アコムの金利ってどうなっているの?その仕組みを詳しく解説

テレビCMなどの知名度の高さから消費者金融のアコムは広く利用されています。但し、カードローンを利用するにあたって気になるのは金利。

この金利は低ければ低いほど、返済する際の利息支払いも少なくて済むわけなんですが今回は、アコムの金利にスポットライトを当ててご紹介していきたいと思います。

アコムの金利について

アコムは金利を含め基本的なスペックは以下のようになります。

分類 消費者金融
最短審査時間 最短30分
年率 3.0%~18.0%
遅延利率 20.0%
限度額 1~800万円
無利息サービス 初回時契約日から30日間無利息

アコムの金利には幅が設けられています。この中でどの利率が適用されるかは、利用限度額により大きくなればなるほど、適用金利は低くなります。

利用限度額適用金利
  • 1~99万円:7.7~18.0%
  • 100~300万円:7.7~15.0%
  • 301~500万円:4.7~7.7%
  • 501万円~:3.0~4.7%

となります。上限金利18.0%は消費者金融の中ではごく一般的な高さですね。

知名度の高い消費者金融も大体このくらいの金利だから比較してもそれほど大きな差はないんだ

差がないんだったらどこの会社選んでも同じってこと?

そこはサービス面とかを見て自分にとって使いやすいかどうかで選べばいいんだよ

なるほど~

限度額は最高800万円

アコムの利用限度額は最高800万円。ほかの消費者金融は500万円までというところが多いので、アコムは比較的多額の融資にも対応していますね。ただし借入限度額はその人の信用度によりますから、全員が800万円まで借入できるわけではありません。限度額は年収や勤務先、勤続年数など総合的に判断されます。

ただし初回借入時はまだ信用力は未知数。ですからいきなりまとまった借入はできない可能性が高いです。人によりますが、たいていのケースで初回借入限度額は30~50万円程度。自営業者など給料ではなく収入が安定していないと、さらに厳しくなって契約時の限度額が10万円ということも。

初回の限度額は少ないですが、利用して期限通りに返済していけばアップする可能性も。クレヒスを積み重ねて、信用をつければ限度額は大きくなりますのでこまめに利用しましょう。

アコムの利息の計算方法

アコムの金利は先ほども紹介したように3.0~18.0%。これは年利といって、借入れてからちょうど1年後に返済した場合の利率。

アコムでは利息を日割りで計算します。計算方法は

借入額×金利÷365日×借入日数

です。つまり借入期間が短ければ短いほど、支払う利息も少なくて済みますよ。ちなみに借入額別で支払うべき利息額は以下のような感じ。

アコムの利息と返済金額表
借入額 利息額 合計返済額
1万円 148円 1万148円
3万円 444円 3万444円
5万円 740円 5万740円
10万円 1480円 10万1480円
30万円 4440円 30万4440円

※30日間、金利18%で借りた場合

このように借入額が大きくなると、同じ期間でも利息の支払い額も大きくなってきます。ですから返済期間を軽減するためには、本当に必要な金額だけ借り入れることが大事なのです。

何の考えもなしに借りちゃ危ないってことね

そうだね、利息を少なくしたいならなるべく早めに返済することが大事なんだ

初めて借りる人限定の30日間無利息キャンペーン

アコムでは初めて借入れる人を対象に、無利息サービスを利用しています。これは無利息期間内に全額返済できれば、一切利息を支払う必要はなしとなるサービスで元本だけの支払いになるので返済負担は最小限になりますよ。

アコムでは初回30日間無利息。ここで注意したいのは、借入した日ではなく契約日の翌日から30日間という点。もし申込んで契約して6日後に初回借入をした場合、無利息期間は30日ではなく25日になってしまいます。

無利息サービスの恩恵を最大限に受けるのであれば、借入するときに申込むこと。契約と借入を一緒の日にすれば、30日間フル無利息になりますよ。

これってつまりサービス期間内に返済できればタダで利用できるってことですよね!?

