みずほ銀行カードローンの利用詳細を解説、利便性の高さに注目!

使いみち自由のお金を借り入れる方法はいろいろありますが、銀行カードローンは、一般的に消費者金融よりも低金利の商品です。

そのため日常の費用のちょっとした不足を埋めるためにも、まとまった資金を借り入れるためにも便利です。

今回はそんな銀行カードローンの代表格、メガバンクのみずほ銀行カードローンの詳細について紹介していきます。

みずほ銀行カードローンの基本情報

みずほ銀行カードローンは、金利が最大14.0%と、消費者金融の基本18.0%に比べますと低金利になっています。

しかしその分、審査が厳しくなっており時間もかかりますので十分に余裕を持って申込みましょう。

分類 銀行カードローン
審査時間 2日間~1週間
実質年率※ 2.0%~14.0%
利用限度額 最大800万円
申込条件 20歳以上66歳未満で、安定収入があり、保証会社の保証を受けられること
無利息期間 なし
遅延利率 19.9%
返済方式 残高スライド方式

※住宅ローンの利用で金利が年0.5%引き下げられます。

銀行の場合、取引状況によってさまざまな金利優遇があるのが普通です。みずほ銀行の場合は、住宅ローン利用者のみ、金利0.5%引下げという特典になっています。

借入れするのにみずほ銀行の口座が必要

最近は銀行カードローンも、銀行口座と切り離されて活用できる商品が増えてきました。この点、みずほ銀行は従来からの、必ず銀行口座を必要とするタイプになっています。

持っていない方は銀行口座も同時に申込めますので、それほどデメリットはないでしょう。Webから申込みますと、カードローンの審査に通った場合のみに口座が作成されます。むしろ、自動引き落としで返済が確実におこなえるメリットが大きいでしょう。

金利が低く設定されている

ローンというもの、特にカードローンについては、金利に幅があっても低いほうを見てはいけません。多くの人は、契約時には最大金利になります。

特にみずほ銀行カードローンの場合、限度額と金利とがリンクしています。100万円未満の契約の場合、金利が14.0%となっています。限度額の増額なしに、金利だけ下げてもらえることはないでしょう。

ですから、この金利で借りるものだと思っておきましょう。銀行のカードローンは、14%~15%程度が上限の物が多いです。中には、消費者金融と同等の、18%程度のものもあります。比較的、みずほ銀行の金利は低いと言えます。なお、10万円を便宜上借りっぱなしにしたと考えたときの利息は、金利14%の場合14,000円、15%の場合15,000円になります。

みずほ銀行カードローンの金利から学べる無駄な利息を払わず融資を受ける方法!

利用上限額はトップクラス

利用限度額も、高いほうより低いほうをみるほうが賢明です。みずほ銀行の場合、審査に通った場合の最低限度額は「10万円」です。

高いほうはほとんどの人には残念ながら縁がありませんが、参考までに見ておきますと、みずほ銀行は800万円です。但しこの限度額を与えられるためには、最低でも年収1,500万円程度は必要と思われます。

金利の低さとか限度額とか何かいろいろスゴイよね!

消費者金融と比べて金利・限度額が低いのが銀行カードローンの特徴さ、ただ審査は少しばっか厳しいけどね…

みずほ銀行カードローンの審査申込

みずほ銀行カードローンの主な特徴を紹介したところでここからは申込み方法と、審査の内容について見ていきます。

みずほ銀行カードローンの審査申込は、契約時に20歳以上66歳未満の人で、安定・継続した収入がある人なら申込めます。外国人については、永住権保持者であることを要します。

「キャッシュカード兼用型」「カードローン専用型」のどちらかを選択

最近の銀行キャッシュカードにはICチップが入っていますので、多機能となっています。既にみずほ銀行口座を持ってる人が申込む場合、カードローン機能はキャッシュカードに加わります。

みずほ銀行口座がない人が申込む場合も、通常はキャッシュカード一体型となります。ただこの場合、申込の段階で「普通預金口座同時申込をご希望でない方」を選択しますと、カードローン専用カードを、キャッシュカードと別個に発行してもらえます。

