アコムでお金を借りる方法を徹底解説!申し込みの手順から返済の方法までの全行程

アコムでお金を借りる方法

ずっとほしいと思っていた限定品が目の前にあるのに、手持ちのお金じゃ足りません・・・。
何かいい方法ないですか??

そこまでほしいなら、消費者金融を検討してみては?

消費者金融ですか?

そう。
中でもアコムは即日融資も簡単に利用できるし、初回契約者にお得なサービスもあるから、初めて消費者金融を利用する人にはおすすめなんだ。
詳しく紹介するよ。

ぜひ聞きたいです!

「はじめての、アコム」というCMでおなじみの大手消費者金融アコム。そのキャッチフレーズが表すように、初めてアコムを利用する方にお得な金利0円サービスなど展開しています。

そのため、消費者金融の中でもアコムを検討している方も多く、

「どうやって申し込み、借り入れができるの?」

「アコムについて詳しく知りたい」

といった方もいますよね。

そこで今回は、アコムの申し込みから借り入れまで徹底解説していきます。

これを読めば、アコムへ申し込みから契約、借り入れまでのシュミレーションは完璧に、そして簡単に借り入れまでできるはずです。
ぜひ読み進めてくださいね。

アコムでお金を借りる

アコムへ申し込む前に確認して欲しいのが、

  • アコムの特徴
  • アコムへの申し込み資格

の2つです。

アコムの特徴を知らなければ、数ある消費者金融の中からメリットを探し出せないですし、申し込み条件を満たさなければ、申し込んでも審査に通りません。

まずはこの2つを把握しましょう。

アコムの特徴としては次の6つがあります。

  • 3秒診断がある
  • ネット申し込みで契約まで完了できる
  • 平日だけではなく、土日祝日も即日融資可能
  • 初回の方限定「30日間金利0円サービス」
  • 審査時間は最短30分
  • eメールサービス

特に初回限定の、契約した翌日から「30日間金利0円サービス」は、初めてアコムを利用したいという方にはメリットが大きいものですよね。

急にお金が必要になった場合、土日でも即日融資が受けられるのは利便性が高いといえます。

しかし、これらの特徴やメリットがあっても、申し込み資格を満たさなければ融資を受けることはできません。

アコムの申し込み資格は、「20歳以上の安定した収入がある」ことを条件にしています。

アルバイトやパート、派遣社員といった比較的借り入れには不利になりやすい雇用形態であっても、20歳以上で毎月の収入が安定していれば、借り入れが可能ということです。

アコムのデータでは、アコム利用者の約25%が200万円以下の年収です。
年収の金額よりも、安定して収入があり返済できる方が、審査に通るということですね。

アコムの申し込み方法の種類は4種類!

申し込み方法は4つあります。

申し込み方法はどんなものがあるんですか?
必ず店舗に行く必要がるとなると、近くにないので利用しにくいですよね。

アコムは4つの申し込み方法から、自由に選択することができるんだ。
申し込みについて詳しく説明しようか。

アコムの申し込み方法としては、次の4つがあります。

  • インターネット
  • 電話
  • 店舗受付(有人窓口・自動契約機)
  • 郵送

ここでは、申し込みの流れ、必要な書類など詳しくご紹介します。読み進めれば、スムーズに申し込みを終えることができますよ。

アコムの申し込み手順や、用意しておくべき必要書類はこれ!

アコムでお金を借りるまでの手順は3ステップアコムの申し込みの流れとしては、次の3ステップがあります。

  • 1申し込み
  • 2審査
  • 3契約

必要事項を入力し申し込み、審査に通過すると契約が待っています。審査に通過さえすれば、契約後融資を受けることが可能です。

申し込みには、先にお話ししたインターネットなど好きな方法で行うことができますが、共通事項として、必要書類の提出をしなければ審査完了となりません。

次に必要書類についてお話しましょう。

必要な書類は2種類のみ!

アコムへ提出する書類としては、本人確認書類と場合によっては収入証明書が必要になります。

本人確認書類としては、次の3つのうちいずれか1つを選びましょう.

