アコムは申込から借入れまで即日融資に対応したスピード重視のカードローン!

「は・じ・め・て・の、アコム」というコピーをテレビコマーシャルで耳にしたことはありませんか?今では消費者金融も大小合わせるとたくさんの業者が営業していますね。

しかしその中でもアコムは軍を抜いての老舗といえます。カードローン業界のパイオニアとして、現在では当たり前のサービスになっています「現金自動貸付機」「無人契約機」(むじんくん)を業界で初めて導入したのも実はこのアコムなのです。

そんな業界屈指の大手であるアコムではどのような条件で貸し付けを行っているか、初心者にもわかりやすく以下で詳しく見ていきましょう。

アコムの基本情報

分類 消費者金融
審査時間 最短30分
年率 3.0%~18.0%
遅延利率 20.0%
限度額 1~800万円
無利息期間 30日間無利息
申込条件 20歳以上の安定した収入・返済能力があること
即日融資 可能

消費者金融の貸付限度額は300~500万円というところがほとんど。その中でアコムの800万円まで融資可能という点は目を引きますね。

ただしこれはあくまでも融資可能な上限であって、すべての人がこれだけ借り入れできるわけではありません。特に返済実績のない初めての利用者の場合、限度額は低めに設定されることが多いです。

初めての方でも利用しやすいアコムに申込むメリット

アコムの利用者はたくさんいますが、初めて消費者金融のサービスを利用する方も多いです。それは初心者でも気軽に利用できるようなメリットがあるからです。

そこでここでは、カードローン初心者の方にアコムがいかにおすすめできるかそのメリットとなるポイントを紹介していきます。

審査時間最短30分でスムーズ

カードローンを利用したい方の中には、急な出費で現金が今すぐ必要になったというケースも多いでしょう。また今すぐにお金が必要でなくても、申込んで結果が出るまで時間がかかるとやきもきして過ごさなければなりません。

そんな時、アコムは審査がスピーディなので、このようにまんじりともしない気持ちで待たされることがなくストレスフリーです。審査結果はメールもしくは電話で教えてもらえますので、気軽に申込みできるでしょう。ただし審査時間は申込方法によって若干異なるのでその点だけ覚えておきましょう。

アコムの審査受付時間
  • Web申込:最短30分
  • 無人契約機:最短45分

なるほど~早く審査結果が知りたいなら、Web申込のほうがおすすめってことね!

ただしアコムの審査受付は夜9時までこれ以降はWebなどで申込みは可能だけど、審査結果は翌営業日になってしまうからそこだけ注意だ

カードローン機能付きのクレジットカードもある

通常消費者金融の発行するカードは、お金の借り入れ機能しかありません。しかしアコムのカードはACマスターカードといって、クレジット機能のついているところが大きな違い。

つまりただお金を借りるだけでなく、ショッピングの時も活用でき利用シーンが増えます。しかもMaterCardブランドのクレジットカードなので、国内だけでなく海外でも多くのお店で利用可能。海外旅行や出張の際に、キャッシュレスで気軽に買い物を楽しめますよ。

アコムACマスターカードの不安解消!特徴や審査のポイントを徹底解説

新規申込のフリーダイヤルは24時間営業

近年のカードローンの申込みを見ると、Webを使った方法に力を入れているようですね。でも中には「インターネット接続できる環境にない!」とか「パソコンやスマホの操作がどうも苦手で…」という方もいるでしょう。しかしアコムではフリーダイヤルによる申込みを受け付けているので、Webでの利用ができない人にも安心。

ほかのカードローン会社でも電話申込みできるところは多いです。しかし受付時間に制約のあるところがほとんど。その点アコムの場合、新規の電話申込みは24時間いつでも対応してもらえます。仕事や家事の合間を縫っていつでも申込めるところは魅力でしょう。

パソコン・スマホ操作が苦手そうなおじいちゃん・おばあちゃんにはわかりやすくいいかもって思うわ!

