CICにはどのような情報が登録されているのでしょうか?クレジットカード系の信用情報機関がCICです

 

主にクレジットカードなど、信販系金融機関の利用履歴を登録している信用情報機関CICです。
CICには最近人気を集めている三井住友VISAカードや、楽天カードや、JCBカードなどの利用履歴が登録されています。
登録された情報については、個人が書き換えや抹消などを行うことはできません。
一度登録された情報は5年程度記録され、その後自動的に抹消されることになります。
延滞などの履歴が登録されていると新規の借入などに影響を及ぼしますので、申し込みの際などにはくれぐれも注意をしてください。

銀行で借入を申し込めばCICに登録した情報は伝わらないのでしょうか?

信販会社などのクレジットカードやキャッシングなどを利用している人の場合には、「銀行に借入を申し込めばわからないのではないか?」と考えることがあるかもしれません。
確かに信販会社と銀行では情報を登録する信用情報機関が異なります
信販会社ではCICに情報を登録するのに対して、銀行ではKSC(全国銀行個人信用情報センター)に対して情報を登録しているのです。
ただしこれらの信用情報機関ではお互いにやり取りをして情報の共有化を行っていますので、クレジットカードの利用履歴については銀行に対してもすぐに伝わってしまうことになります。
これは消費者金融などに対しても同様であり、お互いに情報を共有化することによって、過剰な貸付や多重債務を防いでいるのです。

どのような情報がCICには登録されているのでしょうか?

CICにはクレジットカードなどの申込みに関する各種の情報が登録されています。
まずは利用者の氏名・生年月日・電話番号などの個人情報や、さらに申し込んだ商品名・申し込みの日・契約予定額・支払予定額などが登録されることになります。
この情報は申し込みの履歴として6ヶ月程度データが記録されます。
さらに実際にクレジットカードなどの契約をした場合には、利用者の年収・勤務先などの情報が登録されますし、その他には返済の残額がどの程度残っているのかを示す残債額、返済のために入金をした入金履歴、全ての支払いを完了する支払終了日、また延滞をした場合にはその履歴などが登録されるのです。
契約後の各種の情報については5年間データが記録されますので、クレジットカードを利用中の人の場合には常に何らかのデータが信用情報機関に記録されているということになります。

データとして残る主な項目
個人情報 氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
申込情報 照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等
クレジット情報 契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
利用記録 利用日、利用目的、利用会社名等

CICには常に利用に関する情報が伝わっています

普段クレジットカードを頻繁に利用している人の場合であっても、利用者とCICが直接何かのやり取りをするということはありませんので、実際にCICの存在を意識することはないはずです。
しかしクレジットカードを提供している信販会社は常にCICと連携して情報のやりとりを行っていますので、あなたがクレジットカードを利用すればその情報は自動的にCICにも伝わることになります。
またクレジットカードを提供する信販会社は基本的にCICに加入することになっていまので、クレジットカードを利用する限り情報の登録を防ぐことはできません。
またCICに加入していない金融機関については街金融やヤミ金融などの可能性が高くなりますので、CICに加入している安全な金融機関を利用することをおすすめしたいと思います。

本人であれば情報の開示請求を行うこともできます

今回はCICについてご紹介しましたが、CICはあくまでも金融に関する利用履歴を登録する機関にですから、個人の思想・信条・宗教・人種・犯罪歴といったプライベートに関する情報が登録されることはありません。
またCICにどのような情報が登録されているのか知りたいという場合には、本人であれば登録された情報の開示請求を行うことができます。
実際にCICに足を運んで情報の開示を受けたり、あるいは資料を郵送で送ってもらうことなどもできますので、気になるという人は登録情報の開示請求を検討してみてください。