年金保険料を滞納するとブラックリスト?年金保険料の滞納は個人信用情報機関には登録されません

年金保険料を滞納してもブラックリストにはなりませんので消費者金融を利用することができます

消費者金融では申込者の信用に基づいて貸付を行います。
具体的には審査を行って、「十分な返済能力があるかどうか」「きちんと返済することができるかどうか」を判断するのです。
実際の審査の際には過去のカードローンやクレジットカードなどの利用履歴が記録された「個人信用情報機関」に情報の照会を行います。
過去に延滞などを起こした履歴があると個人信用情報機関に金融事故として登録されてしまいますので、カードローンやクレジットカードなどに申し込んでも審査に通ることができない「ブラックリスト」状態になってしまうのです。
個人信用情報に延滞が金融事故として登録されてしまうと、最低でも5年間は記録が残ってしまうことになります。

記録が抹消されるまでの間はどこの金融機関に申し込んでも、審査には通ることはできなくなってしまうのです。

年金保険料の滞納は消費者金融などの審査に影響するのでしょうか?

それでは年金保険料を滞納してしまった場合にはどうなるのでしょうか。
一般的な企業に勤めている場合には厚生年金の保険料が自動的に支払われることになりますが、国民年金の場合には保険料を自分で納付することが必要になります。
生活が厳しくて年金保険料を納付する余裕がないという人などもいるかもしれませんし、また国民年金の制度に疑問を感じているため支払を拒否している人などもいるでしょう。
それでは年金保険料を滞納している場合には、消費者金融などに借り入れを申し込む際の審査には影響するのでしょうか。

年金保険料を滞納している場合であっても、消費者金融などの審査に影響することはありません。
個人信用情報機関には利用者の滞納などに関する情報が登録されているのですが、これはあくまでも情報機関に加入している消費者金融や銀行や信販会社などに関するものになります。
年金については全く別の制度になりますので、これを滞納しても個人信用情報機関に情報が登録されることはありません。
年金保険料を滞納している人がカードローンなどの審査に通らないのであれば、年金保険料の滞納以外の別の理由が原因となっていることがほとんどです。
具体的には次のような理由が考えられます。

希望限度額が多い消費者金融から借入できる金額は最大で年収の3分の1まで、もしくは各消費者金融が設定した限度額まで
他社借入がある他社借入がある場合審査に通りづらくなる
安定した収入がないアルバイトやパートでも安定した収入が得られる状況でなくては借入は基本的に難しい

クレジットカードで年金保険料を支払っている場合には要注意です

年金については制度が異なるため、原則として個人信用情報機関に延滞などの情報が登録されることはありません。
ただしクレジットカードで年金保険料を支払っている場合には注意が必要です。
クレジットカードを提供している信販会社は個人信用情報機関に加入していますので、クレジットカードを利用した年金保険料の支払を延滞してしまうと、その履歴が個人信用情報機関に登録されてしまう場合があります。
消費者金融に申し込んだ場合には個人信用情報機関に情報の照会が行われますので、この時に年金を滞納している記録があれば「年金保険料を支払うことができない人に返済ができるのだろうか」と疑われてしまうことになります。
年金保険料の滞納が原因で審査に落ちてしまうかもしれないのです。

国民健康保険料を滞納し続けるとどうなるのか?滞納者がとるべき行動はこれだ!

年金保険料の支払は国民の義務です

原則として国民には年金保険料を支払う義務がありますので、やむを得ない場合を除いて年金保険料を支払うことが必要です。
年金保険料の滞納者には督促状が送付されますし、それでも支払に応じないという場合には最終催告状が送付されることになります。

最終催告状に記載された期日までに納付が行われなければ、その後は法的手段により財産や給料の差し押さえなどが行われるかもしれません。

自宅や自家用車などの差し押さえが行われればその後の生活などに大きく影響しますので、年金保険料の滞納などをしないことを普段から心がけましょう。
また病気やケガなどで働くことができない人や、年間所得200万円以下のいわゆるワーキングプアの人などの場合には、年金の支払の免除や減免などが受けられる場合もあります。
年金保険料の支払が難しいという場合には市町村や年金事務所などに相談してみましょう。
現在の(平成24年現在)国民年金の保険料納付率は59.0%であり、被保険者のおよそ4割以上が滞納などをしているという結果が出ています。

Attention
年金については制度自体に疑問を感じている人なども多いようですが、保険料を滞納していると障害年金の受給などに影響する場合がありますので、できるか限りしっかりと保険料を納付することをおすすめしたいと思います。

延滞が長期間続くと債権者が裁判を起こす場合があるので注意して!