65歳以上でも利用可能なカードローンを紹介!年齢や審査に関わるポイントを整理!

働いているときは毎月給料が手に入りますが、定年退職をすると労働収入がなくなる代わりに年金を貰えるようになります。

年金受給者だけど、カードローンは利用できるのか?
65歳以上でも作れるカードローンってあるのか?

特に年金のみで生活をしている人は、お金の心配をしてしまいますよね。
実は、65才以上でも利用可能なカードローンはけっこうあるのです。

ここでは、65才以上でも申込み可能なカードローンを紹介して、高齢者の利用条件や審査のポイント、カードローン以外の融資方法を解説します。

65才以上だからといって諦める必要はありません。気になる方はぜひチェックしてみてください。

65歳以上でも利用可能なカードローンはあります。

中には不可とする金融商品もありますが、ほとんどのカードローンは65才以上でも利用可能です。銀行や消費者金融は70才未満を年齢上限とするとことが多いのです。

従って、定年退職して年金収入のみで生活費に困っているならカードローンは前向きに検討できる商品です。だからといってすぐ利用できるとは限りません。労働収入の有無や健康面のリスクが低い分、高齢者よりも若者の方が融資は利用しやすいでしょう。

しかし、65才以上だからといって融資を簡単に諦めるのも考えものです。しっかり利用条件、審査条件をクリアすればローンが利用できるのです。申込みや審査のポイントは後述します。

銀行系カードローンの年齢上限
商品 年齢上限
三井住友銀行カードローン 69歳以下
三菱UFJ 「バンクイック」 64歳以下
みずほ銀行カードローン 65歳以下
オリックス銀行カードローン 68歳以下
イオン銀行カードローン 64歳以下
銀行以外のカードローンの年齢上限
商品 年齢上限
プロミス 69歳以下
SMBCモビット 69歳以下
アコム 69歳以下
アイフル 69歳以下
レイクALSA 70歳以下
J.Score「AIスコアレンディング」 70歳以下

70歳以上OKのカードローンもあるが数は少ない

70才以上になるとカードローンは厳しくなります。しかし、数は少ないものの70才を超えてもOKとするカードローンもあります。特に地方銀行のカードローンには75才未満が多いので、一度地元の銀行で商品を探してみてもいいかもしれません。

ベルーナノーティスは通販で有名なベルーナのグループ企業です。最短即日でカード発行が可能なので、この中では最速で融資を受けられるローン商品です。

70才以上でも申込みOKのカードローン例
商品 年齢上限
ベルーナノーティス 20歳から78歳まで
セゾン「かんたん安心カードローン」 60歳から80歳まで
トマト銀行「トマト・はなまるポケットローン300」 20歳以上75歳未満
北海道銀行カードローン「ラピッド」 20歳以上75歳未満
常陽銀行カードローン「キャッシュピット」 20歳以上75歳未満
足利銀行カードローン「モシカ」 20歳以上75歳未満
中京銀行カードローン「C-style」 20歳以上75歳未満
関西アーバン銀行「アーバンカードローン」 20歳以上75歳未満

え!セゾンの「かんたん安心カードローン」の申込み年齢が60才~80才!?上限の80才より下限が60才の方がびっくり

高齢者を対象にしたカードローンだね。数は少ないけどシニア向けのカードローンもあるんだよ!

申込み・審査の特徴

65才以上でもカードローンの申込みは諦める必要はありません。しかし、申込みが可能というだけで審査に通るかどうかは別の問題です。

ここでは、高齢者特有のカードローンの申込みと審査のポイントを紹介します。

年金以外の収入が求められるケースがほとんど

カードローンの利用は、どの年齢であっても「安定した収入」が求められることがほとんどです。業者はお金を返せる見込みがない人に融資はしないので、収入があるかどうかは大切なポイントです。

しかし、収入の高さはそれほど重要ではなく、毎月給料をもらっていればOKです。正社員である必要はなくアルバイトやパートでも問題はないのです。

継続的な収入があることを業者にアピールできれば、年金のみのケースよりも審査は通過しやすくなります。従って、定年退職で年金収入のみの方は、まずバイトやパートを始めましょう。

中には、年金のみの収入でOKな業者も

年金を「安定した収入」とみてくれる金融機関もあります。三菱UFJ銀行「バンクイック」は年金のみであっても申込み可能です。しかし、ほとんどの消費者金融は、年金以外に安定した収入があればOKとする申込み資格が多いのが現状です。

従って、年金のみの場合には、まずバイトやパートで毎月給料を得られるようにするべきでしょう。もし、それが難しい場合にはカードローンではなく、後述する公的な融資サービスを検討する方がよいでしょう。

年金のみより、バイトやパートをしていれば申込み条件の「安定した収入」のクリアが明白!審査通過は近づくだろうね!

