満足度が高い住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」を徹底解説!

住信SBIネット銀行のミスターカードローンは低金利・高限度額で気になる人も多いでしょう。

しかし、他のカードローンには見られない特徴的なサービスもあり、今いちピンとこない人は意外と多いはず。

そこで、ここではミスターカードローンの特徴を分かりやすく解説し、申込から利用にいたるまでの知っておくべきポイントを紹介していきます。

2019年オリコン顧客満足度調査で銀行カードローン第2位を獲得!!

2019年1月4日にオリコンから発表された、実際の利用者が選んだ満足度が高い銀行カードローンで住信SBIネット銀行のミスターカードローンが第2位を獲得しました。

1位:じぶん銀行 (じぶんローン)
2位:住信SBIネット銀行 (ミスターカードローン)
3位:オリックス銀行
4位:三菱UFJ銀行(バンクイック)
5位:福岡銀行(カードローン)
 
参考:オリコン/銀行カードローンのランキング・比較

評価項目7つのうち、3項目(借入条件、金利、返済のしやすさ)で1位となっていますが、総合ではおしくも1位を逃しています。利用者の実際の声を見てみると、簡単な手続きや返済、金利の低さなどを評価する声が多いのが分かります。

「他のカードローンより金利が低い」
「ネットのみで早い簡単。家族に知られない」
「手数料がかからないし、コンビニならどこでも借入返済が可能」
「随時返済がパソコンからもできて便利」など

ミスターカードローンの基本データ

ミスターカードローン(MR.カードローン)は、住信SBIネット銀行が提供する高限度額・低金利で有名なカードローンです。

住信SBIネット銀行の公式サイトを確認すると、下限金利が1.0%を切り、限度額1,000万円超えで非常にスペックの高いカードローンであることが分かります。

  • 金利:年0.99%~14.79%
  • 利用限度額:最高1,200万円

しかし、実際には、ミスターカードローンは2種類のコースに分かれているのです。

表.ミスターカードローンのスペック表
商品名ミスターカードローン
コースプレミアムコーススタンダードコース
金利

※ 金利引き下げ適用後
1.59~7.99%

0.99~7.99%
8.99~14.79%

8.39~14.79%
利用限度額10~1,200万円10~300万円
担保・保証人不要

0.99%という金利は、プレミアムコースで、かつ金利の引き下げが適用された場合に実現可能な金利であることが分かります。

金利や限度額を表面上見ただけでは、分かりづらいですね…

そうだね。一般的なカードローンと異なる点が多くユニークなカードローンなんだよ。

特殊なケースな気がします。

ミスターカードローンに申し込む前に知っておくべきことを教えてほしいです!

まずはミスターカードローンの特徴をいくつかみていこう!

ミスターカードローンならではの特徴

ミスターカードローンは一般的なカードローンには見られないユニークな特徴が4つあります。

  • プレミアムコースとスタンダードコースの2つのコースについて
  • 最大0.6%金利が安くなる引下げ特典
  • 提携ATMが手数料無料で利用可能
  • 手続き・利用は全てネットで完結する

それぞれについて詳しく解説をしていきます。

プレミアムコースとスタンダードコースの2つのコースがある

ミスターカードローンには金利と限度額の異なる「プレミアムコース」と「スタンダードコース」があります。

金利を見れば一目瞭然ですが、プレミアムコースの方が圧倒的に低金利であることが分かります。

プレミアムコース
金利 :1.59%~7.99%
限度額:10万円~1,200万円
スタンダードコース
金利 :8.99%~14.79%
限度額:10万円~300万円

利用者は、どっちのコースか選択できるんですか?

