アコムのweb完結キャッシングは来店不要で申し込みは24時間いつでもどこでもOK!

アコムのWeb完結

最近はスマホのみで手続きができるWeb完結型のカードローンが多くなっています。ところがアコムの公式サイトをみるとWeb完結が見当たりません。

果たしてアコムの申込はWeb完結に対応しているのでしょうか?

そこで、今回はアコムのweb完結の手続きが可能か解説し、できる場合には申込から借入までの流れとポイントを解説していきます。

アコムのweb完結で申込をすれば、自分の予定に影響がでないでカードローンが利用できるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

アコムにはweb完結というサービスはないが…

プロミス、アイフル、SMBCモビットは「web完結」という申込方法があります(各社の公式サイトにものっています)。

アコムのサイトには「web完結」が見当たらず..できないと思ってしまう人も多いでしょう。

サイトには書かれてないが、申込みから借入まで、一度も来店することなく手続き可能なweb完結型の申込方法は、アコムにもあります。

アコムのweb完結型の特徴

アコムのweb完結型の申込は、他の大手消費者金融同様の特徴を備えています。

アコムのweb完結型申込の特徴
  • 24時間365日、スマホやパソコンから申込が可能(来店不要)
  • 自宅や外出先など、ネットにつながる環境ならどこからでも申し込める
  • 土日・祝日も、アコムに申込可能

web完結で手続きを済ませる場合、絶対に必要になるのはスマートフォンや携帯電話、パソコンです。

今の自分の生活リズム・予定を崩さずにアコムを利用したい人は、web完結で手続きをするのが絶対にお得ですよ。

特にスマホは、外出先でも手続きができて利便性が高いよ!

申し込んだ後は、どうなんですか?そのままスマホだけで契約できるんですか?

では、スマホやパソコンでアコムに申込をする場合の、流れを見てみよう!

アコムの基礎知識を知りたい方は下記記事を参照ください。

【2019年】アコムのカードローン最新利用法!即日融資の最短利用も解説

アコムのweb完結の流れ

アコムのweb完結型の申込から借入までの流れは次の通りです。

  1. 公式サイトから申し込む
  2. 申込後に審査がスタート
  3. 必要書類を提出
  4. 在籍確認
  5. 審査の結果が教えられる
  6. 契約手続き
  7. アコムが申込者の口座へ現金を振り込む(銀行振込)
  8. 自動契約機(むじんくん)で、アコムカードを受け取る

最後のアコムカードの受取以外は全て、スマホやパソコンで対応可能になっています。

さらには、カードがなくても銀行振込で借入できるので、公式サイトからの申込はWeb完結型がおすすめと言えます。

でも、web完結の流れの中の「必要書類」「在籍確認」などがイマイチよく分かりません…

そうだね!実際にアコムの申込で知っていおいた方がいいポイントを整理しておくよ!

アコムの必要書類は本人確認用(必須)と収入証明用の2種類あります。

本人確認用
  • 運転免許証
  • 個人番号カード ※ 通知カードは不可
  • パスポート
  • 健康保険証+もう1点

保険証の場合は、領収日または発行日が直近6ヶ月以内の住民票、公共料金、納税証明書が必要になります。

収入証明書は申込者によって提出が必要な場合と不要な場合があります。

  • アコムの限度額50万円を超える場合
  • 他社を利用中の人はアコム含めて借入残高の増額が100万円を超える場合

上記に該当しない人は、収入は自己申告で原則OKです。

収入証明書を提出する場合は、源泉徴収票(最新版)、給与明細(直近2ヶ月分)、確定申告書、税額決定通知書などから1点で問題ありません。

必要になる人は予め手元に準備しておくとよいでしょう。

在籍確認は、勤め先で申込者が実際に働いているかどうかをチェックする審査で、アコムが勤務先に電話をかけます。

この電話でアコムという社名は名乗りませんので自分以外の方が電話にでてもカードローンの利用がバレる心配はありません。

審査に通過したら、そのままスマートフォンやパソコンで契約内容の確認をして手続きを完了させることができます。

アコムの融資はATMだけでなく銀行振込にも対応しているので、金融機関の時間外営業の時間帯でなければ当日中に自分の口座へ振り込むことも可能

アコムの審査は最短30分。即日融資希望者は遅くとも13時くらいまでに申込を済ませておきましょう。

最後にアコムカードを受取にいきます。郵送か来店の2パターンから選べますが、自動契約機(むじんくん)をおすすめします。

カードを受け取るだけですから、自動契約機(むじんくん)で時間をとられる心配もないよ。

急いでる人には嬉しいですね!

目次に戻る

アコムのweb完結をスムーズに行うためのポイント

何の準備もせずに公式サイトから申し込みをすると、思わぬところで時間がとられてしまったりする可能性があります。

そうならないために大切なポイントは次の5点です。

  1. 正確な情報で申し込むこと
  2. 在籍確認がとれる時間帯に申込む
  3. 必要な書類は事前に準備しておく
  4. 書類の撮影はキレイにとろう
  5. 銀行振込で借りる場合は、当日振込可能な時間帯を気にしよう

