楽天銀行スーパーローンがどんなカードローンなのか徹底調査!メリット・デメリットを分かりやすく解説

楽天市場を筆頭にオンラインサービスをたくさん展開する楽天。

しかし、楽天は有名だから安心して利用できそうと思う人もいれば、ネット銀行に不安な人、カードローン自体が初めてでそもそもよく分からない人も多いと思います。

特に、公式サイトは不特定多数の人向けで、分かりやすいローンの説明とはいえません。

ここでは、楽天銀行スーパーローンの申込から借入・返済の基本事項を解説し、他のカードローンと比較したときのメリット・デメリットを紹介します。

楽天銀行スーパーローンのサービスが理解できれば、利用すべきか判断ができるはずです。申し込むか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

楽天銀行スーパーローンの基本情報

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行(旧イーバンク銀行)が提供するカードローンです。インターネットショッピングモールで有名な楽天市場は多くの人が利用したことがあるのではないでしょうか。

あの楽天グループが運営する金融機関が楽天銀行です。知名度が抜群で信頼性の高い楽天だからこそ、特にカードローン初心者にはおすすめしたい1枚です。

商品名 楽天銀行スーパーローン
金利(実質年率) 1.9%~14.5% ※
利用限度額 800万円
遅延損害金 19.90%(実質年率)
担保・保証人 不要
保証会社

楽天カード株式会社
株式会社セディナ
即日融資 不可
資金用途 自由
返済方式 残高スライドリボルビング
手数料・保証料 不要
口座開設 不要
発行カード 楽天銀行スーパーローンカード

※2016年7月19日現在

審査基準はどの程度?申込前に必ずチェック!

楽天銀行スーパーローンの申込方法を解説

楽天銀行スーパーローンは、申し込んで審査に通過すればカードローンが利用できるようになります。つまり、最初のステップは申込条件をクリアすること。

この条件をきちんとチェックしないと審査に落ちる可能性だってあります。

ここでは、スーパーローンの申込条件を解説していきます。

申込資格は最低限クリアすべき審査基準

楽天銀行スーパーローンの申込条件は公式サイトにもある通り、次の4点です。

  • 安定した収入が毎月あること
  • 20才以上62才以下であること
  • 保証会社(楽天カード会社または株式会社セディナ)の保証を受けられる方
  • 外国人の場合は、永住権もしくは特別永住権を持つことが必須
この項目に全て該当するなら申込OKです。社会に出て働いているサラリーマンならば月1の給料が手に入りますので問題ありません。

安定した収入って、いったいいくらくらいなんだ?20才以上なら大学生や大学院生でも問題ないの?

そこが気になるよね!収入の安定性や職業や雇用形態によってOKなのかNGなのは次項をみてみよう

アルバイト・パート、個人事業主(自営業)や派遣社員もOK

安定した収入とは、決して高額な収入を得ている人ということではありません。毎月給料をもらえている人ならOKです。

金額の大小や雇用形態は重要ではなく、継続的な収入があるかどうかが重要なのです。従って、収入が少ないからといって諦める必要は全くありません。

ここがポイント
正社員である必要なし!アルバイト、パート、個人事業主や派遣社員ももちろん申込可能!

ただし、学生は注意が必要です。アルバイトをしている20才以上の学生なら申込可能ですが、バイトをしていても未成年なら申込不可です。

専業主婦も審査OK!ただし貸付条件が変わる

収入のない専業主婦はカードローンの申込自体できないことが多いです。にもかかわらず、楽天銀行スーパーローンは専業主婦でも申込ができます。

申込資格に明示的に記されているので全く問題ないでしょう。ただし、専業主婦の場合は、貸付条件が変わり、年齢の上限が62才ではなく60才となります。

専業主婦の場合の貸付条件
利用限度額 50万円
金利 14.50%

限度額が小さくなりますが、必要なときにいつでも引き出せるお金があると便利ですよ。

保証会社の保証が受けられる人ってどういう意味?

