すぐに5万を即日で借りられるキャッシングサービスを紹介!

男性が走る写真

急な用事で5万円を用意する必要が生じたものの、どこで借りるのが最適かわからず困っていませんか?

また5万円を借りるにあたって、返済ペースをゆっくりにしたい、申し込み手続きを簡単に済ませる方法が知りたいといった思いもあるのではないでしょうか。

カードローンの中には、最短即日で借り入れができる会社がたくさんあります。

この記事では大手カードローン4社を比較したり、WEB完結による申し込みのメリットを解説したりします。

最後まで読んで、お得な条件で借入を行う参考にしてください。

5万円くらいなら即日でキャッシングできるのか

カードローンなどを利用して即日で借り入れをするにあたり、5万円程度であれば即日で借りられます。

数百万円など高額な金額だと即日ではキャッシングしづらくなりますが、5万円程度であればカードローンを申し込み、その日のうちに借りることは十分可能です。

ただし複数の他社で既に借り入れをしていたり、他社で何度も延滞をした経験があったりと審査時に不利な条件を満たしてしまっていると、キャッシングの審査に通らない危険性があるので注意しましょう。

即日でお金を借りるにあたっておすすめのカードローンは、主に以下の4社です。

  • SMBCモビット
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

それぞれの特徴を解説するので、カードローンでの借り入れ先を選ぶ参考にしてください。

SMBCモビット

審査時間 10秒簡易審査
実質年率 3.0% ~ 18.0%
限度額 800万円
無利息期間 なし
申込条件 安定した収入があること
即日融資 可能※

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは三井住友銀行グループの会社のカードローンで、利用限度額が1~800万円、スマホやパソコンからのWEB完結申込が可能です。

WEB完結なら電話連絡や郵送物がないため、気軽に・すぐにカードローンを申し込めます。

スマホATM取引ならモビットカードを発行する必要がありません。モビットアプリとセブンイレブン等にある「セブン銀行」ATMを組み合わせれば、即入金・返済を行えます。

またSMBCモビットでのキャッシングは現金だけでなく、パソコンやスマホからの手続きで自分の銀行口座に振り込んでもらうこともできます。

家賃の引き落しが迫っているなど、大至急銀行口座にお金が必要な場合はSMBCモビットの振込キャッシングを利用しましょう。

プロミス

審査時間 最短30分
年率 4.5~17.8%
限度額 500万円
無利息期間 30日間(初回のみ)
申込条件 20歳以上の安定した収入・返済能力があること
即日融資 可能

プロミスはSMBCグループのカードローンで、1万円~最大500万円のフリーキャッシングが可能です。

WEB完結での申し込みにより最短30分で審査結果を連絡・融資可能、口座振替での返済なら郵送物がありません。周りに知られず利用開始できます。

またアプリローンを使えば、申し込みからセブン銀行ATMでの借入までを最短1時間で行えるのもプロミスの魅力です。大至急現金を借り入れたい時は、アプリローンを活用しましょう。

ちなみにプロミスはATMや口座振込でのキャッシングに加えて、三井住友VISAプリペイドへの残高チャージによるキャッシングもできます。

ネットショップなどで大至急何かを購入する必要が生じたら、三井住友VISAプリペイドへのチャージを利用しましょう。クレジットカードが無くても、簡単にどこでも買い物可能です。

アコム

審査時間 最短30分
年率 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
無利息期間 30日間無利息
申込条件 20歳以上の安定した収入・返済能力があること
即日融資 可能

アコムは三菱UFJ銀行の傘下である消費者金融で、カードローンでは最高800万円までの融資が可能で、「アコムカード」を利用したり、振込を利用したりして借り入れを行えます。

インターネットか電話で申し込めばいつでも最短30分で審査を終えることができ、契約から融資までも即日で利用可能なので、すぐに融資を受けたい場合はインターネットか電話で申し込みましょう。

アコムのATMだけでなくコンビニや銀行のATMも利用できるので、周りにアコムのATMがなくてもスムーズに借入・返済可能です。

アコムにはクレジット機能とカードローンがセットになったACマスターカードもあります。クレジットカードを展開しているのは、消費者金融の中でも希少です。

ACマスターカードの場合はクレジットの限度額が300万円、カードローンとクレジットの合計が800万円上限となるので、それぞれに別の限度額が設定されることに注意しましょう。

