借金を一本化して支払の負担を減らしましょう!お得に一本化を行うための4つの条件を紹介します

 

複数のカードローンの借り入れを行っているという人には、借金をひとつにまとめる一本化の検討をおすすめしたいと思います。
借金の一本化には様々なメリットがありますので、最近ではおまとめローンなどと呼ばれて利用者が増加しています。
そんな認知度が高まっている借金の一本化について、今回は具体的にはどのようにすればお得に活用することができるのか、さらに詳しくご紹介したいと思います。

借金の一本化にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

複数の返済日をまとめて月に1度にすることができます
1件あたりの借入金額が大きくなるため低金利で利用することができます
月々の返済額を減らすことができます
返済の総額を減らすことができます
早期の完済を目指すことができます

やはり月々の返済額を減らすことができるのが、借金の一本化の大きなメリットだといえるでしょう。
複数の借り入れをしていて毎月の返済が苦しいという人は、おまとめローンなどを活用して借金をまとめて一本化することを検討してみてください。

借金の一本化をお得に行うための4つの条件とは?

月々の返済額以外の条件も確認しましょう

毎月の返済額を少しでも減らしたいと考えて、借金の一本化を検討する人が多いようです。
そのためおまとめローンなどに申し込む際には月々の返済額を少なめに設定してしまいがちなのですが、月々の返済額が少ない場合には返済が長期化してしまうため、利息の負担が大きくなりトータルではあまりお得にならないのです。
月々の返済額については月々の負担と返済総額のバランスを考えて決めるようにしましょう。

返済期間を長くしてはいけません

借金の一本化を行う場合に、月々の返済額を減らして長期で返済を行うことはおすすめできません。
月々の返済の負担が少なくなったとしても、それ以上に返済期間が長くなってしまえば意味がないのです。
借金の一本化を行う場合の返済期間については、現状を維持するかあるいは現在よりも短くすることを心がけてください。

返済総額を確認しましょう

借金の一本化を行う場合には、現在の返済総額と一本化を行った場合の返済総額とを比較して、一本化を行うことで返済総額が減少するかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。
返済総額を減らすということが、借金の一本化においてはとても重要なのです。

金利条件についても確認しましょう

借金を一つにまとめることにばかり集中してしまうと、金利の条件などを見落としがちになりますので注意が必要です。
おまとめローンの大半は一般のカードローンよりも低金利で利用することができるのですが、一部の金融機関では高金利を設定している場合などもありますので、契約の前はくれぐれも慎重に確認するようにしましょう。

おまとめローンの実例を紹介します

現在3社のカードローンから以下のような条件で借り入れを行っている場合で考えてみましょう

A社からは金利15%で50万円を借り入れています。
返済総額564819円、返済期間19カ月、毎月の返済額は29727円です。
B社からは金利16%で20万円を借り入れています。
返済総額235011円、返済期間24カ月、毎月の返済額は9792円です。
C社からは金利15%で30万円を借り入れています。
返済総額361592円、返済期間30カ月、毎月の返済額は12053円です。

これを金利10%で100万円の借り入れに一本化した場合には、現在と同じ返済期間(C社の30ヶ月)で返済を行うのであれば返済総額は1134326円、支払期間は30カ月、毎月の返済額は37811円になります。
また現在と同じ毎月の返済額(3社の合計51572円)で返済を行うのであれば返済総額は1095274円、返済期間は22ヶ月、毎月の返済額は51572円になります。
返済の期間が同じ場合には月々の返済額を13761円、返済総額を27096円減らすことができますし、月々の返済額が同じ場合であれば返済期間を8ヶ月、返済総額を66148円減らすことができるのです。

借金の一本化を積極的に検討してみましょう

借金の一本化には借り入れの手間などがかかりますが、このように実際の数字からもお得であることがわかるはずです。
借金の一本化を行う場合には特に返済期間と金利をしっかりと確認するようにしてください。
また借金の一本化を行うためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。
金融事故などの履歴などがあると審査に通ることができなくなってしまいますので、返済が苦しいからといって延滞などをしないように注意してください。
また確実な返済を行って信用を積み重ねることができれば、おまとめローンなどを有利な条件で利用することができるはずです。