カードローンの支払いを完済したら解約すべき、メリットとデメリットは何がある?

カードローンを完済したら解約するのは1つの方法です。

「カードローンって完済したら放置でいいの?解約手続きなんてあるの?」
「住宅ローンはカードローン解約しないと通らないって本当?」

完済したらそのまま放置すべきか解約すべきか、意外と悩んでしまいがち。実は、解約は信用情報に記載されるので、他のローン審査に影響を与えます。完済したから即解約というのは考えものです。

ここでは、完済後のカードローンの利用と解約によるメリット・デメリットを説明し、解約手続きの方法を紹介します。

完済後にどうすべきか判断できれば、解約後に失敗することはなくなるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

カードローンの支払いを完済したら

カードローンを残らず全て返済しきれば「完済」となりますが、完済した後はそのままでいいのでしょうか?再び借入れできるのでしょうか?このように、完済後のカードローンの扱いに迷う方もいるでしょう。

ここでは、カードローンを完済したら、その後どうすべきなのか幾つか見ていきましょう。

カードローンには契約の自動更新がある

あまり意識しませんが、カードローンには1年から5年の契約期間があります。意識しないだけでなく、自動更新され続けるため、契約期間には大きな意味がありません。ごくまれに、契約の節目で金融機関の側から契約更新を拒絶されることもあり得ますが、返済状況が極めて悪い場合なら、契約の節目でなくてもあり得ることです。

借り手が意思表示をしないまま、勝手に契約が終了するということはなかなかないのです。完済しても持ち続けることになってしまいます。業者側が契約を打ち切らないのなら、利用者のほうでその意思表示をしなければなりません。

完済後もカードローンを利用するなら継続

カードローンは完済したからといって、解約を必ずしなければならないものではありません。今後、大きなローンを組む予定でもない限り解約しても、メリットはさほどありません。

カードローンのメリットと言うのは、与えられた限度額の範囲で、繰り返し借り入れができるという点であり、すぐに使う予定がなくても、持っていること自体が大きなメリットになるわけです。

また、借入れして毎回延滞などすることなくきちんと返済しているのであれば、限度額アップや金利ダウンなど、利用条件をよくしてもらうことも考えられます。

違うローンを利用するつもりなら解約がおすすめ

カードローンを解約すると、未契約の状態となりそれでようやく借金がない状態になります。例えば消費者金融カードローンを解約し、銀行カードローンに乗り換えるのもいい方法でしょう。

また、ローンはカードローンだけではなく生活のあらゆるシーンにおいて、さまざまなローンを組む機会はあります。各種ローンを新規に借り入れる際、カードローンを解約しておくことで、審査が通りやすくなる確率が上げられます。

返済が完了したら終わりじゃないのね、ちょっと怖いかも

解約完了までは借金してる状態になってるからね、返済が終わって自分にはもう借金がないって勘違いしやすいから気を付けなきゃいけないポイントもいっぱいあるんだ

カードローンを解約するメリット

「使わなくても、次に借り入れる機会があるかもしれないから、持っておいてもいいだろう」と考える人も多いのではないでしょうか。これについては、まったくそのとおりです。

では、カードローンを解約することで得られるメリットは、何があるのかここから見ていきたいと思います。

他のローン審査に印象が良くなる

カードローンを解約することでメリットの1つになるのは他のローンに申込む際に審査の印象が良くなることです。

これはカードローンの性質に原因があります、それは限度額自体が借金とみなされるからであり、早い話が現状でお金を借りている・借りていないに関わらず、大きな限度額を持ったカードローンのある人は、大きい額の借金があるということになり他のローンに申込む際、借金が多くあるとして見られるのでそれが原因で審査に落ちてしまう可能性が充分にあり得るからです。

特に住宅ローン、マイカーローンなど審査厳しめのローンを組む際にカードローンの存在は圧倒的なデメリットになります。

もし他のローンを組む予定があり少しでも審査通過できる確率を上げたいのであれば解約して未契約状態にして借金はありませんと言う印象を与えておくのがベストでしょう。

浪費癖が治る可能性がある

これはタバコがなければ禁煙できるという発想と一緒ですが、カードローンを解約して借入れできなくすることで、浪費が治る人もいるかもしれません。

浪費癖のある人と言うのは大した理由もなくカードローンでお金を借入れし過ぎてしまう傾向がある方が多いためお金に頼ることのできない状況を作ることで今後のお金の使い方を見つめ直せる可能性が出てきます。

