督促オペレーターとは?どのような仕事を行うのでしょうか

催促オペレーターとはどのような仕事なのでしょうか?

督促オペレーターという仕事がありますが、具体的にはどのような業務を行うのでしょうか。
催促オペレーターについては、電話による督促を行うことが主な業務内容になります。
消費者金融から借り入れをしていて返済日に返済を行わない利用者に対しては、催促オペレーターが電話による催促を行うのです。
また電話が通じない利用者に対しては郵送による催促が行われることになります。

いきなり会社名を名乗らないことが貸金業法により定められています

Attention
貸金業法においては、電話による催促でいきなり会社名を名乗ってはいけないと定められています。
これは借り入れを利用している本人以外の家族や同僚などに、消費者金融を利用していることを知られないための配慮なのです。
電話に出たのが本人であると確認できてから、「消費者金融○○の担当△△です」と名乗ることになります。
また同様に電話による催促では偽名を使ってはいけないと定められていますので、基本的には担当者が実名(個人名)で電話をかけてくることになります。

催促オペレーターはどのような業務を行うのでしょうか?

定められた返済日に入金が行われなかった場合には、まずは書面で入金が行われなかったことを通知します。
単に入金を忘れていた人やたまたまお金が足りなかった人などの場合には、この時点で不足分の入金が行われることが大半です。
ただし一部には書面で通知をしてもその後の入金を行わない人がいますので、そのような場合には催促オペレーターが電話による催促を個人名で行います。
ここまでの手続きでほとんどの人は入金を行いますが、ごく稀に手紙にも反応がなく電話にも出ないという人がいます。
そのような人の場合には会社名による催促が行われることになるのです。

カードローンの催促は怖いものではありません!延滞し続けるデメリットをきちんと理解して対処しよう!

音信普通期間が半月以上になると取立てを専門とする部署が担当することになります

このように一般的な延滞では書面または催促オペレーターによる催促が行われますが、連絡が取れない音信普通の期間が半月以上になった場合には、その後は取立てを専門とする部署に担当が引き継がれることになります。
まずは自宅や職場などに消費者金融の名前で催促の電話がかかってきて、お金が足りないのであればとりあえず利息だけでも支払うように請求されることになります。
しかしこれにも応じないのであれば、その後はさらに厳しい取立てが行われることになるのです。
テレビドラマなどで見かけるような取立てを想像してみてください。
ただしこれについては借りたお金を返さない利用者に大きな問題があります。
消費者金融はあくまでも法律に従って業務として取立てを行っているだけなのです。
催促や取立てなどについてはくれぐれも誠実に対応することを心がけてください。

催促オペレーターの大半はアルバイトです

電話で返済の催促を行う催促オペレーターの大半はアルバイトです。
求人サイトや求人情報誌などで「電話による金融機関のお仕事です」などと記載されている場合には、ほとんどの場合にはその業務内容は催促オペレーターになります。
比較的高額の時給が保証されているのですが、その代わり精神的な負担が大きくなります
いい加減な債務者なども多いため人間不信になりますし、またお金の怖さを思い知ることになります。
ただし業務自体はデスクワークになりますので身体への負担などは少ないですし、またこれまでに電話応対や接客などの仕事の経験があれば仕事にスムーズに取り掛かることができるはずです。

暴力的な取立てや脅迫は刑事罰の対象になります

暴力的な取立てや脅迫などについては、刑事罰の対象となることが貸金業法によって定められています。
現在の消費者金融各社は法律を遵守した営業を行っていますので、実際の取立てはビジネスとして事務的に行われることになります。
以前のサラ金のような対応が行われる心配はありませんので、催促や取立てについては無視などをせずにきちんと対応することを心がけるようにしましょう。