スーパーローンの保証会社はクレジットカードで有名な「楽天カード株式会社」と「株式会社セディナ」の2社です。

保証会社は保証人のような存在で、スーパーローンの利用者が返済できなくなったときに、代わりにローンの残債を楽天銀行に支払う役割を担っています。

スーパーローンは保証人不要のカードローンですが、保証会社が利用者の保証を請け負ってくれることで、安心してお金を貸すことができるわけですね。

ですから、保証会社はスーパーローンの審査に参加します。つまり、保証会社が審査を実施して、この利用者なら融資してもOKだと判断されれば保証を受けられるということです。

もし1社しか保証会社がない場合は、その1社の保証審査に落ちると審査落ち。

2社いることで、仮に1社の審査に落ちても、もう1社の保証審査がOKならいいんだ!2回審査を受けられるって意味ではチャンスがあるといえるね!

申込条件だけでなく、審査落ちの原因など知りたい方もいるでしょう。楽天銀行スーパーローンの審査についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ関連記事をチェックしてみてください。

楽天銀行スーパーローンの審査を詳しく解説!審査の流れや意味を理解して疑問を解消しよう

申込方法はウェブのみ!予め必要書類は準備しておこう

楽天銀行スーパーローンの申込方法はウェブのみ
楽天銀行スーパーローンの申込はウェブのみです!つまり、公式サイトの申込フォームに必要事項を入力していくかたちになります。

電話をかけても新規申込は受け付けてくれませんので注意しましょう。

また、申込後の審査で本人確認用の書類を楽天銀行に提出する必要があります。提出方法は郵送でもいいですし、スマホや携帯のカメラでとって送信可能な専用の楽天銀行アプリがあります。アプリの方が圧倒的に手間なくはやくできますよ。

本人確認用書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • のいずれかのコピー

また、希望する金額によっては収入を証明する書類の提出も求められます。念のためすぐに提出できるよう手元に準備しておくと審査がスムーズにいきます

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 課税証明書
  • のいずれかのコピー

必要書類は審査担当者から要求されるので、そのときに準備するでももちろん問題ないです。

利用手続きの流れ

スーパーローンの申込から審査を経て契約を結べばカードローンを利用することができます。一連の手続きの流れは以下の通りです。

  1. 申込フォームで入力
  2. 申込を済ませると審査がスタート
  3. 契約
  4. スーパーローンのカードが後日郵送で届く

審査結果はメールで通知されますが、審査に落ちれば契約はできずスーパーローンは利用できません。

審査といっても実は「仮審査」と「本審査」の2パターンあります。それぞれ審査の意味合いが違うので審査を無事通過するためにも内容を把握しておくといいでしょう。

より詳しい審査の解説はこちらの関連記事で紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

楽天銀行スーパーローンの審査を詳しく解説!審査の流れや意味を理解して疑問を解消しよう

楽天銀行スーパーローンの金利は低い

楽天銀行スーパーローンの金利は、国内3大メガバンクと同水準です。銀行の多くは14~15%程度の金利になり、消費者金融は18%であることが多いので、楽天銀行は低金利のカードローンといえるでしょう。

各カードローンの限度額と金利の比較表
カードローン 利用限度額 金利
楽天銀行スーパーローン 800万円 1.9%~14.5%
みずほ銀行 800万円 2.0%~14.0%
三井住友銀行 800万円 4.0%~14.5%
三菱UFJ「バンクイック」 500万円 1.8%~14.6%
オリックス銀行 800万円 1.7%~17.8%
プロミス 500万円 4.5%~17.8%
アコム 800万円 3.0%~18.0%
アイフル 800万円 3.0%~18.0%
SMBCモビット 800万円 3.0%~18.0%

金利が低ければそれだけ利息が安くなるので、利用者にとっては返済負担が軽くなります。

初めてカードローンの利用を検討している人にとっては、ローンがどういう商品なのか知るきっかけとして楽天銀行のスーパーローンは適していますよ。

利用限度額によって金利が変わります

金利は限度額が大きくなればなるほど下がります。カードローン契約時は、申込者の信用や返済能力によって厳密には変わりますが、ほとんどの方は利用限度額50万円以下からのスタートになるのが一般的です。

