競売は借金の返済ができない場合の最悪のシナリオです!回避するための方法を検討してみましょう

 

返済が滞って借り入れの返済ができなくなってしまった場合などには、自宅などの競売が行われることになります。
競売については「借金が返済できないのだから仕方がない」と諦めて受け入れる人が多いようなのですが、競売が避けられる方法についても検討してみることをおすすめしたいと思います。
今回は競売の詳細と競売を避けるための方法について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

競売を避けるためには

まずは競売が行われないように借入先の金融機関としっかり話し合うことが大切です。
返済の意思があることをはっきりと示して、競売を避けるための努力をすることが重要になります。
また競売の申立てが行われてしまっても、その後からでも競売が回避できる場合があります。
競売を回避するための方法についても知っておくようにしましょう。

個人再生申し立てについて

個人再生を申し立てれば競売を避けることができるかもしれません。
個人再生の申立てが裁判所に受理されれば、そのまま自宅に住み続けることができるのです。

個人再生は借金の減額ができる債務整理!手続きの種類や方法、特徴を徹底解説

任意売却について

任意売却では競売と同じく自宅を処分することになるのですが、競売よりも好条件で売却ができるかもしれません。
任意売却であれば引越し費用を自己負担する必要はありませんし、また家を出るタイミングを自分の都合に合わせることができます。
金銭的にも有利になる可能性が高くなりますので、選択肢を広げる意味でも任意売却を検討してみましょう。

競売を回避するためには諦めないことが大切です

借金の返済ができなくなってしまうと、自宅などを競売にかけられてしまうかもしれません。
競売で自宅などを売却したお金で借金を清算するのですが、競売の場合には一般的な市場価格よりも2割~3割程度安い価格で取引が行われることが多いようです。
それでは競売を回避するためには具体的にはどうすればよいのでしょうか?

金融機関と話し合うようにしましょう

まずは金融機関と話し合うことが重要になります。
返済の意思を示して誠意を持って話し合うようにしてください。
例えば借金の残額を分割で支払うことを提案すれば、競売を避けてもらうことができるかもしれません。

支払の優先順位を確認しましょう

複数の借り入れを行っている場合には、それぞれの借り入れの内容を確認して優先順位が高いものから返済を行うようにしてください。
例えば1000万円の借金と50万円の借金とがある場合には、同じ借金であっても重要性が異なることになります。
大きな借り入れの金額を滞納してしまうと延滞損害金などの金額も大きくなりますし、担保として不動産を提供している場合には競売が行われる可能性が高くなります。
競売を回避するためには、競売申立てが可能な金融機関への返済を優先的に行うようにしてください。
競売を回避するためには支払いの優先順位を確認することが欠かせません。

専門家に相談するようにしましょう

既に競売の申立てが行われてしまったという場合であっても、その後競売を回避できる場合があります。
ただし個人の力だけで競売を回避することは難しいですから、まずは法律の専門家である弁護士などに相談することをおすすめします。
特に最近では債務に関する無料相談などを開催する法律事務所が増えていますので、これらを積極的に利用してみることをおすすめしたいと思います。

諦めずに競売を回避するための方法を検討してみましょう

借金の返済ができなくなってしまうと、自宅などの競売が行われることになります。
最悪なシナリオであるのが競売なのですが、競売の申立てが行われた後からでも競売が回避できる場合などがあるようです。
まずは借り入れを行っている金融機関に返済の意思を示して、競売を回避して借金の返済を行う方法を相談してみましょう。
また金融機関との話し合いが上手くいかないという場合には、弁護士などの法律の専門家に相談してみてください。
諦めてしまわずに競売を回避するための方法を粘り強く検討してみましょう。

1相場での売却
2返済方法の交渉
3希望が叶うことも
4体裁を守れる
5費用を負担してもらえる
6精神的なダメージが少ない