そうだね、ただアコムを利用できるのは69歳までの方だけどね…。

30日間の無利息サービス

カードローンでお金を借りる際に問題になるのが利息です。金利が高いと同じ金額を借り入れても利息の支払い額が大きくなる分、総支払額も増えます。なのでポイントはできるだけ低金利の消費者金融を利用することが大事です。

アコムでは初めて利用する際に、30日間無利息サービスを提供しています。これは文字通り30日間は一切利息が発生しません。もし30日以内に全額返済できれば、利息の支払いもゼロ。返済の負担を最小限に抑えられますよ。

たとえ返済期間が30日を超えても31日目以降から利息が発生するので、最初からと比較すれば利息の支払い額は抑制できます。数多いカードローンの中でこの無利息サービスを実施しているところはそこまで多くないので注目すべきポイントの1つです。

この30日間の無利息って少しでも返済の負担を軽くしたい人にとっては嬉しいサービスですよね~

給料などで返済のめどがついているのならこのサービスがあるだけでもアコムの利用を検討する価値ありだよ

自動契約機(むじんくん)でローンカードを即日発行

「即日融資に対応」とうたっている消費者金融は少なくありません。しかしこの即日融資と言うのは、銀行振込みによって行われます。つまり銀行が閉まる午後3時までに振込実行しなければ、実質即日融資は不可能になります。ただアコムの場合、自動契約機(むじんくん)があります。

このむじんくんで必要な手続きを済ませれば、その場でローンカードが発行されるので非常に便利です。さらに発行されたカードを使ってATMで必要な手続きを済ませれば現金借入も可能です。店舗営業と違って夜10時まで営業しています。

早い話は午後3時以降でも自動契約機(むじんくん)で手続きをすれば、その日のうちにお金を借りられるわけです。しかも自動契約機(むじんくん)は年末年始を除き年中無休になっているので土日や祝日のような休日でも融資対応してもらえますよ。

むじんくんが便利って言うのはわかったんだけどどこにいけばあるの?

その変の街中とか見たことないかな?アコムって書いてある見た感じATMっぽいの

ありますあります見たことある!へぇ~あれがむじんくんって言うのね、じゃあ結構、どこにでもあるって感じなんだ

まあ地域によって片寄りはあるだろうけど街中とかなら大体は置いてあるよ、ちなみに公式サイトからなら店舗検索もできるから簡単に調べられるんだ

アコムの自動契約機むじんくんの上手な活用方法、誰にも知られず最短即日カード発行!

アコムの審査で重要視されるポイント

アコムの申込み資格は冒頭に紹介したように

アコムの申込み条件
・20歳以上であること
・安定・継続的な収入があり返済能力のある事

の2点だけ。特にこの中でポイントになるのは、安定した収入があるかどうかです。安定した収入と言うのは「毎月収入があるかどうか」と思ってください。つまり仕事をしていて、給料などをもらっていれば基本的に問題はありません。

ちなみにパートやアルバイトでも長期間継続の仕事ができていて、毎月給料を手にしてるのであれば審査クリアできる確率は充分にあります。そしてもう一つ重視されるのは信用情報信用情報とは皆さんの今までの各種ローン・クレジットカードの利用状況について記載されている資料です。

よく「ブラック情報」といいますが、

  • 2~3ヶ月以上の長期延滞
  • 債務整理
  • 強制解約
  • 代位弁済

のような信用力に問題のある情報が記載されていると審査通過は厳しいですね。逆に言えば仕事をしていて、過去ローンやクレジットカードの支払いでトラブルを起こしたことがなければ、審査通過できる公算は大です。

普通に仕事してて毎月お給料もらってるなら審査は大丈夫ってことね!

確実に審査通過できるとは言えないけど特にトラブルなどを起こしてなければそんなに不安になる必要もないんじゃないかな

審査申込み前に3秒診断を活用!