楽天銀行のカードローンの利用履歴がない分、どうしても信用が十分でないからです。従って、14.5%の金利でスタートする人がほとんどでしょう。ただし、金利は利用限度額が大きくなるにつれて下がるように設定されています。

スーパーローンの利用限度額と適用金利の一覧
利用限度額 適用金利
100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
800万円 1.9%~4.5%

利用限度額は契約後に上げることが可能なのです!そのためには増額審査に通過しなければなりません。

増額審査に通過するためには、返済期日をしっかり守って返済をしていくことがとても重要です。延滞をしない返済履歴が一番理想的。そうして信用を高めていくことが増額審査の通過に必須の要素です。

低金利を目指すなら、ぜひ限度額アップの審査通過を目指しましょう。

楽天銀行スーパーローンの借入方法

楽天銀行スーパーローンの借入方法を解説

融資を受ける方法は主に3パターンあります。

  • 手数料無料のネットキャッシング(パソコン、スマホ、携帯電話の操作のみ)
  • 楽天銀行カードセンターに電話して借入依頼
  • 提携CD・ATMからローンカードで借入
ネットキャッシングが利便性が高く一番簡単な借入方法です。スマホやパソコンならネットにつながる環境ならどこからでも利用できるので。

口座への振込を依頼する場合には、銀行の営業時間に左右されます。営業中なら当日中に振り込まれますが、土日・祝日は平日15時以降など窓口が閉まる時間帯の振込依頼は、銀行の翌営業日に実施されるので注意してください。

楽天銀行口座を持っている場合24時間365日即時融資可能!

ただし、楽天銀行の口座ならその心配はありません。いつもで即時キャッシングができます!これはインターネットをフル活用したネット銀行の強みでしょう。

楽天銀行の口座は、スーパーローンとの相性が抜群にいいのです。この機会に楽天銀行の口座を持っていない人は口座開設をする価値は十分ありますよ。

楽天銀行スーパーローンの返済

カードローンで最も重要なのが返済です。返済を怠れば罰金が発生し、信用もマイナスになります。だからこそ、返済のしやすさはカードローン選びで大切な指標になります。

ここでは、楽天銀行スーパーローンの返済について解説してきます。

口座引き落とし(振替)のみ。返済日は自分で選択

毎月決まった日に登録した銀行口座から自動引き落としで定期的に支払います。

返済日は4つから自分の好きなタイミングを選べるようになっていますが、金融機関によって選べない日もあるので注意が必要です。例えば、じぶん銀行の口座は、1日、20日は指定できません。

毎月の返済日はいずれかを選択
  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日 ※ 楽天銀行の口座のみ選択可能
自分で選択した支払日に、自動で口座から支払われます。この定期的な支払日のことを約定返済日といいます。

返済額は利用残高に応じて自動的に決まる

返済日の決定方法は分かりましたが、毎月の返済額はいくらになるのか気になりますよね。返済額は約定返済日の15日前の利用残高に応じて自動的に決まります。

毎月の返済額と利用残高の関係
約定返済日の15日前の利用残高 毎月の返済額
10万円以内 2,000円
10万円~30万円以内 5,000円
30万円~50万円以内 10,000円
50万円~100万円以内 15,000円
100万円~150万円以内 20,000円
150万円~200万円以内 30,000円
200万円~250万円以内 35,000円
250万円~350万円以内 40,000円
350万円~400万円以内 45,000円
400万円~500万円以内 50,000円
500万円~600万円以内 60,000円
600万円~700万円以内 80,000円
700万円~800万円以内 100,000円

例えば、約定返済日が7/1の場合、15日前は6/16。6/16日の利用残高が30万円なら、7/1の返済額は5,000円になるということ。

要するに、約定返済日の15日前に返済額が確定するんだね!

