借り入れに関する情報は信用情報機関に記録されます!確実な返済を心がけるようにしましょう

 

借り入れの申し込みの履歴や返済の履歴などについては、金融機関が利用する信用情報機関に記録されることになります。
カードローンなどについてもちろんなのですが、一般の買い物(分割払い)や一般のローン(自動車ローンなど)やクレジットカードなどについても同様に記録されることになるのです。
また利用者の個人情報などについても記録されます。今回は信用情報機関に記録される内容について詳しく確認してみましょう。

信用情報機関にはどのようなデータが記録されるのでしょうか?

まずは信用情報機関には、利用者に関する個人情報が記録されることになります。
住所・氏名・生年月日・自宅の住所・自宅の電話番号・携帯電話の番号などの他に、これまでに借り入れなどに申し込んだ履歴があれば申込日や契約日なども記録されるのです。
金融機関は信用情報機関の情報を自由に閲覧することができますので、どのような人がどのような申込や契約をしているのかがすぐにわかってしまうのです。

また金融機関が借り入れの審査を行う場合には、信用情報機関に記録された利用者の利用履歴が重視されることになります。
借り入れの申込や契約などの履歴はもちろんですが、さらに延滞などをせずに確実な返済が行われているのかどうかが確認されることになります。
過去に延滞などの履歴があれば審査に通過することは難しくなりますし、さらに自己破産などの債務整理の履歴などがあれば審査に通過することができなくなってしまうのです。
信用情報機関に記録された情報はクレジットカードや一般ローンの審査の際にも照会が行われることになります。
例えば自動車を購入するために自動車ローンに申し込む場合などには、過去に延滞の履歴があればこれが審査に大きく影響するのです。

審査に落ちる事例 主な要因
借り過ぎ 年収の1/3以上の借金がある場合、過去に返せないほどの借金が発生した場合はほぼ不可。
支払遅延や滞納 期間はカード会社などによるが支払遅延や滞納がある場合は、ほぼ不可。
多重申請 複数のカード会社に申し込んでいる。
利用限度額の不均衡 収入に見合わない希望額を申請したとき。

どのような記録が審査に大きく影響するのでしょうか?

過去に支払を3ヶ月以上遅延した記録がある」「複数の借り入れを利用した記録がある」「家賃を長期間滞納した記録がある」といった人の場合には要注意です。
特に注意が必要なのは延滞や滞納に関する記録なのですが、複数の金融機関からの借り入れを行っている場合などにも注意が必要になります。
借金を借金で返済する「自転車操業」の状態であると判断されると審査には通らなくなってしまうのです。
また審査の際には過去の利用履歴だけではなく現在の利用状況についても確認されますので、複数の借り入れを利用している人は一部でも返済をしてから新規の借り入れに申し込むことをおすすめします。
その他には家賃をクレジットカードなどで支払っている場合などにも信用情報機関に登録されることになりますので、くれぐれも確実に支払いを行って延滞などをしないことを心がけるようにしましょう。

延滞などの記録は一生残ってしまうのでしょうか?

過去に延滞などの記録があれば、信用が低く評価されますので審査には通りにくくなってしまいます。
しかし一度延滞の履歴が記録されたからといって、これが一生残ってしまうというわけではありません。
延滞の記録については5年程度で信用情報機関から抹消されますので、その後確実な返済を心がけて延滞などをしなければ、以前と同じようにカードローンやクレジットカードなどを利用することが可能になります。
過去5年以内に延滞をした記録がなければ、新規のカードローンなどに問題なく申し込むことができるはずです。

確実な返済を行って信用を積み重ねれば審査では有利になります

このように信用情報機関には、利用者に関する様々なデータが記録されることになります。
カードローンの審査では確実な返済能力があるかどうかが重視されることになりますので、延滞などをせずに確実な返済の履歴を積み重ねて信用力を高めることを心がけるようにしましょう。