アイフルの金利から見えてくる考え方、ポイントを抑えて利息の負担を軽減!

数多いカードローンの中でも抜群の知名度を誇る消費者金融のひとつがアイフルです。そしてカードローンを借りるにあたって気になるところと言えば金利でしょう。

今回は、そんな注目のカードローンであるアイフルの金利について詳しく見ていきたいと思います。金利が高ければ利息支払いが大きくなって、やがては返済の負担も大になります。

そうならないためにどうすればいいのか?アイフルの金利から見える解決策を学んでいきましょう。

アイフルの金利について

アイフルの基本的なスペックは以下の通り。気になる金利は3.0~18.0%です。

分類消費者金融
実質年率年3.0~18.0%
限度額800万円以内
最短審査時間30分
遅延損害金20.0%
無利息サービス契約日の翌日から30日間無利息

アイフルの金利3.0%~18.0%は高い?

アイフルの金利が高いかどうか、それは他社の利率と比較するのが一番。というわけで主要な消費者金融の金利を以下に掲載します。

消費者金融カードローン実質年利
アイフル3.0%〜18.0%
アコム3.0%〜18.0%
プロミス4.5%〜17.8%
SMBCモビット3.0%〜18.0%

このように主要な消費者金融の金利には若干の違いは見られますが、それほど大きな差はないのでアイフルの金利だけが高いというわけではなく消費者金融カードローンの中では、ごく一般的な金利と言えるのです。

まとまった金額を借り入れた場合、少しでも利率の低い消費者金融を探した方がいいでしょう。その理由は少しの違いでも利息の支払い総額も変わってくるからです。しかし数万円程度の少額の借入れならば、あまり0.数パーセントの金利差が返済に大きな違いは出てきません。

実際に適用される金利は審査によって決まる

アイフルの金利は3.0~18.0%のように幅があります。初めて利用される方にとっては「自分の場合、どの金利が適用されるの?」って思うのではないでしょうか?どの金利が適用されるかは審査次第になります。ただし一般的に初回利用時には上限金利である18.0%がほぼ適用されると思っていいです。

アイフルに限らず100万円未満の借入れの場合、どの消費者金融でも上限金利になる可能性が高くそのほとんどは18.0%ですから差はないのです。プロミスのみ17.8%と僅差で低いですが、少額借り入れ・早期返済なら、それほど返済負担に違いはないですよ。

じゃあもし私がアイフルに申込したとしたら適用される金利は上限の18.0%ってことになるの!?

そういうことになるね、まあでもこれは他のカードローンで申込んだとしても同じことだよ

アイフルの金利の計算方法

アイフルでは利息を日割りで計算しています。上限金利の18.0%が適用された場合

借入額×18.0%÷365日×借入日数

です。3万円を1週間・30日間借入した場合でシミュレーションすると、

  • 1週間:30000×18.0%÷365×7=104円
  • 30日:30000×18.0%÷365×30=444円

となります。上記のようにできるだけ早く返済したほうが、利息の支払い総額も少なくなります。

アイフルの遅延損害金について

アイフルで借り入れしたら、約定返済でお金を返していくのが義務であり決められた期日までに残高に基づく最低返済金額を支払います。アイフルの場合は任意で設定する毎月1日・35日サイクルのいずれかで返済する形になっています。

しかしこの期日までに返済できずに遅れてしまうと遅延損害金が発生します。アイフルの遅延損害金は冒頭に紹介したように年20.0%。もし3万円残高があって、5日間延滞した場合、

30,000×20.0%÷365×5=83円

の支払い義務が生じます。ちなみにこれとは別に利息の支払いも発生しますのでそこも含めて延滞には注意が必要なのです。

延滞するとエグいことになるのね…。

延滞するってことは、自分が損するだけだから、期日までの返済を心掛けよう

アイフルの返済方法

初めての申込者に限り、30日間の無利息サービス

アイフルでは初めて利用する人を対象に、無利息サービスを展開しています。この無利息期間が有効になるのは、契約日の翌日から30日間です。

初回借入の翌日からではない点には注意。例えば借入前にいつでも利用できるように前もって契約したとして契約日から10日経過して借入れした場合、20日間が無利息期間となります。