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カードなど

ただし、

Attention
  • 書類の住所が申し込み時の住所と異なる場合
  • 顔写真付きの本人確認書類がない場合

といった2つのケースでは、追加書類として次の4つのうちいずれかを提出する必要があります。

  • 健康保険証(表・裏)
  • 住民票(本籍地・マイナンバー・住民コードがないもの)
  • 電気・ガス・水道など公共料金の領収書
  • 納税証明書(発行年月日から6か月以内のもの)

住所が異なる場合は上記から1つ、顔写真付きの本人確認書類がない場合は2つ提出を求められるので用意しておきましょう。

収入証明書が必要になるケースでは、

  • アコムで利用限度額が50万円を超える契約をしたい場合
  • 他社の借り入れと合わせて100万を超える場合

の2つがあります。

収入証明書類としては次の4つのうちいずれか1つを用意しましょう。

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 市民税・県民税額決定通知書

いずれも、直近もしくは最新年度のものが必要です。

また、入社事態が前年1月以降のといったケースでは、直近の給与明細書2ヶ月分が必要になります。

書類の提出方法は次の5つです。

  • アップロード
  • カメラアプリ
  • FAX
  • 店頭、自動契約機
  • 専用封筒で送付

中でも、カメラアプリが利用できる「アコムナビ」を利用し、書類を撮影して送信するのが簡単で、手続きもスムーズになります。

パートやバイトでも安定収入があれば審査に通る可能性は高い!

審査が気になるという方も多いですよね。

アコムに限らず、審査は返済能力を見るために行います。

そのため、先にお話ししたように申し込み条件として、安定した収入を求めるカードローン会社がほとんどです。

特にアコムは、収入の金額よりも毎月収入があって返済が可能かどうかを重要視します。

収入=返済源

収入があることが重要になるので、パートやアルバイトであっても、働いて毎月収入さえ得ていれば審査に通る可能性は高いでしょう。

職場への在籍確認の電話は必ずあるが、不在でも働いていることが証明できればOK!

審査の終盤になると、在籍確認というものが行われます。在籍確認とは、申し込み内容にある勤め先に間違いなく働いているかどうか、確認するものです。

勤め先に在籍していることは、収入があるということの証明にもなります。

アコムにとっては、収入がないのにも関わらず偽った勤め先を記入されていると、返済されないというリスクが高まります。

そのため、在籍確認が取れない場合は審査に落ちてしまうことが多いので注意しましょう。

在籍確認は、電話で職場へ連絡し呼び出すという方法になります。

アコムの担当者は、個人名で連絡をするので周囲にばれる心配はありません。

もし仕事上席を外すことが多くても、電話に出た同僚の方が「外出中です」や「席を外しています」と伝えるだけでも、在籍確認が完了するので安心しましょう。

いつ電話が来てもいいように、申し込みの時点で担当部署直通の電話番号など、自分とつながりやすい番号を入力した方がいいですね。
特に大手企業など注意が必要です。

申し込みから契約までの流れ

申し込みをしてから契約完了までは、それぞれ申し込み方法によって異なります。

インターネットもしくは自動契約機(むじんくん)を利用すると、土日祝日でも即日融資を受けることができ、最短1時間で契約完了するのでおすすめです。

インターネット申し込みに注目して、借り入れまでをご紹介しましょう。

簡単な流れとしては次のようになります。

  1. アコム公式ページより申し込み
  2. 必要書類の送付(アップロード)
  3. 審査開始
  4. 審査結果の通知(メール)
  5. 契約
  6. 自動契約機(むじんくん)
  7. アコムカード発行
  8. 借入

審査時間は最短30分で通知が届きます。

しかし、申し込み状況によっては時間がかかるケースもあるので、即日融資を確実に行いたいのであれば時間の余裕を持ちましょう。

ネットでの申し込みは24時間365日可能ですが、自動契約機は営業時間があります。

22:00までの営業なので、21:00には入室し手続きがとれるように注意して下さいね。

くれぐれも審査受付時間には十分注意しよう!

申し込に方法は4つありますが、それぞれ審査の受付時間が異なります。
次の表を見てみましょう。

申し込み方法 審査の回答時間
電話 9:00~21:00
インターネット 9:00~21:00
店頭窓口 平日9:30~18:00(一部店舗19:00まで)
自動契約機 9:00~21:00

審査受付時間を過ぎてしまうと、翌営業日の審査になります。

当日に借り入れができなくなってしまうので、少なくとも受付終了1時間前には、申し込みを完了するようにしましょう。

アコムなら土日祝でも審査OKで契約もできる!楽天銀行なら24時間365日即入金!