楽天銀行スーパーローンの月々の返済額は安い

毎月の返済額は他社と比べても安い部類に入ります。

カードローン

借入残高
10万円 30万円 50万円 100万円
楽天銀行スーパーローン 2,000円 5,000円 10,000円 15,000円
三井住友銀行 2,000円 6,000円 10,000円 15,000円
バンクイック 2,000円 6,000円 10,000円 20,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
プロミス 4,000円 11,000円 13,000円 26,000円
アイフル 4,000円 11,000円 13,000円 26,000円

毎月の返済額が高くなればなるほど、生活費を圧迫するようになるので、約定返済額が安ければ、気持ちにゆとりがうまれるので安心して生活をすることができます。

繰上げ返済(随時返済)を上手に利用して利息額を減らそう

楽天銀行スーパーローンは繰上げ返済をメインにするといい

楽天銀行スーパーローンの約定返済額は安いですが、その分完済までに時間がかかります。だからこそ、毎月2,000円だけど、今月は多めに1万円くらい払いたいなと思う人もいるのではないでしょうか。

楽天銀行スーパーローンは、繰上げ返済が可能です!

繰上げ返済(随時返済)とは?
自分の好きなタイミングで、定期的な約定返済とは別の追加の返済のこと
繰上げ返済の方法
  • カードを利用してATMで入金する
  • ネットバンキングから返済する

約定返済の場合、利息額を含むので返済の進みが遅くなります。金利14.5%で借入残高が10万円の場合、毎月の返済額は2,000円になりますが、1カ月を30日とすると利息は1191円です。つまり、800円程度しか残高が減りません。

しかし、繰上げ返済は利息を含まないので、支払った金額全てがカードローンの返済に充てられます。1万円を繰上げ返済で支払えば、1万円分り借入残高が減ります!すると、完済までのスピードがはやまるので、利息を節約する効果もあるのです。

スーパーローンのおすすめ返済方法
出費の多い月は約定返済のみにして、原則、毎月繰上げ返済をしていく

スーパーローンのメリット

ここまでで、楽天銀行スーパーローンの申込から審査、借入・返済まで一通り解説してきましたが、スーパーローンの他社にはない強みをまとめました。

  • 楽天ポイントが「1000ポイント」もらえる!
  • 口座開設不要!自分の持ってる銀行口座でOK
  • 楽天銀行口座を持っている場合24時間365日即時融資可能!
  • 楽天会員ランクに応じて審査が有利になる
  • ウェブ申込なので、土日・祝日も可能
  • 毎月の返済額が2000円~と安い
  • 手数料無料のATMが多い
ここでは、スーパーローンのメリットを紹介していきます。

入会すれば楽天ポイントを1000円もらえる!

「1ポイント=1円」なので1000円分のポイントになります。楽天ポイントは楽天で商品購入時に使えますし、楽天以外にも無印良品、TOHOシネマズなどの楽天ポイントで支払いができるサービスがたくさんあります!

特に普段から楽天ポイントを貯めている人にはおすすめです。

また、この機会に便利な楽天のサービスを利用していみるのもいいかもしれません。他のカードローンにはこのようなポイント付与の特典はありませんよ。

楽天会員ランクに応じて審査が有利になる

楽天会員には、5つのランクが設けられています。

楽天の会員ランク
  • レギュラー
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ
  • ダイヤモンド

簡単にいうと普段から楽天サービスを多く利用していると会員ランクが上位になります。ダイヤモンドは最上位のランクで、バースデーポイントや限定サービスが多数用意されています。

楽天銀行のスーパーローンですから、楽天の利用者は審査が有利になります。特に上位のランクになればなるほど、楽天に貢献しているといえるので優遇される可能性が高くなりますよ。

カードローンは、急にお金が必要になったときに、すぐ利用できる状態にしておくことで、イレギュラーな金欠のリスクヘッジになります。ぜひ楽天会員でカードローンを持っていない人は、この機会に1枚作っておくことをおすすめしますよ。

手数料無料のATMが多い!