仕事をしていて、過去金銭面でトラブルを起こしたことがなければ、アコムでお金を借りられる可能性は高いです。しかし中には「収入はあるもののがあまり多くなくて、本当に大丈夫かどうか不安…」という人もいるでしょう。その場合におすすめできるのが、アコムの3秒診断

3秒診断とは、皆さんの基本情報を入力してその条件で借り入れできるかどうか瞬時に教えてくれるサービスです。公式サイトに行けば専用ページがあり入力項目は

3秒診断入力項目
  1. 年齢
  2. 年収
  3. カードローン他社の借入状況

の3項目だけ。すべて入力して画面下にある「診断開始」をクリックすると、融資可能かどうかの結果がすぐに出ます。しかし3秒診断の結果が必ずしも本審査の結果とイコールになるとは限りません。

ただ参考にはなりますから、心配な人はこの3秒診断を活用しましょう。上で見たように名前など個人を特定する情報を提供する必要はないので、気軽に利用できますね。

アコムの審査内容、融資してもらうためのポイントを詳しく解説!

アコムにデメリットはある?

上で見たようにスピーディー審査で、幅広い方が利用しているアコムのサービスはメリットがとても多いです。ではアコムを利用するにあたって注意すべきことが全くないのかというとそうでもありません。

知名度ある人気カードローンと言えデメリットは当然あります。このメリット、デメリットの両面を見てから、実際に利用するのかどうか決めるのが良いでしょう。

金利が高い

冒頭で紹介しましたがアコムの貸付年率(金利)は3.0%~18.0%となっています。通常初めて利用する場合には上限金利の18%前後が適用されるでしょう。この18%という金利、消費者金融の中ではごく標準的な利率といえますね。

しかしカードローンは消費者金融のほかにも、銀行も提供しています。銀行カードローンの多くは、上限金利が14%前後のものが一般的です。銀行カードローンと比較した場合、アコムの金利はやや高めといわざるを得ませんね。

利息は日割り計算されます。よって短期間で返済できる当てが見つかっていれば、あまり大きな差は生じないかもしれません。ただし長期的な借入・まとまった金額の融資を希望しているのなら、銀行カードローンのほうが返済面では有利です。

アコムの金利ってどうなっているの?その仕組みを詳しく解説

提携ATMの手数料がかかる

アコムでは返済方法のひとつにATMが用意されています。アコムのATMのほかにも、銀行やコンビニの提携ATMでも手続きは可能ですが、提携ATMの利用は極力控えたほうがいいかもしれません。というのも利用手数料がかかるからです。

  • 1万円以下:108円
  • それを超える金額:216円

の手数料がかかります。当然、利用するたびに発生しますから、何度も利用するとなかなかのコストになりますね。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属しています。同じグループだから三菱UFJ銀行のATMなら大丈夫と思っている人もいるようですが、利用手数料はかかります。

もしどうしてもATMで返済したければ、アコムのものを探しましょう。アコムのATMなら利用手数料は無料で日本全国1100か所以上・24時間営業のものも950ヵ所以上あります。もしかしたら自宅の近くにアコムのATMが見つかるかも。

アコムのATMが見つからないようであれば、返済は

ここがポイント
  • 店頭
  • 口座振替
  • 銀行振込

のいずれかを選択すべし。いずれも手数料なしなので、余計なコストは発生しません。

総量規制の対象

アコムは貸金業者です。貸金業者は営業するにあたって、貸金業法というルールがあります。この法はいくつかの規制によって構成されていますが、その中でも注意したいのは>総量規制になります。

借金返済のために別のところでお金を借りるというサイクルを続ける多重債務者が増加したことで、新たに設けられました。多重債務をして借金で首の回らない状況に陥らないようにするための措置です。総量規制は、その人の所得の1/3を超えて融資できないというもの。

例えば年収210万円の人は、70万円を超える借入はできません。貸金業者のアコムもこの総量規制にのっとった融資を行っているので注意が必要。総量規制にはもう一つルールがあります。アコムは借入希望額が50万円を超える場合、本人確認書類のほかに収入証明書も必要です。収入証明書とは給与明細、源泉徴収票、確定申告の書類などのことでこれらの準備しなければなりません。