アイフル

審査時間 最短30分
年率 3.0~18.0%
限度額 800万円以内
無利息期間 初めて利用する人を対象に最大30日間
申込条件 ・20歳以上の方で定期的な収入と返済能力を有する人
・満70歳になった時点で新規融資は停止
即日融資 可能(最短1時間)

アイフルは銀行などに属さない完全に独立した消費者金融で、最高800万円を借入可能です。キャッシングローンなら、契約書の郵送は必要ありません。

融資を急いでいる時は、インターネットで申込み後にフリーダイヤル「0120-337-137」へ電話をかければ審査時間を短縮できます。即日で5万円を借りたい場合は、電話手続きを行いましょう。

審査に通ればあとはその日のうちに振込やセブン銀行を利用したり、「てまいらず」の契約機で受け取ったカードで借り入れたりできるしくみです。

こういう風に各社が並んでしまうと、実際どれを選んだらいいかわからなくなってしまいますよね。

そうだよね。実は、選ぶときに参考にするべきポイントがあるから今から紹介していくね。

カードローンを選ぶときの4つのポイント

カードローンを選ぶ際は、以下の4つのポイントを踏まえて検討しましょう。

  • 審査や融資のスピード
  • 無利息サービス期間があるか
  • 5万円借りたときの最低返済額はどのくらいか
  • 自動契約機の締め切り時間は土日も含めて確認しておく

ここからは、カードローンを選ぶ時の4つのポイントをそれぞれ解説します。

審査や融資のスピード

以下の4社では、審査スピードは30分程度※とほぼ互角で、それぞれ即日融資も可能です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット

ただ、即日融資を受けるだけならどこを選んでも構いません。5万円を借り入れる前提なら、限度額の違いもとくに関係ないでしょう。

しかし他の条件を含めて考えると、人によってどこを選ぶのが最適かは変わってきます。

アコムは楽天銀行の口座があれば24時間いつでも最短1分で振込可能なので、楽天銀行の口座を持っていて即振込みによる融資を受けたいならアコムがおすすめです。

SMBCモビット、プロミス、アイフルはスマホアプリとセブン銀行ATMで24時間いつでも現金を借入可能です。

スマホを所有していて近くにセブン銀行のATMがある場合には、SMBCモビット、プロミス、アイフルのいずれかを検討しましょう。

無利息サービス期間があるかどうか 

一行程度でいいので、文章を記載してください。・無利息期間 カードローン会社によっては条件が異なることがあるので、要確認。

カードローンを選ぶ時は、無利息サービス期間の存在も必ずチェックしておきましょう。

以下の表に、対応する主なカードローン会社3社と無利息期間、期間の開始日をまとめました。

カードローン会社 無利息期間 無利息期間の開始日
アコム 30日間 契約の翌日
プロミス 30日間 借入れした翌日
アイフル 30日間 契約の翌日

以上のとおり、開始日が異なることに注意が必要ですが、無利息期間があります。

無利息期間中は利息がかからないので、余計なお金がかかりません。カードローンをこれから申し込むなら、無利息期間が存在するカードローンを選んだほうがお得です。

そしてアコムやアイフルだと「契約の翌月」から「30日間」無利息期間がありますが、プロミスだと「借り入れした翌日」から「30日間」です。

契約直後に借り入れを行うならどこを選んでも同じ無利息期間になりますが、契約直後に借入をしない場合はプロミスを選んだほうが無駄に消費される無利息期間がないため有利です。

げげっ。これを見逃すと大変なことになりかねないですね。

うん。取り上げなかった会社も含め、カードローン会社によってそれぞれ無利息期間や開始日のタイミングといった条件が異なることに注意するべきだよ。

5万円借りたときの最低返済額はどのくらいか 

カードローンで5万円借りる際は、最低返済額を知っておくことが大事です。

借り入れ額を少額でゆっくり返済したい場合は、利息も考慮しつつ、最低返済額が少ない会社を選びましょう。

以下の表に、主なカードローン会社4社の最低返済額(5万円利用時)をまとめました。

カードローン会社 最低返済額
(5万円借入時)
アコム 2,000円
プロミス 2,000円
アイフル 4,000円
SMBCモビット 4,000円

以上のとおりアコムとプロミスは2,000円、アイフルとSMBCモビットは4,000円です。つまり5万円借り入れて少額返済を行うなら、アコムかプロミスを選びましょう。