契約日の翌日から31日目には従来の利息が発生します。これはその時の残高に対してです。

ちなみに無利息期間内なら、追加借り入れをしてもその分も利息はかからないんだ

そこも無利息サービスの魅力になってるのね

アイフルの無利息サービス

アイフルの借入限度額は最高800万円

アイフルの借入限度額は最高800万円で消費者金融としては高めです。しかし勘違いしてはならないのは、誰しも800万円借り入れできるわけではない点。

800万円の借入限度額が適用されるのは、かなりの信用力のある人が対象。普通に仕事をしている人は、まずいきなり800万円の借入れは難しいです。

アイフルに限らずどの消費者金融でも、最初の借入限度額は50万円が上限。ちなみに50万円超の希望限度額でも申込みできますが、その分だけ審査は厳しくなりますよ。

ちなみにほかの消費者金融は1万円からが多いんだけどアイフルだと1000円から借入れが可能なんだ

ほんのちょっとだけお金を借りたいなんてときにおすすめね!

目次に戻る

アイフルの金利を下げる方法

ここまでで「アイフルの金利設定については分かったけど、でも少しでも下げられないか?」と思う人もいるでしょう。

金利を下げる方法は2つあります。それは

  • 借入限度額を大きくする
  • 返済実績を作る

ことで以下でそれぞれの方法について具体的に見ていきますね。

借入れの限度額を大きくして金利を下げる

カードローンは借入限度額が大きくなればなるほど、金利は下がります。アイフルの場合、18.0%よりも低い金利を希望するなら、借入限度額を100万円以上にすること。100万円以上の借入だと利息制限法という法律に引っかかり上限金利は15.0%になるからです。

ただし100万円以上の借入限度額にするにはそれなりの条件が。まずそれなりの収入のあることです。アイフルは貸金業者なので、貸金業法に基づく営業が義務付けられています。その貸金業法の中には総量規制というものがあり、年収の1/3を超えて貸付けはできないという法律があるのです。

わかりやすく言えば100万円の借入限度額設定できるのは、年収が300万円以上ある人になります。加えて貸金業法では50万円を超える借入希望で申込む場合、収入証明書類の提出が義務付けられています。

収入証明書類とは源泉徴収票・給与明細・確定申告の控え・納税証明書でこのいずれかが必要になります。

借りたい金額の希望が大きいとそれなりの年収と面倒な手続きを経ないといけないのね

これはアイフルに限らず、他のカードローンでもそうだから覚えておこう

アイフルの利用を繰り返して返済の実績を作る

初回借入時に上限金利の18.0%が適用されると説明しましたが、なぜこの金利が適用されるのか言うとそれは初めての利用者の場合、アイフルにとってはまだ信用がないからです。

ただ逆を言えば、返済期日までにお金を返してくれると信用されれば金利は下がります。そのためには、アイフルをしばしば利用して返済実績を作ることが大事。

借入と返済を何度も行っていれば、優良顧客とアイフルから判断してもらえます。そうなれば金利を引き下げられる可能性が高くなります。

返済実績を作るってどれくらい借入れたり返済したりを繰り返せばいいのかな?

まぁ最低でも半年くらいかな、もちろんその間に延滞なんてしたら信用は得られないぞ

目次に戻る

まとめ

アイフルの金利について紹介してきました。最後にもう一度大事なポイントをおさらいをしておきましょう。、

  • 金利は3.0~18.0%
  • 初回は上限金利の適用されることが多い
  • 30日間の初回無利息サービスがある

といった感じ。さらにアイフルから優良顧客と認められれば、後々に金利を引き下げられる可能性もあり、優良顧客と認めてもらうにはアイフルをしばしば利用して返済実績の積み重ねが大事です。

アイフルは利用しやすいサービスが整ってるカードローンだからね、金利のポイントを抑えた上で利息の負担を減らそう

金利って複雑と思ってたけど大事なポイントを知っておけば借入する時も返済する時も役に立つかも

アイフルの借入れはスピード重視、使い勝手の良いキャッシングの特徴を徹底網羅!