残念ながら、それはできないんだ。
ここがポイント
住信SBIネット銀行が審査でコースを決定します。

申込を検討する人は、できればプレミアムコースを選びたいと思うかもしれませんが、コースを選ぶことはできません。

プレミアムコースは審査基準が高くなる

プレミアムコースを利用するためには、年収や勤続年数などの条件が一定以上であることが必要になります。

金利が低く、高い限度額で貸し出すためには、相応の信用や返済能力が求められます。

それでも利用者にとってみれば、より低金利なプレミアムコースを希望したくなる気持ちも理解できます。

しかし、スタンダードコースが適用された場合であっても、金利は銀行カードローンの平均的な水準なのです。

プレミアムコースの金利が低くて、そこと比較してました…

銀行カードローンの上限金利はだいたい14~15%くらいだよ。

スタンダードコースは同じくらいの金利なんだよ。

それだったら、スタンダードコースを実際利用しても、不都合を感じることは少なそうですね。

なお、申込者がどちらのコースが適用されるかどうかは、ミスターカードローンの申込後に実施される仮審査の結果で判明します。

プレミアムコースが適用されない場合などには、この時点で申込みを取り下げることも可能ですよ

条件をクリアすれば、最大0.6%金利が引き下げになる

金利を下げる条件は2つあります。どちらも適用されれば、基準金利より0.6%下げることが可能です。

①.金利を0.1%下げる条件
次の2つの条件を満たす必要があります。

  • 住信SBIネット銀行のクレジットカード「ミライノカード(JCB)」を持っていること
  • 住信SBIネット銀行の口座を引落し口座に設定していること
②.金利を0.5%下げる条件
どちらか1つの条件を満たせばOK。

  • SBI証券口座の保有登録が済んでいること
  • 住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用中の人 ※ フラット35は対象外

0.1%下がる人、0.5%下がる人、0.6%下がる人の3パターン考えられるってことですか?

その通りだよ!

金利は個人差があるけど、基準金利の上限と下限の利率が引き下げられると次のようになるよ!
上限金利と下限金利の引下げ後の利率
プレミアムコーススタンダードコース
基準金利1.59%7.99%8.99%14.79%
条件①適用1.49%7.89%8.89%14.69%
条件②適用1.09%7.49%8.49%14.29%
条件①と②適用0.99%7.39%8.39%14.19%

提携ATMでの借入・返済は手数料無料!

ミスターカードローンは、提携ATMで借入・返済が手数料無料で利用可能です。

ATM設置場所
イオン銀行ミニストップ
イオンモールなど
セブン銀行セブンイレブン
イトーヨーカドー
駅、空港など
イーネットファミリーマート
デイリーヤマザキ
ニューデイズなど
ローソン銀行ATMローソン
ナチュラルローソンなど

大手のコンビニを網羅しているので、どこでも手数料無料で借入・返済できて便利ですね!

カードローンで提携ATMを利用すると、手数料がかかるのが一般的。

そう考えると、手数料気にせずにATMが使えるのはメリットが大きいですね!

ミスターカードローンの手続きは全てネットで完結する

カードローンの申込から契約、借入や返済まで全てネットでできます。

わざわざ窓口に行くなどといった面倒な手続きがありません。

お手持ちのパソコンやスマートフォン、携帯電話があれば手続きできてしまいますので、面倒なことが苦手な人でも気軽に申し込むことが可能。

申込・審査で知っておくべき6つのポイント

①.申込資格(審査の最低条件)

申込資格を全てクリアしないと審査を受けることも通過することもできません。

ですから、ミスターカードローンの申込を検討する人は、次の5点の申込条件を満たしているかどうか確認しましょう。

  1. 満20歳以上満65歳以下の人
  2. 安定した継続収入がある人
  3. 外国籍の人は、永住者であること
  4. 保証会社の保証を受けられる人
  5. 住信SBIネット銀行の普通預金口座を持っていること(同時申込可能)