審査申込の方法は4パターン

みずほ銀行カードローンの審査の申込み方法は、以下の4つになっています。

  • WEB
  • 郵送
  • 電話
  • 店頭

急ぎの人については、店頭申込みが推奨されています。近年では、同じ手続きでも店頭のほうが時間が掛かることがむしろ多くなっており、この点珍しいかもしれません。みずほ銀行口座のない人がWebで申し込む場合、運転免許証の有無により手続きが異なります。

最近は、運転免許証のない人は証明方法に困る時代になってしまいました。免許証は、顔写真のついた証明書ですので信頼度が高いわけです。みずほ銀行口座を持たない人の場合、運転免許証のない人は、カードローンと同時の申込みができません。カードローン審査に通過後、別途普通預金口座を開設する手続きが必要となります。

いっぽう、運転免許証のある人は、カードローンと普通預金口座との同時の申込みが可能です。ただし、運転免許証のある人でも、キャッシュカードと別にローン口座が欲しい人は、同時の申込みをしない選択肢もあります。運転免許証がある場合の利用開始までの時間ですが、普通預金口座の同時開設希望の場合約2週間、同時開設希望出ない場合は約3~4週間です。

申込に必要な書類について

カードローンの申込の際には、運転免許証等の本人確認書類が必須です。50万円を超える限度額希望の場合、収入証明書も必要です。50万円を超える借入れの場合に収入証明書が必要なのは、消費者金融等の貸金業者から借り入れる場合であれば法定事項です。銀行カードローンの場合、収入証明書の提出は、法律が求めるものではありません。

銀行は現在、貸し過ぎを世間から非難されています。そのため、貸金業に準じて、収入に即した妥当な審査をすることになったということでしょう。具体的な収入証明書の使い方ですが、みずほ銀行カードローンの保証会社として入る「オリエントコーポレーション」(オリコ)において、年収のおおむね3分の1程度を、貸出上限として設定するものと想像されます。

在籍確認の電話連絡はある?

在籍確認とは、カードローン等、ローンの申込者がきちんと会社にいるかどうかを、審査する側が電話を掛けるものです。申込んだ人が社内にいなくてもよく「在籍」していることさえわかればそれで完了ですぐ終わります。これは銀行でも消費者金融でも、ほぼ例外なく必ず実施されます。

貸金業者の場合、契約の秘密を守らなければいけない義務があり、会社名で電話してくることは絶対にありません。いっぽう銀行カードローンの場合、銀行名で掛けてくる場合もあります。銀行から電話があっても、会社の誰も不審には思いませんから、むしろ申込者にとっても助かるかもしれません。

みずほ銀行の場合、公式サイトにも、信販会社オリエントコーポレーションが、保証会社として在籍確認をすることが書かれています。ですが、オリコも社名を名乗らず、個人名で電話をしてきます。オリコなら信販会社として有名ですから、会社名で掛けてきてくれてもよさそうですが、個人名のようです。

基本的な流れやアイフルとかプロミスのような消費者金融とあんまし変わらない気がするかも

そうだね審査申込の大幅な流れは消費者金融とそこまで変わりはないかな

最速で融資してもらいたならWEB完結の申込がおすすめ

みずほ銀行の普通預金口座を持っていない人が急ぎで融資を希望する人は、店頭での申込みがいいと公式サイトにも掲載されています。普通預金の口座作成は、窓口のほうがスムーズです。

いっぽう、既にみずほ銀行普通預金口座を持っている人については、Web申込みがおすすめです。新たにローン専用カードが発行されることもないので、審査がスムーズに進めば最短2日間程度で、すでにお持ちのキャッシュカードでローンが利用できるようになり使い勝手が良くなります。

どちらにしてもみずほ銀行カードローンを利用するためには口座が必要なのね

そう、みずほ銀行カードローンは口座必須なんだよ、ちなみに口座を持ってない人の場合、窓口でまず口座開設してその後、WEB申込するっていう方法もあるぞ

みずほ銀行カードローンの返済方法について

銀行カードローンは通常、普通預金口座からの自動引落しによる返済が基本となっています。みずほ銀行もこの方式なのですが、公式Webサイトを熟読しないと、自動引落しが選択肢のひとつであるかのように読めてしまいます。方法として次の三つの手段があり、そのうちの一つが引落しであるかのような書き方ですが、実は違います。