アコムの借り入れ方法としては、ATMもしくは振り込みの2つがあります。

アコムのATMや提携先ATMによっては、24時間借り入れが可能ですが、振り込みを利用した融資を受けたい場合は注意が必要です。

まずは、それぞれの振込融資対応時間を見てみましょう。

金融機関 曜日 融資申し込み時間 振り込み実施
楽天銀行 平日・土日祝日 0:10~23:50 受付から1分後
ゆうちょ銀行 平日 0:10~14:00 当日
14:00~23:50 翌営業日
土日祝日 0:10~23:50
その他の金融機関 平日 0:10~14:30 当日
14:30~23:50
土日祝日 0:10~23:50 翌営業日

表からもわかるように、楽天銀行であれば土日祝日関係なく、24時間365日振り込みでの融資を受けることができます。

しかし、そのほかの金融機関を利用したい場合は、次の2つの点に注意してください。

Attention
  • 平日の即日振り込み融資では、14:00までに融資申し込みをしなくてはいけない。
  • 金曜日のゆうちょであれば14:00以降、その他の銀行であれば14:30以降に振り込み融資を希望すると、月曜日まで振り込まれない。

楽天銀行以外の金融機関を利用したい場合は、振り込みの受け付けは可能ですが、土日祝日の融資には対応していません。

土日祝日の融資には、ATMもしくは楽天銀行の利用と、受付時間を守ることが大切になります。

土日祝にアコムを利用する際の注意点

土日祝日のアコムは混雑しやすいです。そのため、スムーズに自動契約機に入室できなかったり、審査に時間がかかったりと思わぬことで時間を取られる可能性があります。

土日祝日に確実に融資を受けたいのであれば、できるだけ時間に余裕をもって申し込むようにしましょう。

目次に戻る

アコムのお金の借り方を紹介!

無事契約できました!

それじゃさっそく借り入れをしてみようか。

アコムに申し込み、契約が済めば借り入れができるようになります。

借り方の方法は、次の3つです。

  • 店頭窓口、アコムのATM
  • 提携ATM
  • 銀行振り込み

の3つの借り方がある

どの方法でも自分の好みに合わせて利用することができますが、ここではATMでの借り入れについてなど詳しく見ていきましょう。

借り入れ、返済もアコムのATMなら手数料無料!他のATM手数料は?

ATMを利用した借り入れ方法としては、アコムのATMもしくは提携先ATMの2通りあります。
しかし、次のように手数料が発生することがあるので注意が必要です。

アコムのATM手数料…金額にかかわらず0円

提携ATM
1万円以下…108円
1万円超…216円

アコムのATMであれば、手数料無料で借り入れができるので、できるだけアコムATMを利用した方が経済的です。

提携先のコンビニや、提携銀行はどこが利用できる?

借入先の検討材料として、

「借入をできるだけ利便性良くしたい。」

「遠くのATMまでいかなくてはいけないのは避けたい」

といった、借入時の利便性を重視する方も多いのではないでしょうか。アコムでは、アコムATMの他に街中にある提携先ATMでも借り入れが可能です。

提携先ATMにはコンビニや銀行、地方銀行なども含まれていますので、詳しくご紹介しましょう。

提携コンビニ

提携先コンビニATMは次の5店舗があります。

  • セブンイレブン(セブン銀行)
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • サークルKサンクス

自宅の近くや会社の近くなどいつも行動する範囲内の中には、いずれかのコンビニがあるのではないでしょうか。

借入までの流れとしても、

  1. ATMにアコムカードを挿入
  2. 暗証番号の入力
  3. 融資を選んで希望額を入力
  4. 借入完了

といった、たった4ステップで完了するので簡単です。

提携銀行

提携先銀行ATMですが、次のような14店舗があります。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • 第三銀行
  • 東京スター銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 北海道銀行
  • 北陸銀行
  • 八十二銀行

大手銀行から地方銀行まで対応しているので、ちょっとした出先などで利用することができますね。

やはり借り入れ方法が簡単で、利便性が高いというのはメリットが大きいですね。
借りたいときに借りやすいので、手間もかからないのでうれしいです!

千円単位でお金を借りられるのは3つだけ!