提携ATM利用にお金がかかったり、大きなお金を借りるには準備しなきゃいけない書類があったりでアコムも全部が便利ってわけじゃないのね

デメリットがあるのはアコムに限ったことじゃないけどこういうのも判断した上でいくら借りるのかとかどういう返済方法にしようとか計画を立てることが大事なんだ

個人事業主に嬉しいビジネスサポートローンがある

アコムには通常のカードローンのほかに、ビジネスサポートローンを用意しているところにも注目。これは名前の通り、事業性資金の融資に対応した商品です。お金を借りたい人の中には個人事業主や自営業者の方で、運転資金が必要で融資を希望している人もいます。

しかし事業歴が短い、規模が小さいと銀行で融資を受けるのは難しいかもしれません。そんな時こそアコムのビジネスサポートローンであれば、融資を受けられる可能性も出てきます。ビジネスサポートローンの特徴としてもう一つ、総量規制の対象外である点にも注目。

事業を行うにあたって、まとまった資金が必要になるケースも多いでしょう。年収の1/3を超えるカードローンでは借入できない金額でも、このビジネスサポートローンなら融資を受けられるかも。

アコムの返済方法

アコムの返済方法はいくつかあります。まとめると

アコムの返済方法
  • Web
  • ATM
  • 店頭
  • 口座引き落とし
  • 銀行振込

のいずれか。この中でもWebであれば、一切外出することなく手続きできるのが魅力。アコムのホームページからログインし指示に従っていけば、返済手続きが可能。Pay-easy対応のネットバンキングの使える金融機関に口座があれば、こちらが利用できますよ。

また口座引き落としもおすすめ。期日が来ればアコムのほうで、皆さんの口座から必要なお金を引き落としてくれます。これならうっかり返済期日を忘れるような心配もないですし、手数料もかかりませんよ。

また返済期日は

  • 35日ごと
  • 毎月指定した期日

のいずれかから選択できます。またアコムには無利息サービスのあることはすでに紹介しましたがこちらを利用するためには条件があって、35日ごとの返済期日を選択すること。月1回の指定日には適用されないので注意。

外出たくない人とか忘れっぽい人とかアコムの返済方法って親切よね

そうだね、自分の生活スタイルに合わせて返済方法を選べるのもアコムの人気の1つだね

アコムの返済パターンは種類豊富、便利に活用するためのポイント紹介!

アコムのご利用を検討中の方の疑問

アコムのシステムについて紹介してきましたが、まだわからないこと・不安なことがあるという人はいませんか?

そこでここではよくアコムを利用する際に問い合わせられる疑問点をいくつかピックアップしました。該当するものがあれば、申込前にチェックしておきましょう。

パート・アルバイトは利用できる?

アコムは安定・継続的な収入のある人なら、借入できる可能性があります。この条件さえ満たしていれば、パート・アルバイトの方でも利用可能です。ただし注意すべきポイントはいくつかあります。条件はあくまで安定した収入なので、勤務先を短期間の内にコロコロ変えていると審査ではマイナスです。

よってパートやアルバイトの仕事を探しているのであれば、長期間レギュラーで仕事のできる募集を探すことです。単発・短期のアルバイトを続けていても、安定した収入の条件をクリアできてるとは言えません。もう一点注意すべきことは、上記でも解説しました総量規制で、自身の年収の1/3を超えてお金を借りることはできません。例えばパートの年収が60万円であれば、どんなに借りられても20万円までですから注意です。

学生、主婦、年金受給者は利用はできる?