これについては人それぞれでしょうが、けじめがつくという意味でもカードローン解約は浪費癖を治すひとつの手です。

信用情報に解約の記録が付く

カードローンを解約しても、利用していた記録自体がなくなるわけではありません。しかしカードローンを解約すれば信用情報機関に解約の記録が付きます。

この記録が付いている=返済能力のある顧客ということを意味しているので他のローンを組む際に審査で有利になれる可能性があります。

解約した記録は5年間残るので時間が経ちすぎてからローンを組んでも解約の記録も効果がなくなってしまうので要注意です。

へぇ~解約することでメリットになることもいっぱいあるのね

そうだね、解説した通り特に別のローンを組む予定があるのなら解約するのをおすすめできるね

カードローンを解約するデメリット

再びカードローンを利用することがないのなら、解約するのが自然なように思えますよね。しかし、解約することで生じるネガティブな側面もあるので、メリットだけでなくデメリットも把握すべきです。

ここでは、カードローンを解約した場合のデメリットについて解説していきます。

カードローンの利用が必要になった時、再度申込が必要

一度解約したはいいけれども後になってまた利用が必要になった場合、再度申込から始める必要があります。前に利用していたから審査がパスできるなどは一切ありません。

解約した時点で未契約状態になりますので改めて申込む場合は、新規申込と同じ手続きになり必要書類を用意して仮審査をパスして在籍確認などもクリアしなければなりません。

ちなみに解約前は問題なく審査通過できたけれども、新たに申込した結果、審査に落ちる可能性もあり得るので注意です。

金利や限度額がリセット

カードローンの利用において金利や限度額は、借入れして遅延などすることなく返済し続けていれば優良顧客として見られ適用金利は低くなり限度額もアップしてもらえます。

しかし解約してしまうと真っ白な状態になるためにこれらの金利や限度額もリセットされ年収にもよりますがほぼ上限金利から始まることになります。

解約する前に適用されていた金利・限度額にはならないのでカードローンを解約するのは全てリセットされてしまうという点も覚えておきましょう。

延滞などの事故情報はすぐに消えない

デメリットというより単なる事実ですが、もしカードローンの利用において延滞があった場合、信用情報の記録に残り決してすぐには消えません。カードローン知識のない方は、解約すれば、延滞していた記録も全てなかったことになると勘違いしていたりするので気を付けましょう。

そもそも、延滞を解消しない限り、解約自体もできません。無事に解約したとしても、記録には残るので他のローンの審査には影響する可能性は高いです。ちなみに、数日から数週間程度の軽い延滞の場合、2年間毎月定期的に返済し続けますと、この延滞記録は新たな返済記録に押し出されて消えてしまいます。

いっぽう解約すると、そこから少なくとも5年間は消えなくなります。これは新たな返済記録によって押し出させることがないためです。実は解約によって、消えるはずの延滞記録が逆に長期固定化されてしまうというデメリットがあるので注意が必要です。

解約しちゃうと失うものとか手間になるものとか色々あるのね…

そうだね、だから返済し終えたから解約じゃなくてまた利用するかもしれないとか考えなきゃだね

カードローンの解約方法

完済後にカードローンを解約する場合には、解約手続きをしなければなりません。業者によって違いはありますが、大まかな手順は一緒です。

ここでは、カードローンの解約方法を説明していきます。

解約の申込方法

カードローンを解約するための条件は、完済していることです。解約する方法は金融機関によって多少異なるものの、銀行の場合は、店頭窓口に行けば確実です。中には店頭窓口がないものもあるので、その場合は電話で受け付けてもらえます。

一方、消費者金融の場合は電話一本で解約できるのがほとんどです。その際、解約理由は正直に、住宅ローンのためなどと話しておくと、引き留められることなくスムーズに行きます。また、業者に悪印象があって解約したのでないこともわかりますので、再度の申込みの際には業者受けがいいでしょう。

金融機関 解約方法
アコム 電話申込
店頭窓口で申込
アイフル 電話申込
店頭窓口で申込
みずほ銀行カードローン 銀行支店窓口で申込
三井住友銀行カードローン 電話して書類を請求し、記入して返送
銀行支店窓口で申込
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 電話申込
店頭窓口で申込