カードを使ってATMで借入・返済をすることができます。ATMを利用する上で気になるのは手数料ですよね。毎回手数料がかかると返済の負担になりますし、できれば無料がいいでしょう。

楽天銀行スーパーローンのATMでの返済は手数料無料です。借入の場合は、一部有料のATMもありますが、メジャーなATMはどれも無料で利用できます。

借入時の手数料が無料のATM
  • みずほ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 東京スター銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • E-net(ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクスなど)
  • ローソンATM
  • など

大手コンビニが手数料無料で使えれば、夜遅い時間や土日も利用しやすいですね。

有料なATMの手数料は以下の通りです。

  • 1万円以下:108円(税込)
  • 1万円超:216円(税込み)

スーパーローンのデメリット

メリットばかりではありません。スーパーローンにも弱みはあります。

  • 審査スピードは、大手消費者金融に比べると遅い
  • 年齢制限は厳しめ
  • 申込方法がウェブしかない。電話は対応不可

申込後に後悔をしないためにも、デメリットもしっかり考慮にいれてスーパーローンを検討すべきでしょう。

ここでは、デメリットを紹介していきます。

審査スピードは、大手消費者金融に比べると遅い

楽天銀行に限らず銀行のカードローンは全て即日融資ができません。最短でも、審査結果が分かるのは、申し込んだ翌日か2営業日後になるのが一般的です。

つまり、申し込んだその日中に融資を受けたい場合には、楽天銀行スーパーローンでは対応できません。

そのような、とにかく早く融資を受けたい人は、審査スピードが最短30分のプロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットといった大手消費者金融を選ぶべきでしょう。

審査スピードは圧倒的に消費者金融が有利だよ。無人契約機なら申込から審査・契約・カード発行まで全てできてしまうからね。

ATMのキャッシングもすぐできるんだね。銀行はしょうがないか。

年齢制限は厳しめ

スーパーローンの申込の年齢制限は20才から62才までです。他のメガバンクや大手のカードローンは70才近くまで利用可能ですから、63才以上の方はスーパーローン以外を検討せざるを得ません。

カードローン 年齢制限
楽天銀行スーパーローン 20才以上62才以下
みずほ銀行 20才以上65才以下
三井住友銀行 20才以上69才以下
三菱UFJ「バンクイック」 20才以上64才以下
オリックス銀行 満20歳以上69歳未満
プロミス 20才以上69才以下
アコム 20才以上69才以下
アイフル 20才以上69才以下

申込方法がウェブのみ。電話は対応不可

ウェブの公式サイトや申込フォームだからこそ、いつでもどこでも休日関係なく申込ができます。働いている人は店頭窓口に行く時間は平日ほとんどないでしょうから、持ち歩いているスマホで申し込めるのはとても便利です。

しかし、スマートフォンやパソコンの操作に慣れていない人もいるでしょう。ウェブ以外に申し込む方法がないのは楽天銀行の弱みといえるでしょう。

まとめ

楽天銀行スーパーローンの特徴を紹介してきました。

ショッピングモール型のECで有名な楽天グループのカードローン。知名度抜群で正規の銀行ですから安心して利用できます。

ここがポイント
  • 楽天ポイントが1000円分もらえる!楽天利用者でカードローンを探しているなら楽天銀行スーパーローンがいい
  • アルバイト、パート、個人事業主(自営業)、派遣社員も申込可能
  • 収入のない専業主婦やバイトをしている20才以上の学生も利用可能。
  • 最大金利14.5%でメガバンク並みの低水準!初めてのカードローンにぴったり
  • スマートフォン1台で申込から契約・借入まで全ての手続きが可能!
  • コンビニ系ATMが借入・返済ともに手数料無料!随時返済は追加借入に便利
楽天銀行スーパーローンは、いろいろな職業や属性の人でも利用しやすいのが特徴です。特に収入面で自身がない人、銀行カードローンの審査に通るか不安な人にはお勧めのカードローンです。