こちらも安定した収入さえあれば、借入は可能です。例え学生や主婦の方でもパート・アルバイトなり仕事をして所得さえあれば、申込みできます。ただし学生の場合、アコムの申込み資格に20歳以上であるという条件もあるので未成年は借りられない点に注意しましょう。

アコムの場合、専業主婦だと借入はできません。年収の1/3までしか借りられない総量規制の下では、収入ゼロの専業主婦では借入できません。旦那さんが仕事をしていてもそれをベースにした申込みは不可です。どうしてもアコムでお金を借りたければ、やはりパートでも収入を得ることからになります。

最後に年金受給者の場合、そのほかに収入があれば借入できる可能性があります。年金を受給する一方で、アルバイトなどで仕事をしている、自営業を続けているケースなどです。ただし完全に年金のみの生活をしている場合、申込みできないので注意。

審査の電話連絡をなしにはできる?

アコムに申込みをすると、電話連絡が何度かあるかもしれません。主に2段階あって

  • 申込受付の際に本人が手続したかどうかの確認
  • 在籍確認

です。前者は自分の携帯電話にかかってくることがほとんどです。後者は申込書に書かれている勤務先で本当に仕事をしているか確認するための連絡で、自身の職場へと電話がかかります。「職場に電話がかかってくると消費者金融を利用することがバレてしまうのでは?」と心配する人もいるでしょうね。

しかしアコムでは電話をかける際にはオペレーターの個人名で連絡します。あいにくほかの誰かが受話器をとっても、それがアコムからの電話だと気づかれることはまずないでしょう。ただそれでも「できることなら職場に電話をかけてほしくない」と思う人もいるでしょう。

その場合、アコムに問い合わせて相談してみること。もしかすると電話以外の方法で在籍確認してもらえる可能性があるかもしれません。要するに会社にいることが確認できれば、電話でなくてもいいわけです。例えば健康保険証や源泉徴収票、社員証などはその会社で勤務していないと提出できない書類です。

こちらで電話による在籍確認の代わりとできるかもしれません。もしくは自分が絶対に電話を受けられる時間帯を伝えるのもおすすめ。そうすればほかの誰かに知られることなく、在籍確認を完了させことが可能です。職場への電話に不安を感じているのであれば、まずはアコムへ相談するのがいいでしょう。

希望より低い限度額の場合、引きあげてもらうことはできる?

アコムに申込みして無事に審査通過できたとしても、希望の借入額に満たないケースもあります。ただいったん低い限度額設定されても、その後増枠で利用額の増える可能性もあります。

消費者金融の場合、無担保・無保証人で借入できます。これは言い方を変えると、その人の信用力だけで融資の可否を判断する形になるわけです。特に新規申込みの場合、利用実績がないので信用力は未知数です。

ですからどうしても利用限度額は低く設定されがちなのです。利用限度額を引き上げるためには、信用力を高めることであり、つまりは頻繁に利用して、遅延などすることなく期日通りに返済すること、そうすればアコムの信用力が高まり、増額に応じてもらえる可能性も高まります。

増額を希望する場合には、新規申し込み同様に審査が行われ、その結果次第です。

肝心の申込み方法は主に4つあります。

ここがポイント
  • 総合カードローンデスクに連絡
  • アコムの会員ページからのWeb申込
  • 店頭窓口
  • 無人契約機の「むじんくん」

のいずれかです。ただしアコムでは新規申込みをしてから6ヶ月以内に増額の申請をしても否認される恐れが高いです。1年程度利用を続けて、クレジットヒストリーを高めてから増額の申込みをしたほうがいいですね。

まとめ

アコムは消費者金融業界でも抜群の知名度を誇る大手というだけあり、利用者は多いですね。スピーディーな審査や無利息サービスの提供など利用のしやすさには定評があります。返済方法も多様なので、自分のやりやすい方法でお金を返しやすいところも魅力。

ただし提携ATMを利用する場合、108~216円かかりますからそのほかの方法で返済したほうが余計なコストもかかりませんよ。なんといってもアコムは三菱UFJフィナンシャルグループの一員であるところが大きいですね。銀行グループの消費者金融なので、初めての方でも安心して利用できますよ。

アコムがどれだけ使い勝手の良いカードローンだってことがわかったかな?

デメリットもあったけどこれだけサービス豊富だったら私みたいな初心者でも利用しやすいかも♪