この5つのポイントがなぜ重要なのか、その理由とともに解説をしていきます。

正確な情報で申し込みをすること

公式サイトから申込を済ませると、アコムの審査がすぐに開始します。

審査は申込情報を元にコンピューターが採点し(スコアリング・システム)、最終確認を審査担当者が行う流れになります。

コンピューターはミスだろうが、入力された情報を元に審査するからですね…

正しい評価ができなくなるばかりか、評価が下がるおそれもあるからね。

また、他社のカードローンを利用中の人は、その借入件数や総額も正確に記入してください。

自分の今のクレジットカードやカードローンの利用状況は、審査で信用情報機関に参照するので正確な状況をアコムは知ることができます。

「審査に不利になりそうだから不安…」というのは分かります。しかし、アコム側は正確に情報を把握できてしまうので、正直な申込をしてください。

記入ミスやウソの申し込みは、信用を低下させる原因になりますので正確な情報で申込をするようにしましょう。

在籍確認がとれる時間帯に申し込む

在籍確認がとれないと審査に通ることはありません。

電話にでるのは必ずしも申込者本人である必要はないので、必ず職場に人がいる時間帯に電話をかけてもらうようにしましょう。

在籍確認をスムーズに行うためには、電話がとれるタイミングを計って申込をするのがコツです。

仕事を終えて家に帰るタイミングとかは危なそうですね…

そうだね、でも、昼間の時間帯でも誰も電話に出られないというのも危険だよ。

ですから、アコムの申込は30分~1時間程度は席を外すことがない状況で行うといいでしょう。

下記記事にてアコムの在籍確認について詳しく紹介しています。

アコムの在籍確認は職場にバレません!電話回避方法含めて解説

必要な書類は事前に準備しておく

アコムの審査では必ず本人確認用の書類の提出が必要になります。

運転免許証、個人番号カードやぱパスポートなどを普段持ち歩いている人は問題ありませんが、手元にない人はいずれか1点を必ず申込前に準備しておきましょう。

健康保険証など顔写真がないものは、公共料金の領収書などを含めた2点の提出が必要になるので覚えておこう

予め準備しておかなきゃですね!

また、アコムの限度額が50万円を超えるなど、一部の申込者は収入証明書の提出が必要になります。

その場合、給与明細や源泉徴収票を提出しなくてはならないので、事前に準備しておくと審査で時間を取られることがなくなります。

必要書類の準備に手間取ってしまうとアコムのweb完結は時間がとてもかかってしまいます。必ず事前に書類は準備しておくようにしてください。

書類の撮影はキレイにとろう

書類の提出も注意が必要です!

準備しとけば安心かなと気を抜いていました…

スマホや携帯電話のカメラ機能で撮影した写真をアコムに提出します。

画像がブレていて、名前、生年月日、現住所、顔写真が正確に確認できなかったり、そもそも一部部分しか撮影せず、情報が確認できないなどはNGです。

申込内容がなりすましでないことをチェックする重要な審査です。必ずストレスなく字が読める程度のきれいさと、きちんと書類が収まるサイズで撮影をしましょう。

なお、必要書類の提出に不安のある人は、アコムナビというスマホアプリをインストールするといいでしょう。

アコムナビには「書類提出」という機能があり、アプリで撮影してそのまま提出できます。

非常に簡単で、撮影時の注意点もかいてあるので、安心して必要書類をアコムへ提出することができるでしょう。

目次に戻る

銀行振込で借りる場合は、当日振込可能な時間帯を気にしよう

銀行振込は、申込者の口座の窓口営業時間の影響を受けます。

基本的には平日9:00~14:30までにアコムの銀行振込を利用するば、当日中に現金が振り込まれます。

ゆうちょ銀行の口座は9:00~14:00となっています。

それ以外の時間帯は営業時間外の取り扱いとなり、翌営業日に振込が実施されます。

特に即日融資を希望する場合は、遅くとも午後1時くらいまでには申込を済ませておきましょう。

【ネット申込限定】初回の借入で夜遅くまで即時振込してくれる3つの口座がある

通常は、平日14:30まででないと当日融資は受けられません。ただし、次の3つの口座は18時まで銀行振込の依頼を受け付けています。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

上記の3行は、平日18時までにアコムに振込依頼をすれば、当日19時までに現金を振り込んでもらえます。

締め切りが14:30と18:00とでは全然違いますね!仕事終わりにお金が急に必要になった場合も対応できそう!

ただし、この即日振込の時間拡大サービスは初回の借入のみが対象で、振込の依頼はフリーコール(0120-07-1000)限定だよ。

もし、アコムの会員サービスから振込キャッシングを依頼すると、通常の振込扱いの時間制限(9:00~14:30)を受けてしまいます。

ここがポイント
  • 三菱UFJ、三井住友、ゆうちょの口座のどれかを持っている人はアコムのweb完結が18時まで可能
  • アコムの会員サービスからではなく、フリーコールへ電話をしてリクエストをしないと利用できない

楽天銀行の口座は、24時間365日即日融資が可能

楽天口座は、最もアコムと相性が良く必要なとき自分のタイミングでアコムの会員サービスから振込依頼をだせば、楽天の口座なら即座に振り込んでもらえます。

これは土日・祝日でも関係なく即日融資が受けられます。

楽天口座を持っている人で、現金を借りたいと考えている人は、大手のアコムなら安心ですからおすすめです!

まとめ

Web完結でアコムを利用するための申込方法や借入までの流れ、コツを紹介していきました。

アコムには「web完結」というサービスはありませんが、web完結ができる消費者金融なのです。最後に、重要なポイントを3点まとめます。

ここがポイント
  • スマホやパソコンで24時間365日いつでも申込可能
  • 銀行振込のキャッシング後は、自動契約機(むじんくん)でカード発行しなければならない
  • 申込当日中に即日融資を受けたい場合は、銀行振込が可能なお昼くらいまでに申込を済ませるのがいい

アコムのweb完結で申込を済ませれば、働きながらや別のことをしながらでも、サクッと対応可能です。

時間をかけずに申込手続きを済ませたい人は、ぜひアコムのweb完結で申込をしましょう。