なおアイフルやSMBCモビットが一見高い最低返済額に見えるのは、10万円までの借入ならもれなく最低返済額が4,000円に決まっているからです。

自動契約機の締め切り時間は土日も含めて確認しておく

カードローンを契約する時は、自動契約機の締め切り時間も確認しましょう。以下の表に、大手4社における平日と土日祝日の締め切り時間をまとめました。

カードローン会社 締め切り時間(平日) 締め切り時間 (土日祝)
SMBCモビット 20:00 ※ 20:00 ※
プロミス 21:00 21:00
アイフル/td>

21:00 21:00
アコム 21:00 21:00

※SMBCモビットは申し込みの曜日や時間帯によって、翌日以降の取り扱いとなる場合がある

SMBCモビットのみ20時まで、プロミス、アイフル、アコムは同じ21時まででした。

仕事が長引くなどの理由からより遅めの時間でも契約できるカードローンを選びたい場合は、SMBCモビット以外がおすすめです。

取り上げた4社はいずれも平日と土日祝日の締め切り時間が同じでしたが、取り上げていない他社の場合は異なるケースもあるので注意しましょう。

金利はどこが一番やすいのか

カードローン会社は、会社ごとに金利が異なります。金利が高いと当然支払う金額も高くなってしまうので、金利もしっかり確認しましょう。

以下の表に、主なカードローン会社4社の金利をまとめました。

カードローン会社 金利
プロミス 17.8%
アイフル
アコム
SMBCモビット
18.0%

以上のとおり、プロミスのみ0.2%低い17.8%、アイフル、アコム、SMBCモビットは18.0%で共通でした。

金利を低く抑えつつ5万円を借り入れるなら、選ぶべきはプロミスです。WEB完結で申し込めば、最短即日で5万円の融資を受けられます。

利息は支払い回数や支払い方式などで変わる

カードローンで返済の際に支払う利息は、支払回数や支払い方式によって変化します。

返済までの日数が長ければ長くなるほど支払う利息は高くなってしまうので、お金に余裕がある時にまとめて支払うなどして、借り入れ額は早めにすべて返済するようにしましょう。

カードローンで借り入れをする際は、正確な利息を確認しておきましょう。

スムーズに即日でお金を借りたいなら事前にWEB完結申し込みがおすすめ

カードローンを利用してスムーズに即日でお金を借りたい時は、カードなどの郵送物の発送がなかったり、会社によっては電話連絡がなかったりするWEB完結がおすすめです。

ここからは、WEB完結を利用するメリットと注意点を解説します。

事前にWEB申し込みをしておくことのメリット

まずは事前にWEB完結で申し込んでおくメリットを紹介します。

WEB申し込みをしてから自動契約機で引き出す

WEB完結でカードローンを事前に申し込んでいれば、あとはすぐに自動契約機でカードを発行したり、振込を利用したりして借り入れを行えます。自動契約機まで足を運んでから煩わしい手続きをする必要がありません。

借り入れをする際の作業の短縮ができるのが、WEB完結の第一のメリットです。

審査の待ち時間を減らせる

カードローンを来店で申し込む場合は、窓口や契約機で手続きをしてから審査に通るまで待ち時間が発生します。

しかしWEB完結なら自宅等で手続きをすれば、あとは自分の好きなことをしていれば最短30分程度で即審査結果が届きます。審査による待ち時間を無駄にしなくて済むのが、第二のメリットです。

自動契約機は夜遅くまでやっているので、その日の取り扱い終了時間までに引き出しに行ける

来店でカードローンを契約する場合受付時間に制限があるケースもありますが、WEB完結で申込み後に自動契約機を利用するなら自動契約機が夜遅くまで可動しているので、仕事などで遅くなっても手続きをして借入ができます。

インターネット上で入会手続きまでできるカードローンなら、すべての手続をネット上で終えてから振込やコンビニなどのATMで借り入れることも可能だよ。

すごい便利ですね!