収入はアルバイト・パートでもOK

正社員である必要はありません。毎月収入が安定しているなら雇用形態は特に関係ありません。

派遣社員であっても月々の収入差が大きくなければ申込可能です。

保証会社の保証を受けられるかどうかは、申込段階でそれほど気にする必要はない

ミスターカードローンの保証会社は2社あります。

  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • 住信SBIネット銀行カード株式会社

ミスターカードローンは保証人不要で利用できますが、保証会社が保証人の役割を果たしているからです。

そのため、カードローン審査に保証会社も加わり、保証が可能か判断をします。

つまり、保証会社の保証が受けられるかどうかは、審査をしないと分からないため、申込の段階でそれほど気にする必要はないのです。

どちらが保証をしてくれるかについても、申込前の段階で分かりません。

審査をしなければ決められないからです。

②.申込ができない人

ミスターカードローンは、以下に該当する人は申込ができません。

公式サイトのQ&Aページにもはっきりと記載されています。
  • 専業主婦
  • 年金収入のみの人
  • 学生

収入がない、または収入が不安定な人は利用ができません。

主婦や年金を受給している人でも、バイトやパートをして毎月一定の収入を得ていれば申込が可能になります。

③.本人確認書類は提出が必須

ミスターカードローンの本人確認書類は次の6つの写しが認められています。

これら全てが必要になるわけではありません。

通常、審査内容は個人差を伴うため、複数の書類を求められる人もいます。
ミスターカードローンで認められている本人確認書類
書類撮影箇所
運転免許証両面
住民基本台帳カード(写真付き)両面
個人番号カード
※ 通知カードは不可
表面のみ
パスポート顔写真、現住所ページのコピー
在留カード両面
特別永住者証明書両面
健康保険証両面

運転免許証がなくても、大丈夫そうですね!

なお、書類はスマートフォンで撮影してすぐに提出が行えます。

提出はとても簡単に行えるのですが、画像がブレて内容が確認できないようだと再提出を求められる可能性があります。

撮影した後に画像をチェックして、次の4項目がきちんと読み取れるかどうか必ずチェックしましょう。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 現住所
  • 発行元(交付元)

④.限度額によって収入証明書が必要になる場合がある

収入証明書は必ずしも提出を求められるものではありませんが、次の条件にマッチする人は提出しなくてはなりません。

収入証明書の提出条件
利用限度額が50万円を超える場合

言い換えれば、利用限度額が50万円以下の場合は収入証明書の提出は原則不要になります。

ミスターカードローンで求められる収入証明書は次の4パターンあります。

  • 源泉徴収票
  • 自治体が発行する納税証明書類 ※ 住民税課税決定通知書など
  • 確定申告書
  • 給与明細(直近一ヶ月分)※ 勤続年数1年未満で源泉徴収票がない場合

申込時に予め手元に準備しておけばスムーズに提出ができますよ。

⑤.勤務先への在籍確認の内容

在籍確認は、申込時の勤務先が正しいかどうかのチェック審査です。

収入に関わる情報ですから、必ず在籍確認の審査は行われます。
銀行名は名乗らず審査担当者が個人名で電話をかけてきます。

「A(苗字)と申しますが、Bさん(申込者)いらっしゃいますか?」という感じですね。

これなら自分がカードローンを利用していることが社内に知られる心配がなくなりますね。

また、私用の電話をかけてほしくない場合は、住信SBIネット銀行名で電話をかけてもらうことも可能。
在籍確認の相談は受付ていますから、心配事がある人はぜひ住信SBIネット銀行へ相談をしましょう。

⑥.審査時間は数日かかる

ミスターカードローンの審査は「仮審査」と「本審査」があります。

仮審査と本審査の違い
仮審査は申込後に行う審査。主に申込み内容をベースに利用者を評価する1次審査のこと。

本審査は仮審査通過後に行われる2次審査のこと。在籍確認や書類提出など申込内容の事実確認を主に行う。

ミスターカードローンは「申込→仮審査→本審査→契約」という流れで進んでいきます。

仮審査に落ちたらその時点でカードローンは利用できないってことですね。

仮審査と本審査はそれぞれどれくらい時間がかかるものなんですか?

ミスターカードローンのそれぞれの審査時間の目安は次の通り。
  • 仮審査は最短で60分
  • 本審査は1日~数日かかる

ミスターカードローンは申込当日中に融資を受けられそうにないですね?

即日融資はできません。

基本的には審査に3~4日かかるものと思ったほうがいいですよ。

また、希望額が高額になればなるほど、審査もより慎重に時間をかけるものになります。

もし、急にお金が必要で当日中に融資してもらいたい場合は、即日融資可能な大手消費者金融を選ぶべきでしょう。

借入・返済の基本事項

ミスターカードローンの借入と返済で知っておくべきことは次の4点です。

  • 借入方法
  • 毎月の返済額
  • 追加の返済(随時返済)
  • 全額返済のやり方

それぞれについて詳しくみていきましょう。

借入方法は2パターン

ミスターカードローンでお金を借りる方法は次の2つです。

  • 銀行振込
  • ATM(手数料無料)

銀行振込は、パソコン、スマホ、携帯電話から住信SBIネット銀行の会員ページにログインして依頼をすることができます。

住信SBIネット銀行のアプリから入金依頼を出すことも可能!