そういうことになるね、この無利息サービスは借りる側にとってかなり嬉しいサービスさ

アコムの下限金利3.0%適用条件は限度額800万円

アコムの下限金利は3.0%。これはカードローンの中でもトップクラスに低金利といえますね。ただしこの3.0%の利率が適用される人は限られます。アコムでは最大800万円までの融資に対応しているのですが、この最大限度額が適用されないと、3.0%の金利にはなりません。

3.0%~といわれると低金利のような感じがするかもしれませんが、これが適用される人はアコムの顧客の中でもごく僅かなということは理解しておきましょう。

アコムの金利を下げる方法

カードローンを利用するにあたって、金利は低ければ低いほど、後々の返済負担も軽減されます。実はアコムと契約した際の最初の適用金利から引き下げることも可能。

その引き下げ方法はいくつかあります。金利を安くする方法について、以下で詳しく見ていきたいと思います。

100万円以上の限度額をもらう

アコムの上限金利は18.0%であることは紹介しましたが、もし借入限度額100万円を勝ち取れれば金利はどんなに高くても15.0%になります。これは利息制限法に基づきます。利息制限法とは文字通り、お金を貸し出す際に貸金業者が守るべき金利の上限について決められた法律。

利息制限法では限度額によって、

  • 10万円未満の借入:20%
  • 100万円未満の借入:18%
  • 100万円以上の借入:15%

という年利を上限とします。つまり100万円の借入限度枠を確保できれば、この利息制限法によって15.0%の金利が適用されるわけです。但し100万円以上の借入限度額にするためには、それなりに年収も必要。

アコムのような貸金業者は貸金業法に基づいた営業をしなければなりません。貸金業法の中には、総量規制というものも。その人の年収に基づき、貸し出せる上限が決められているルール。年収の1/3を上限とすると決められていますから、100万円借り入れるためには年収300万円以上必要ということになります。

アコムと取引を続けて優良顧客になる

例えば100万円未満の借入限度額の場合、適用される金利は7.7~18.0%。かなり幅がありますね。なぜここまで広く金利の幅が設定されているか、それはその人の信用力によるからです。そこで金利を引き下げるためにポイントになるのが、優良顧客を目指すこと。つまり頻繁にアコムを利用して、期日通りに返済する、これを繰り返すことです。

そうすれば「この人は期日までにお金を返すしっかりした信用できる人」とアコムも評価してくれます。それなら低い金利にしても大丈夫だろうとなって、金利引き下げが適用されるかも。ここで重要なのは、借入れをすること。お金を借りないと、その人が期日通りに返済してくれる人かどうかわからないからです。金利を低くしたければ、こまめにアコムを利用することも大事ですよ。

つまり利用すれば利用するほどに信用力が上がっていって優良なお客さんって判断してもらえるんですね

もちろん返済期限までにしっかり返済も続けられてればの話だけどね

アコムの返済パターンは種類豊富、便利に活用するためのポイント紹介!

アコムの金利と他社の消費者金融金利を比較

ここまでアコムの金利について、詳しく見ていきました。そこで疑問になるのが、ほかの消費者金融と比較してアコムの金利は低いのかということのはず。そこでここでは主要な大手消費者金融の金利と比べてみました。その結果は以下の通り。

消費者金融 実質年率
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
SMBCモビット 3.0~18.0%
アイフル 4.5~18.0%

上限金利で見ると、プロミスが若干低めに設定されています。最初のうちはプロミスのほうが条件は多いかもしれませんね。でも上で見たように利用を繰り返して優良顧客になると、金利引き下げの可能性も。

そうなるとそれほど大きな差はないものの、下限金利がより低いアコムやモビットなどを利用するのもおすすめです。

↓他社の金利も気になる方はこちらもおすすめ↓

カードローンの金利は契約する際の重要ポイント、その仕組みを詳しく教えます

まとめ

アコムの金利について見てきました。改めてまとめてみましょう。

ここがポイント
金利3.0~18.0%は一般的な設定。
○ 初回借入の場合は融資額が低く、上限金利18.0%が適用される。
○ 金利3.0%は上限額800万を借入できた場合のみ。
○ 優良顧客と認められれば、金利を下げてくれることもある。

100万円以上の借入から、設定金利が少しずつ低くなっていきます。これはどの企業でも同じですから、上限金利でシミュレーションしましょう

ただし、一切の滞納をしない、追加融資も完済するなどの過程で信用力を高めれば、金利が引き下げになる可能性も。「借金」というイメージから完済後すぐに解約する方もいますが、完済した時点で、貸金業者との契約は「資産」とも考えることができるのです。

いつかの追加融資と低金利契約を見込みつつ、スムーズな返済と早めの完済を心掛けましょう。

↓アコムのサービスや即日融資の方法などをまとめました↓

アコムは申込から借入れまで即日融資に対応したスピード重視のカードローン!