お香典なしは常識外れ!急な出費にはカードローンを利用しましょう

突然に訪れるのが不幸ごとです。

親族などはもちろんなのですが、同僚や友人などに急な不幸ごとがあった場合などには、やはりお葬式に参加してお悔やみの気持ちを伝えたいものでしょう。

しかしお葬式に参加する場合にはお香典を準備することが必要になります。

特に不幸ごとは突然やってきますので、事前に備えておくことは難しいかもしれません。そのような場合にはカードローンを活用しましょう。

お香典は社会人のマナーです

葬儀に参加する場合にはお香典を用意するのが社会人のマナーです

手ぶらで参加できるのは学生時代までであり、社会人が手ぶらでお葬式に参加すれば「なんて非常識な人だろう」と思われてしまうかもしれません。
日本の社会は礼儀やマナーを重視しますので、お金がないからといってお香典を用意しないというわけには行かないでしょう。
また不幸ごとに関してはできる限りの対応をしたいものです。

お金の多少だけが大切というわけではありませんが、やはり人間関係を円滑に行うためにはお香典という形で気持ちを表すことが必要になります。

お香典の相場はどの程度なのでしょうか?

お香典の額は普段からの付き合いの深さや血縁関係などによって異なります。

親しい関係であるほどお香典の額も多くなることが一般的です。

実際の相場についてはそれぞれとなるのですが、概ね3,000円から100,000円程度の範囲となっているようです。

お香典の金額についてはそれほど親しい間柄でなければ3,000円から5,000円程度、親族などの場合には10,000円程度からと考えてください。

お香典はあくまでも気持ちですから金額などは自由なのですが、やはり社会人であれば常識の範囲で対応することを心がけたいものです。

お香典の平均金額
知り合い・友人3,000円から5,000円
親しい知り合い5,000円から10,000円
親族10,000万円から
直系の親族30,000万円から

お金が足りない場合にはカードローンを活用しましょう

いくら生活が苦しくてお金が足りなくても、お葬式にお香典なしで参加することはやはり失礼にあたるでしょう。

故人との最後のお別れになりますので、社会人として恥ずかしくない程度のお香典を用意したいものです。

お金がどうしても用意できなという場合に家族や友人などに相談するという方法もありますが、お香典などの費用についてはやはり相談しづらいかもしれません。

そんな場合にはカードローンの活用を検討してみてください。

現在のカードローンには誰でも申し込むことができますし、またお香典の費用であれば少額になりますので審査にも比較的通りやすいはずです。パートやアルバイトや自営業の人なども気軽に申し込んでみましょう。

無利息キャンペーンなどを上手に活用しましょう

お香典の費用であれば比較的少額の借り入れになりますので、ほとんどの場合には早期の返済が可能でしょう。そのような場合には無利息キャンペーンなどを上手に活用してみてください。

一定期間内に返済を行えば無利息で借り入れができますので、利息の負担なしでお香典の費用を借り入れることができるのです。

お金がないからと諦めてしまわずに、カードローンを上手に活用することを検討することをおすすめします。

急なお葬式の場合は即日融資で対応
当日にお金が用意できないと困ります。「カードローンの即日融資成功させる5つのポイント」では、準備しておくものや申込みからキャッシングの手順まで即日融資に必要な情報を紹介しています。時間がないときこそ焦らず一度目を通していただいて申込みに進んでください。

カードローンの即日融資を成功させる5つのポイント!今日中に現金が必要な人必見