スマートフォンユーザーはぜひアプリを利用しましょう。

提携ATMは、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンといった大手コンビニが使えますし、何と言っても手数料無料です。

他のカードローンの場合、提携ATMは手数料がかかるのが一般的ですが、ミスターカードローンは手数料出費がないのでATMを気にせず使えます。

毎月の返済額は残高に応じて自動的に決まる

ミスターカードローンの毎月5日が返済日で、返済金額はカードローンの残高に応じて自動的に決まります。

月末のカードローン残高がいくらなのかによって、返済金額が決まるようになっているんです。
カードローン残高100万円以下の返済金額の一覧
月末時点の残高翌月の返済金額
~10万円以下2,000円
10万円超20万円以下4,000円
20万円超40万円以下6,000円
40万円超60万円以下8,000円
60万円超80万円以下11,000円
80万円超100万円以下15,000円

カードローンの残高が10万円以下になると月額2,000円になりますから、無理せず返済ができます。

毎月2,000円ですか!?安いですね!

これなら支払えないことはなさそうです。

でも、毎月の返済額が安いということは完済まで時間がかかってしまいますね。

…何か返済総額を安く済ませる方法はないんですか?

返済総額を安く抑えるためには、次に解説する「随時返済」を定期的に行うことが重要です。

追加の支払いで返済を進めることも可能(随時返済)

随時返済は、毎月5日の約定返済とは別に、利用者が都合の良い日に自由に支払う追加の返済のことです。

随時返済は、ATMや銀行振込からできますよ!

返済金額も利用者の自由です。
ここがポイント
随時返済は、約定返済と違い利息が含まれない!支払った金額全てがカードローンの返済に充てられる。

これなら、ミスターカードローンの返済がグッと進みますね。
Attention
随時返済は約定返済(毎月5日の定期支払い)の替わりにはなりません。

つまり、随時返済をしても約定返済は通常通り行われますのできちんと理解しておきましょう。

お金に余裕がない月は約定返済のみにして、多く支払える場合には積極的に随時返済をしていくという使い方が可能です。

全額返済は注意が必要!

全額返済は、利息分含めて残りのカードローンを一括で支払う返済のことです。

ここがポイント
  • 全額返済はATMで行えません。
  • 銀行振込のみの対応になっています。

えっ!ATM使えないですか?

コンビニのATMは硬貨が使えないからね。

1円単位の支払いをきっちりできないんだよ。

全額返済のやり方は簡単で、住信SBIネット銀行の会員ページの随時返済メニューから全額返済を選択すれば手続きが可能です。

利用限度額の増額方法

住信SBIネット銀行から「カードローン増額申込みのご案内」の通知や連絡が来たら増額の申込ができます。

利用者が増額の依頼を出すことはできないんですか?

カードローンの限度額の増額ってそのイメージなんですが

残念ながら、ミスターカードローンの場合は無理です。

増額案内の連絡がきた人でないと、増額は申し込めません。

カードローンの増額案内の連絡は、メールや会員ページのメッセージボックスに連絡が来ます。

Attention
増額案内には有効期限が設けられています。その期限を過ぎたら申込は受付てもらえませんので注意しましょう。

まとめ

ミスターカードローンのサービスの特徴や、申込から借入・返済までのポイントを紹介していきました。

ミスターカードローンのポイントは3点あります。

ここがポイント
  • プレミアムコースとスタンダードコースは、利用者が選ぶことはできない
  • プレミアムコースは、カードローン業界の中でも最強クラスの低金利
  • 提携ATMの手数料が無料

これまでのカードローンやクレジットカードの利用で延滞をしたことがない人でカードローンを検討している場合は、ぜひミスターカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。