でも、中には働けない人もいるだろうね。健康面の問題は年をとれば多くなるし。

それもそうだね。その場合には「年金のみ」でOKとする業者を探すべきだろうね。もしくは、民間ではなく公的な金融機関のローンに目を向けてもいいね!詳しく説明するよ!

公的なローンかぁ!知っておいて損はないね!

カードローン利用中に年齢上限を超えたらどうなる?

カードローンを利用している人はいずれ、年齢上限を超える日が来ます。もしローンの返済中に上限年齢を超えてしまったらどうなるのでしょうか?残債の一括返済が求められたりするのでしょうか?

基本的には、それまでと同様の返済を続けていくことになるでしょう。新規の借入れはできないかもしれませんし、できるかもしれません。対象者の信用や利用履歴を参考に決める場合には人によって対応が変わります。

いずれにしても業者によって対応は違うので、必ず金融機関に連絡をして確認をしましょう。

カードローン以外の高齢者向け融資に目を向けてみる


年金のみで生活が苦しい場合にはお金を借りることを考えるでしょう。しかし、カードローン以外にも方法はあります。

ここでは、高齢者に特化したカードローン以外の借入れ方法をご紹介します。

年金を担保にお金を借りられる「年金担保貸付事業」

年金を担保に融資が受けられる「年金担保貸付」は、独立行政法人「福祉医療機構」が提供しています。国に認められた正規の機関ですので安心して利用できます。

カードローンよりも圧倒的に金利が低いです。従って、利用条件はある程度厳しくなります。支給される年金から返済額が差し引かれるため、返済は自発的にする必要はありません。

利用金額 ・10万円~200万円の範囲内
・受給年金額の0.8倍以内
・1回分の返済額の15倍以内
利用資格 ・国民年金
・厚生年金
・労災年金の受給者
金利 2.1%
1.4%(労災年金担保)※
連帯保証人 あり。信用保証機関でもOK

※ 平成29年9月1日現在

厚生省の「生活福祉資金貸付制度」

「生活福祉資金貸付制度」は65才以上の高齢者のいる世帯を対象に融資が可能です。厚生省の融資制度ですが、都道府県社会福祉協議会が主催\していて、住んでいる市区町村の福祉協議会で受付をしています。

様々な融資メニューが用意されていて、生活支援費、福祉費、不動産担保型生活資金などあります。

ここがポイント
連帯保証人を立てると金利はゼロになりますが、たてない場合は金利1.5%。

かかっても金利は1.5%ですから、民間の融資商品に比べればとても低金利です。

持ち家を担保にする「リバースモゲージ」

自分の住んでいる家を担保にして融資を受けるサービスを「リバースモゲージ」といいます。家を担保にしてもそのまま住み続けることができるのが最大の特徴です。

利用限度額の範囲内であれば好きなタイミングでお金を借りることができ、月々の返済は不要なのです!「リバースモゲージ」の返済は、利用者が死亡したときに、担保にした自宅を売却して一括返済する仕組みなのです。

これは現金収入の少ない高齢者世帯のための融資制度で、日本の3大メガバンクも商品化しています。

  • 三井住友銀行「SMBCリバースモーゲージ」
  • みずほ銀行「みずほプライムエイジ」
  • 三菱UFJ銀行「リバース・モーゲージ型 住宅関連ローン」

取り扱っている地方銀行も多くあるので、持ち家を持っていて生活費に困っている高齢者は一度検討してみる価値はあると思いますよ。

まとめ

65歳以上で利用可能なカードローンに関して紹介しました。

年齢が高くなると審査は厳しくなります。ポイントを整理します。

ここがポイント
  • 70才未満なら銀行、消費者金融ともに申込み可能なカードローンは十分ある
  • 年金収入だけでなく、バイトやパートの収入があると審査に有利
  • ローン利用中に年齢上限を超えても原則返済は続く
  • 公的な高齢者向けの融資制度もある。民間より低金利だが条件や審査は厳しめ
  • 持ち家を持っているなら、「リバースモゲージ」も有効
融資には必ず年齢制限があります。しかし、高齢化の進む日本では65才以上であってもまだまだカードローンは利用できます。収入が少なくて生活に不安のある高齢者は、前向きにカードローンを考えてはいかがですか。