みずほ銀行カードローンの返済方法は以下の3パターンになります。

  • みずほダイレクト(インターネットバンキング)
  • 口座自動引落し
  • ATM入金

みずほダイレクトとATMでの入金は、全て随時の返済の扱いとなります。もちろん、随時返済が多いほど、速く返済が済みます。

それではここから各返済の方法について見ていきましょう。

毎月10日に自動引き落としで返済

口座引落しは必須ですのでご注意ください。毎月10日に、ローン残高に応じて、次の額が普通預金口座から引き落とされます。

前月10日のローン残高 毎月の返済額
50万円以下 1万円
50万円を越えて100万円以下 2万円
100万円超 50万円ごとに1万円を2万円に加算

前日までに引落し分の入金があれば、10日の午前0時に引き落とされます。10日当日に入金した場合も、一日のどこかのタイミングで引落しはされるのが通常ですが、あまり遅い入金ですと引落しされないかもしれません。

任意返済(随時返済)することも可能

ローンを早く返済するためには、元本に対して返済していかなければなりません。元本を減らせる随時返済は大変重要な返済方法といえます。随時返済は、みずほダイレクトまたはATMでおこないます。

なお、随時返済をしてローン残高が減っても、次回の引落しの際の返済額は、前月10日の残額を基準として算定されますのでお気を付けください。

みずほダイレクトで返済

ネット上で銀行サービスを受けられるのが「みずほダイレクト」です。例えば、パソコンやスマホから、残高照会や入出金の履歴照会などができたりします。

カードローンのサービスも「みずほダイレクト」から利用可能です。返済するのに店頭やATMに行く必要すらなく、インターネットにつながっていればその場で支払えるはとても便利ですよね。

「みずほダイレクト」から返済をした場合は任意返済になります。月々の返済は通常通り行われますが、定期的に任意返済で元本を減らしていけば、その分返済は早く終わります。

みずほダイレクトで利用可能なサービス例
  • 外貨預金・積立・投資信託・外貨定期預金等、投資サービス
  • 住所変更や、カード再発行等の各種手続き
  • Pay-Easy等の税金・公共料金振込み、Yahooウォレット口座振替等
  • 宝くじ購入

いつでも返済できるのは助かるしできるならみずほダイレクトを使った返済が理想的かな!

便利な機能もいっぱい付いてるんだよね、私も使いたいなって思っちゃう

みずほダイレクトなら場所・時間を気にする必要なし!みずほ銀行カードローンのラクラク返済を実現!

みずほ銀行カードローンのデメリット

みずほ銀行カードローンは便利ですが、デメリットも多少はあります。もっともこの点については、多くの銀行カードローンと同様です。

サービス豊富な消費者金融カードローンと比べると、デメリットに感じる部分はあるかもしれません。

みずほ銀行の口座を持っていない場合、開設しなければならない

既に説明しましたがみずほ銀行カードローンの利用には、みずほの銀行口座が必要です。三井住友銀行や三菱UFJ銀行では、銀行口座不要のローンを出していますが、みずほ銀行にこのサービスはありません。

口座売買などを防ぐため、現在では銀行口座の管理は大変厳しくなっており、作成にも時間が掛かるようになっています。ですから、どうしても利用開始まで時間が掛かります。口座がない場合は、窓口で申込めば期間が短縮できます。

融資までにかかる時間が申込方法で大きく変わってくる

カードローンの審査に通るとして、もっとも時間が掛かるのが、運転免許がなく、みずほ銀行普通預金口座ももっておらず、なおかつ窓口以外で申込む場合です。

郵送で申込むのなら時間が掛かるのはそれほど気にならないかもしれませんが、Webで申込んでも、1か月近く掛かってしまうのは時間が掛かりすぎかもしれません。

ATMでの借入れ・返済に手数料がかかる

みずほ銀行のATMは、平日昼間の時間帯(8:45~ 18:00)は手数料が無料ですが、それ以外の曜日・時間帯は、手数料がかかります。

イオン銀行のATMもみずほ銀行同様の条件ですが、その他提携金融機関やコンビニのATMを利用する場合には、いつでも手数料が必要になります。

簡易審査機能がない

消費者金融の場合は、借入可能かどうかを簡単に審査する機能が、公式Webサイトにほぼ付いています。年収と借入件数、借入金額等を入力すると、借入れが可能かどうかを判断してくれる仕組みです。

