金融機関の相性によっては振込手数料が生じます。

これは、返済をするたびにかかってしまい積み重なると以外に大きな負担になります。こうした費用も一括返済で全て支払ってしまえば当然ゼロになります。

返済とは別にかかるお金だからね…積み重なると負担が大きくなるよね

ATMは便利だけど、余計なコストだからね。

完済は信用のプラス評価につながる

一括返済すれば借入れ残高がゼロになります。ローンで借りたお金を全額返したからといって、自動的に解約になることはありません。カードローンの契約はそのまま残り、必要なら再び融資を受けることもできます。

延滞などがなく、きちんと返済してローンを全額支払ったなら、利用者の印象は間違いなく良いでしょう。限度額のアップや金利ダウンなどをしてもらえる可能性があります。

一括返済の注意点

一括返済は、残った借金をまとめて支払うので、気持ちの面でもラクになるでしょう。しかし、支払い方法によっては払いすぎてしまうこともあるので気をつけるべき点があるのです。

ここでは一括返済の注意点を紹介していきます。

お金に余裕がないなら、一括返済はやめよう

一括返済でローンを全て返せば、返済回数が減るので利息を減らす効果があります。極力利息を払いたくないからといって、一括返済にこだわるのもよくありません。

一括返済で多めに支払っても、日々の生活に支障がでないかどうかイメージしましょう。一気に貯金を減らした後、急な出費が必要になることも十分考えられます。

生活に余裕があるときに一括返済はすべきです。

結婚式や冠婚葬祭、病気とかあるとお金がかかるからね!

イレギュラーなことが起きても大丈夫な貯金はキープしておく方がいいね。

ATMだとおつりが返ってこない可能性がある

ローンの一括返済は1円単位の端数含めてきっちり支払うのが普通です。ATMは硬貨が利用できないものが多いので、多めにお札で支払うことになってしまいます。

1,000円単位で支払う場合は、最大で999円の過払いが発生しますが、その場でお釣りがでてくるわけではありません。

多めに支払ってしまった余剰金額分に関しては、業者に連絡すれば返金対応をしてもらえます。手間がかかるので、一括返済するなら端数まで支払えるATMにするか、振込などの方が良いでしょう。

一括返済が無理なら、一部繰上げ返済(随時返済)で多めに支払おう!

完済を目指すために一括返済をすることは大切なことですが、無理に一括返済をする必要はありません。

ここがポイント
毎月の請求金額は最低返済額。それ以上支払うことも可能!
定期的な返済は、金額の負担は小さいですが、その分返済期間が長くなります。

ローンの返済は、先に利息が支払われ、残った残金がローンの返済に充てられます。仮に、金利18%で30万円借り、翌月1万円支払うとします。このとき、利息は約4,400円になるので約5,600円元金が減ります。

一方、増額して3万円支払えば約25,600円残債が減るわけですから、返済スピードがアップします!

ここがポイント
  • 月1の最低返済額よりも多めに支払うことを「増額返済(随時返済)」と言う
  • 増額返済で、ローンの残高を減らしていけば利息の節約効果が生まれる。

お金に余裕があるなら、増額返済(随時返済)をして日頃から返済ペースを上げていくのも大切です。ある程度返済が進んだところで、残りの借入金を一括返済で支払ってしまえばいいのです。

少額でもいいから、どんどん増額返済しこう!最終的に支払う利息は結構節約できるはず!

飲み会や買い物をちょっとセーブすれば、できそう!

まとめ

キャッシングの一括返済を利用すべき理由を説明してきました。

ローンの返済は時間がかかればかかる程利息がかかります。お金に余裕ができたらいつもより多めに返済すること。これがとても大切です。残高が少なくなったら、一括返済で完済をしましょう。気持ちもラクになります。

できるだけ早く完済して利息を節約し、お得でスピィーディーな返済を目指しましょう!