窓口の解約手続で必要になるもの

銀行の窓口でカードローンの解約をする場合は、運転免許証等の本人確認書類と届出印を持っていきましょう。銀行でおこなう、他の手続きと変わりません。

ちなみに三菱UFJ銀行のバンクイックは、商品の性質自体消費者金融に近いものですが、解約の際も同様で、これは珍しく電話一本で可能となっています。

消費者金融の有人窓口で解約手続きをする場合、返却するためローン専用カードを持っていきましょう。ただし忘れても手続に支障はありません。

店舗のないカードローン会社の場合

最近では金融機関も多様化していて、窓口のない銀行や消費者金融もあり、消費者金融の場合、窓口があってもなくても、ほぼ電話で解約が済みます。

窓口のない銀行の場合は、郵送での手続きが必要となります。これは電話で解約の旨を説明し書類を請求すれば送ってもらえます。これも、銀行の他の手続きをする場合と同様で、特に面倒なわけではありません。

大体は電話か窓口に行けば解約できるのね!

解約方法が分かったかもしれないけどしっかり完済してないとダメだぞ

解約をしたら解約証明書をもらおう

カードローンを解約すると契約書を返還してもらええますが、解約証明書は申込まないと出してもらえません。

ちなみに消費者金融など、郵送されてくる場合もありますので、最後の最後で家族や同居人などにカードローンの利用が知られてしまう可能性もあるのでこの点だけ覚えておきましょう。

なぜ解約したら解約証明書をもらっておいた方がいいのかは、住宅ローンや自動車ローンの審査において提出が必須な場合もあるからです。

現状は必要なくても後から必要になる場合もあるかもしれないからね

早いうちに準備しておくに越したことないしね

カードローンの解約に関して気になるポイント

カードローンの解約は、そうそう経験することではありません。特にキャッシング知識のない初心者はまだよくわからないことも多いと思われます。

ここからはカードローンの解約について気になるポイントを幾つかまとめてみました。

解約するのに手数料はかかる?

カードローンの解約に手数料はかかりません。カードローンを作るのに費用がかからないのと同様、解約するのにお金がかかることはありません。

ただし、解約証明書(完済証明書)を発行する場合には、発行手数料がかかる場合があります。

完済し終えたその日に解約はできる?

完済した日に解約ができるかどうかですが、これは可能です。特に消費者金融の場合、無利息残高が残ってしまいやすいので、完済の際には業者に相談する必要がある場合が多いでしょう。

完済方法を相談する際は、解約についても併せて相談しておくのがベストです。

解約後に過払い金の請求はできる?

過払い金とは、業者に払いすぎたお金のことです。請求される金額を毎月支払っているのに、払いすぎるなんてことがあるのでしょうか?過剰に返済することなんてなさそうに思いますよね?

現在、貸金業者は上限金利18%とするところが多いです。ところが、2010年以前は25%~27%でした。2010年に貸金業法が改正されたことで、それまでの貸付は法外な金利で違法に。

つまり、金利が下がった結果、利用者は利息を多く払い過ぎている状況が発生。過払い金の正体は、払い過ぎてしまった利息なのです。

この過払い金は、カードローンを解約した後でも請求は可能です!ただし、解約した全員が過払い金を取り戻せるとも限らないのです。

ここがポイント
過払い金には時効がある。業者と取引した最終日から10年を超えると時効になり請求ができなくなる

完済後に再び利用することなく10年以上経過していると過払い金が発生してても取り戻すことができないのです。また、2010年以降に新規でカードローンを利用した人は、金利が法定利率なので過払い金は発生しません。

なるほど~確かに解約についてなんて聞かないとわかんないことばっかりかも

無理に解約する必要とかはないけど他のローンを組みたくなる場合もあるし知っておいて損はないぞ

まとめ

カードローンの完済後に解約すべきかどうか、判断するのに必要なポイントをご紹介しました。

ここがポイント
  • 完済しないとカードローンは解約できない。1円でも残高が残ると解約は不可
  • カードローンの契約は自動更新。解約するなら業者に連絡しないといけない
  • 引き続きカードローンを利用するつもりなら、そのままでOK
  • 他のローン商品を利用するなら、解約した方がいい!その場合は解約証明書をもらおう

他のローンを組もうと思ったときに、カードローンの契約がマイナスに働くことも。後悔しないためにもきちんとメリット・デメリットを把握して、カードローンの解約を検討しましょう。