「審査可能と思われます」という回答が返ってこない場合は、ほぼ申し込んでも通りません。みずほ銀行に限らず、銀行カードローンの場合、このような審査機能のついた公式サイトは見られません。

みずほ銀行カードローンの気になるポイント

みずほ銀行カードローンの特徴について解説してきましたがここからは気になるポイントについて紹介していきます。

急いでお金が必要で、消費者金融からの借入れにしようか、銀行にしようか迷っている人にとっては、借入れ後も大事ですので申込む前にしっかり確認しておきましょう。

即日融資はできる?

みずほ銀行カードローンの場合、即日融資は不可です。これはみずほ銀行に限ったことではなく、2018年より銀行カードローンは事実上即日融資が不可能となりました。

警察庁のデータベースにアクセスして、利用者が暴力団関係者でないかどうか確認してから融資を実行するためです。2017年までは、保証会社である消費者金融や信販会社の手を借り、即日融資をおこなう銀行もありましたが、現在は皆無です。

審査に申込したら何か郵送物は送られてくる?

カードローンを使っていて気になるのは、郵便物です。家族に内緒でカードローンを作っている人も多いでしょう。通常、ローンはキャッシュカードで借り入れできますので、ローン専用カードを見られて発覚するということはありません。発覚するとしたら郵便物からです。

消費者金融の場合は、郵送物にはかなり気を遣っていて、送ってくるのは法律上定められた書類くらいで、それも社名の分からない封筒で届きます。それに比べますと、銀行カードローンの場合、堂々と名前の入った郵便物が送られてきます。もっとも、銀行の場合なら不審に思われることは少ないでしょう。

その中でも契約確認書は必ず送られてきます。中身は本人にしかわかりませんがその他、カードローン増額の案内など郵送物が届くことがあります。届いても通常、不審には思われないはずですが、どうしても他の人に知られたくない場合はあらかじめ銀行コールセンターに電話を掛けておき、一切の勧誘を送ってこないよう頼んでおきましょう。

借り換えローンはある?

借金が大きくなってしまった人のために、「おまとめローン」を出している金融機関があります。借金を一本化して、まとめて額が大きくなった分、金利を下げて貸し付けてくれるものです。このような商品は現状のみずほ銀行にはありません。

カードローンをおまとめローンとして使うのは構いません。例えば、限度額300万円をもらえるなら、金利は7.0%とかなり低くなります。ですが、銀行の貸出し自粛ムードの中では、難しいかもしれません。

銀行も、年収を基準に貸出しを決定するように変わってきています。そうしますと、すでに300万円の借金がある人について、新たに300万円の貸出しを認めるためには、利用者の年収が少なくとも1,500万程度は必要になる可能性もありえます。

まとめ

銀行カードローンの代表であるみずほ銀行カードローンの特徴を見てきました。特に個性的な部分はありませんが、お金が必要なときには確実に役に立つことでしょう。

即日融資が受けられる商品ではないので急ぎの用途には向きませんが、みずほ銀行口座を持っている人ならば、とりあえず持っておくのも十分にアリです。既存のキャッシュカードにセットできますので邪魔にはなりませんし、不測の事態には大変役立ってくれます。

しっかり利用して、遅延することなくきちんと返済し続ければ、優良顧客と認定してくれるので借入できる額も上げてもらえることもあります。

みずほ銀行カードローンについてわかったかな?初めての利用するなら限度額は低めにして申込んだほうが、審査は通りやすいぞ!すぐ使う予定がなければ10万円くらいでOKだ

みずほ銀行って全国にいっぱいあるしね、確かに口座持ってるなら利用しておくのも悪くないかも!