利息は、借り入れた分に対してかかるものです。
そのため、金利をできるだけ抑えたいという場合は、必要な分だけ借り入れをするというのが必要になります。

「できるだけ必要ギリギリの金額を借りたい」

「数千円という少額を借りたい」

といった場合、対応していないATMもあるので注意が必要です。

それぞれの借り入れ単位については、次の表を参考にしてくださいね。

借り入れ単位

セブンイレブン 1,000円
アコムのATM
振込キャッシング
コンビニ・銀行 10,000円

1,000円単位での借り入れは、セブンATM・アコムATM・振込キャッシングの3つのみです。

そのほかのコンビニや銀行ATMでは10,000円単位での貸付となるので気をつけましょう。

目次に戻る

アコムの返済方法は5種類から選択可能!

お金を借りたら返済しなくてはいけないよね。
アコムの返済方法は5つもあるんだ。

5つもあるんですか?!

そう。
詳しく説明するよ。

アコムの返済方法は次の5つがあります。

  • インターネット
  • 店頭窓口
  • アコムのATM
  • 提携ATM
  • お振込・口座振替(自動引き落とし)

インターネットでの返済や、近くのATMを利用して返済、口座引落しなど自分の都合に合わせて返済方法が選択できます。
しかし、返済期日によっては選択できない返済方法もあります。

アコムの返済期日は2通りあり、期日に合わせて利用できる返済方法を次の表にしました。

35日ごと返済 毎月指定期日
特徴
  • 35日周期での返済期日
  • 毎月決まった日の返済ではない
  • 35日以内であれば、都合に合わせて返済できる
  • 金利0円サービスが利用できる ・支払い日を忘れにくい
  • 支払い日を忘れにくい
  • 毎月指定日の引落し
  • 毎月指定日に入金
利用できる返済方法
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • アコム・提携ATM
  • 振り込み
  • 口座引落し
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • アコム・提携ATM
  • 振り込み

35日ごと返済であれば、自分の好きな時に返済が可能といったメリットがある反面、返済期日が忘れやすいという面があります。

毎月指定期日返済であれば口座引落しも利用できるので、公共料金などの分とともに入金しておくだけで、忘れにくいという点は便利ですね。

自分の返済しやすい方法を選択しましょう。

インターネットでの返済か口座振替が手数料無料なのでおすすめ!

返済方法で気をつけなくてはいけないのが手数料です。先に借入時に手数料がかかる可能性があることをお話ししました。

しかし、返済時にも提携ATMを利用すると、手数料が発生するので注意しましょう。金額は、借り入れ手数料と同じです。

インターネットでの返済や、口座引落しでの返済は手数料無料になるのでおすすめです。

毎月いくらから返済しなきゃいけないのか?最低返済金額や利息について知っておこう!

返済方法もわかったので、さっそく狙っていた商品を買ってきたいと思います!

ちょっと待った。
借り入れをするなら、それにかかる利息や返済回数など把握しておくことは大切だよ。

次の表は、年率18.0%で借り入れをした場合、35日ごと返済での総返済回数や利息をまとめました。

最低返済金額で返済した場合

借り入れ額 最低返済金額 支払い回数 支払い総額 利息
10万円 3,000円/月 51回 150,105円 50,105円
20万円 6,000円/月 300,256円 100,256円
30万円 9,000円/月 450,401円 150,401円
50万円 15,000円/月 750,686円 250,686円

最低返済額以上で返済した場合

借り入れ額 返済金額 支払い回数 支払い総額 利息
10万円 5,000円/月 25回 123,709円 23,709円
20万円 9,000円/月 29回 254,432円 54,432円
30万円 13,000円/月 30回 385,927円 85,927円
50万円 21,000円/月 51回 649,464円 149,464円

表からもわかるように、毎月の返済金額が低ければ低いほど、総返済額が大きくなってしまいます。

借入をして後日調べてみると、高額な利息を支払っていたというのはよくある話です。
なるべく毎月の返済額を増やし、返済回数を減らすことが重要です。

目次に戻る

アコムでお金を借りるまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、アコムの申し込みから契約、借り入れそして返済までを詳しくご紹介しました。

重要なポイントとしては、次の4つがあります。

  • アコムは平日だけではなく土日祝日も即日融資が可能
  • アコムと契約した日から30日間無金利サービス
  • 即日融資には、インターネット申し込みがおすすめ
  • 利息をおさえたいなら、返済回数を減らそう!

「どうしてもアコムで借り入れをしたい!」

「アコムへの申し込みを検討している」

といった方は、この記事を参考にアコムへ申し込んでみてくださいね。

【2019年】アコムのカードローン最新利用法!即日融資の最短利用も解説