WEB完結申し込みの便利な点と、使いにくい点を紹介します

WEB完結の便利な点と使いにくい点を紹介

WEB完結には、便利な点と使いにくい点がそれぞれあります。

解説するので、参考にしてください。

便利な点

まずは便利な点から紹介していきます。

家にいながらWEBサイト内だけで契約ができる

WEB完結なら自動契約機に足を運ぶ必要はありません。家に居ながらにして、スマートフォンやパソコンから契約の手続きをすべて終えられます。

プロミスやSMBCモビットならカードの発行なしで即借入が可能なので、カードを受け取る手間もかかりません。

銀行に振り込まれるので、引き出す必要がない

WEB完結で申込み後に振込キャッシングを利用して借り入れるなら、わざわざATMまでお金を引き出しに行く手間がかかりません。

例えば「クレジットカードの残高引き落とし日が迫っている」などの理由によりカードローンで借りたお金をすぐ銀行口座に預ける予定なら、カードを使ったATMでの借り入れよりWEB完結の振込キャッシングが便利です。

使いにくい点

次に使いにくい点です。対処法も一緒にご覧ください。

即日だと銀行が空いている15時までにいかなければいけない。

WEB完結で申込み後に銀行振込によるキャッシングを利用する場合は、即日振込みの受付時間に制限があるケースもあります。

例えばアコムで銀行に即日で借り入れ額を振り込んでもらうためには、平日の14時30分までに手続きをしなければいけません。

カードが後日郵送で送られてくるタイプだと、家族にばれてしまう恐れがある

アイフルではインターネット上で契約手続きをすると、後日自宅へカードが郵送されるので、カードローンを申し込んだことが家族にバレてしまう恐れがあります。

あれこれうるさく言われてしまうので、家族にバレたくない方もいるでしょう。

家族バレを防ぎたい場合は、対処法が存在します。

以下に主な4社で郵送物をなくす対処法をまとめました。

ここがポイント
  • アイフルは審査後の契約のみ店舗や契約ルームで行えば、郵送無しでカードを受け取れる
  • アコムはカードを来店で受取可能
  • プロミスやSMBCモビットなら郵送物無し(カードの発酵なし)で契約できる

郵送物により家族へカードローンの利用がバレてしまうと不都合がある場合は、上記の対処法を利用しましょう。

土日にWEB完結を対応していないカードローン会社がある

カードローン会社の中には、土日にWEB完結での申し込みができない会社もあります。

土日にWEB完結を申し込む際は、事前に申し込み先の営業時間を確認しておきましょう。

在籍確認の電話はかかってくる前提で準備しておこう

WEB完結で申し込んだ際は、必要に応じて金融会社からの在籍確認の電話がかかってきます。

100%の確率で在籍確認の連絡があるとは限りませんが、万が一電話に出られずに審査が長引いてしまったり、審査落ちしてしまったりすると即日での借入ができなくなってしまうので大変です。

WEB完結でカードローンを申し込む際は在籍確認の電話はかかってくる前提で、いつでも電話を受けられる万全な状態にしておきましょう。

銀行は即日融資が停止されたため、対応していない

銀行のカードローンでは、残念ながら2018年の1月以降即日での融資が停止されてしまいました。

銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低かったり、年収の3分の1位じょうのお金を借りられない「総量規制」の対象外だったりするメリットがあります。

しかし銀行だと即日融資ができないので、今すぐに5万円を用意することはできません。

大至急お金を借りたい時は、銀行ではなく消費者金融のカードローンを利用しましょう。

まとめ

マニュアルを参考にして下さい。

今回は、5万円を即日で借りるにあたって知っておきたいカードローン会社情報の比較やWEB完結について解説しました。

主に以下の3点が重要です。

ここがポイント
  • カードローンで即日5万円を借りることはできる
  • カードローンで5万円を借り入れるときは、無利息期間の違いや利息をしっかり確認しましょう。
  • すぐに審査を終えて即日で借り入れを行うなら、空き時間にすぐ申し込んで契約できるWEB完結がおすすめ

大至急5万円の借り入れを行いたいけどどこで借りるべきか迷っている。あるいはWEB完結のメリットについて知りたい。

そんな方は、この記事で解説したカードローンやWEB完結のしくみを参考にして、サービスを活用してください。