車検代が払えない!そんなときはカードローンを活用して車検費用を分割支払いして乗り切りましょう

自動車を利用する場合には定期的に車検を受けることが必要です。

この車検代が結構高くバカにならないとお嘆きの方も多いでしょう。

急に来るものではありませんが

「すっかり忘れていた」

「思ったより費用が高かった」

など車検代が払えないという緊急事態になることも。今回はそんな車検代の支払いについて解説していきます。

カードローンを利用すれば車検代の支払い問題も解決できますので、最後まで読み進めてみてください。

車検代はいくらぐらいが相場なのか?

自動車には様々な車種がありますので、それぞれ必要となる車検費用は異なります。

具体的には車両重量による区分が設定されていて、車検の際には車両区分に応じた重量税を支払うことが必要になるのです。

車両区分は軽自動車・小型自動車・中型自動車(1.5トン以下)・中型自動車(2トンまで)・大型自動車に区分されていて、それぞれ0.5トン刻みで重量が異なることになります。

車検の際に必要な重量税などの法定費用は以下の表のとおりです。

車種軽自動車小型乗用車中型乗用車(1.5トン以下)中型乗用車(2.0トンまで)大型乗用車
自賠責保険2万1,970円       2万4,950円
重量税6,600円1万6,400円2万4,600円3万2,800円4万1,000円
印紙代           1,100円
合計法定費用2万9,670円4万2,450円5万650円5万8,850円6万7,050円

法定費用を車種別に比較すると、軽自動車と大型自動車ではおよそ2倍ほどの違いがあります。重量税については特に軽自動車が有利だといえるでしょう。

車検の際には法定費用以外に検査代行料や24ヶ月法定点検費用などが必要になりますし、さらにその他の費用なども発生することになります。

冷却水やオイルやブレキフルードなどの交換費用も必要ですし、その他消耗品費や各種工賃なども必要です。
車検費用については法定費用以外に5万円~10万円程度が必要になると考えてみてください。

車検は初回は3年後、以降は2年に1度のペースで必要になりますから、車を保有するためには欠かせない費用だといえるでしょう。

カードローンを活用すれば車検費用を手軽に調達することができます

車検費用が比較的安い軽自動車の場合であっても、車検のためには10万円~15万円程度の費用を準備することが必要になります。大型乗用車などの場合であればそれ以上の費用を準備することが必要になるでしょう。

かなり大きな金額になりますので、ほとんどの人の場合にはこれらの費用をいきなり調達することは大変かもしれません。

しかし車検が切れてしまうと自動車に乗ることはできませんし、車検切れの自動車を運転した場合には処罰の対象になりますのでくれぐれも注意が必要です。

車検費用を準備することが難しいという場合にはカードローンの活用を検討してみてください。カードローンのほとんどが現在は即日融資に対応していますし、また50万円以下の借入であれば収入証明書の提出も不要です。

車検が迫ってきて急いで資金を調達しなければならない場合などであっても、カードローンを利用すれば余裕を持って対応することができるのです。カードローンについては利息の支払などが心配な人などもいるようですが、そのような場合には分割払いで車検費用を支払うと考えてみましょう。

車検代は通常一括で支払うことになりますが、カードローンを活用すればこれを分割で支払うことが可能になるのです。

例えば車検のための費用として10万円を借り入れたとします。

これを翌月に一括で返済しようとすると大変ですが、毎月数万円ずつであれば無理なく返済することができるのではないでしょうか。

10万円を年利18%の条件で借り入れて3ヶ月で返済する場合の詳細な利用条件は以下のようになります。

回数返済額元金利息残高
134,33832,8381,50067,162
234,33833,3311,00733,831
334,33833,8315070
累計103,014100,0003,0140

このように実際に発生する利息はおよそ3,000円ですから、ほとんどの人の場合にはそれほど負担にならずに返済を行うことができるのではないでしょうか。

カードローンは車検費用はもちろんですが普段の生活で必要になる様々な出費に対応することができますので、いざという場合に備えて事前に申し込んでおくことをおすすめします。

初めてご利用の方へ
車検代として初めてカードローンのご利用を考えている人には「初めてのカードローンはこう選べ!初心者に向けて一から解説」がおすすめです。利用方法や選び方を詳しく解説しているので自分の必要に応じたカードローンを見つけてください。

初めてのカードローンはこう選べ!初心者に向けて一から解説